ローンは、利用に伴い様々な融資機関で提供しています。

ただ、急ぎでキャッシングしたい場合は、主に消費者金融業者のローンというイメージが強いです。

大体、即日融資でローンを提供していたのは、かねてから貸金業者なので即日中にローンを利用したいと考えた場合は、消費者金融業者のローンと考えても当然です。

しかし、貸金業法の改正と共に銀行も色々な融資商品を提供し、非常に利便性もレベルUPしていますので、即日中に利用したい急ぎでの要り用の際にも大いに役立ちます。

ですが、銀行と言えば条件がいい融資なので、それに伴い申込み条件となる利用に伴う条件が気になります。

銀行のローンは、住宅ローンをはじめ色々ですが、カードローンであげるなら20歳~65歳で安定、継続的な収入のある方ならどなたでも利用できます。

ただし保証会社というものが存在するので、その保証会社の保証を受けられない場合はローンの利用が実現しません。

又、銀行によっては、利用条件としてまずその銀行の営業エリアに住んでいる事が条件となり、なお且つ前年度の税込み年収が400万円以上の安定、継続的な収入がある方の実のローンもあります。

更にこの場合も保証会社の保証が得られる事が利用の条件になっていますので、この場合はバイトや派遣、主婦による申込みは出来ません。

銀行のカードローンといえどもこのように、誰でも収入がある事により利用出来るタイプのカードローンもあれば、高所得者を限定としてカードローンを提供する銀行もあるので、カードローンを利用の際には、申込み条件の部分もよく確認し申込む事が必要です。

ただ、条件の厳しいローンというのは、非常に利用に際しても負担なく利用出来るので、収入が安定しており融資トラブルの無い方がカードローンを利用する場合は、多少審査が厳しく申込み条件が厳しいという場合でも、条件のよいローン商品を利用する方が、負担なく利用でき計画的な利用も出来るかと思います。

銀行の審査の時間は?

銀行のカードローンは、非常に審査が早くなっています。

本来、銀行の各融資商品は、申込みに伴い審査もやはり時間がかかります。

ましてや条件のいいものになればなるほど、審査の時間は長引くものなので、銀行のカードローンもどうせ時間がかかるのだろうと思われている方も多いと思います。

ですが、銀行のカードローンに伴う審査は非常に早く、早い銀行ローンなら最短30分。

これだと、審査スピードが早く融資の早い消費者金融業者のローンと引けを取らない早さです。

なので、それに伴い融資も当然早いと考えてもちろん間違えは無く、早さを求めるカードローン選びなら銀行のローンもお勧めできます。

ただし、銀行によって最短即日に審査しますとはいえ、結構審査に時間のかかる銀行もありますので、早さを求めるカードローン選びの場合は、確実な線で都市銀行が提供するカードローンがお勧めです。

しかし、利用される方のお住まいにより、契約書類等を郵送の形にするとか、ローン契約機が側にない等の場合は、郵送にかかり時間があるので、早めに申込みを行う事が大切です。

大体、銀行のカードローンなら利用する、しないに関係なく所有しているといざという時に役立ちますし、利用した場合にも負担なく利用出来るので、所持する事には邪魔にはならないと思います。

融資にかかる時間を考えると、利用する方のお近くにカードローンを申込む銀行のテレビ窓口やローン契約機があれば30分で審査が完了し1時間以内には利用出来るので、融資はそれに伴い1時間以内で実現するという事になります。

銀行のカードローンもこのように審査も早く融資も早いので、カードローンの利用を検討の場合は、銀行のローンもお勧めですが、銀行により最短即日に審査という銀行と最短即日に利用可能となる銀行があるので、より早さを求める場合は「最短即日に利用可能」と紹介している銀行のカードローンが、申込んだその日に利用出来るローンとなります。

利用に際しては、各銀行により異なりますが、選び方次第では最短1時間程度でローン利用が実現します。

申込について

銀行のカードローンの申込み方法は色々です。

限度額800万円の「金利4.0%~14.5%」のカードローンを提供する都市銀行の場合は、最短即日にカードも発行されます。

このカードローンで例をあげると、100万円を1ヶ月借りても金利が10.0%で利用出来ると貸金業者の金利はおよそ「18.0%」もしくは「15.0%」となりますので、それに伴い金利はおよそ「1万円前後」もしくはそれ以上に利息で得できます。

もちろん、同じ銀行でも1.0%や2.0%の違いが大きく利息も変えてしまうので、返済負担は全く異なるので、カードローンを銀行で利用する場合でもじっくり、しっかりと比較し検討する事が大切です。

このようの銀行のカードローンは、得で商品を選べば本当に返済負担が全く違うので、カードローンを利用する場合はよく商品を見比べ検討しなくてはいけません。

この銀行カードローンの申込み方法は色々な方法がありますが、ネットでの申込みが手軽で便利で早いかと思います。

大体ネットで申込みが出来れば、誰かにみられる心配もないですし、中にはローン利用を知られたくないという方もおられると思いますので、ローンを利用したい場合は誰にも知られずに済むインターネットによる申込みがお勧めです。

また、銀行のカードローン商品自体ほとんどがインターネットで申込みが行えます。

ネットで申込む事により、最短30分程度で審査が完了しメールもしくは電話により審査結果の連絡が入ります。

その後は、郵送又はローン契約機でカードを受け取れるようになっているので、申込む方の住まわれる地域にローン契約機があると、審査後すぐにカードも取りに行けますから、1時間程度でカードを受け取る事が出来ます。

もちろん、お住まいの近くに銀行のローン契約機が無い場合でも郵送によりすぐにカードは受け取れますので、住まわれる地域により郵送の場合はカード取得に時間がかかりますが、いずれにしてもひとむかし前の銀行ローンより数段に早く利用できます。

このように銀行のカードローンは、申込みに際しても大変便利なネットでの申込みが実現します。

銀行ローンの金利について

銀行のカードローンは、同様のローンを取り扱う融資業者より、条件がよい融資と思います。

条件がいいとは、金利の低さがあげられますが、消費者金融業者の取り扱うカードローンの金利は、おおよそ業者全般が18.0%の最高金利が設定されています。

最低金利は、消費者金融業者でも5.0%以内の業者もあるので、そこをみると消費者金融業者のカードローンも金利が低いと感じますが、カードローンは、ほとんどがはじめての融資の場合は、50万円前後の範囲で利用限度額が設定されるので、カードローンを利用する場合は必ず最高金利の方をまず確認し利用しなくてはいけません。

ただ、銀行のカードローンの中にもやはり最高金利を高く設定している銀行もあるので、銀行のカードローンを利用する場合でも各銀行の融資に伴う金利はよく確認し比較、検討しなくては返済負担が全く違います。

大体最高金利17.8%と14.5%の金利なら、断然14.5%の金利のカードローンの方が返済に伴う利息も低くできるので、同じ銀行のローンでもこの部分はよく確認し選ばなくてはいけません。

銀行は融資の条件がいい。

もちろんこれは、確かに言える事ですが、銀行の融資商品の中でもカードローン商品というのは、金利が高くなっているものなので、その部分もよく認識し利用は検討するべきです。

カードローンと多目的ローン。

これは同じように目的を持たない、自由に使える融資商品ですが、それでも金利は全く違い、場合によっては2倍程度金利が異なるものもあるので、ローンを利用する場合は、審査傾向も非常に気になる部分だとは思いますが、金利の部分もよく比較し検討する事が非常に大切です。

銀行全般をみると、カードローンに伴う金利は平均して5.0%以上15.0%以内で取り扱っていますが、中には消費者金融業者の金利とほとんど変わらないものもあるので、ローンを利用する場合は返済の計画をしっかりと立て負担の無いローン利用になるように金利を確認し選ばなくてはいけません。