お金を借りる際に、どのような借入先を選ぶのがよいのか考えると思いますがその前にまずキャッシングとカードローン。これらはよく聞く単語だと思いますが違いを知っているでしょうか。この2つはお金を借りるという点に関して言えばほとんど同じですが厳密に言うと違いがあります。まずキャッシングというのは借りたお金を一括で翌月に金利をプラスした全額を返済するというものです。

このように、一括で返済をするため少額を借入する方が多く小規模の融資ということで小口融資という捉え方もされています。これに引き換えカードローンというのは借りたお金を分割にして月々支払いをしていくという形になります。

これはいわゆるリボ払いというものでキャッシングに比べて大きな金額を借りる際によく使われます。このように2つには違いがありますが、現在ではリボ払いをキャッシングでも使えるようになりました。また、カードローンも分割払いではなく翌月に一括で返済をするという事ができるようになったため、厳密に言うと意味の違いはありますが実際にはどちらを選んでも返済の仕方や借り方には大きな違いはなくなりました。

ですので借入を考えている場合は条件などを考慮した上で借入先を選ぶのが良いでしょう。また、キャッシングやカードローンなど安定した収入のある人でなければ利用が出来ないと考えられがちですが専業主婦のような収入が無い方でも借入をすることが出来ます。

家族の誰かの収入証明がいる場合もありますがそうしたものを必要とせずに借入をすることも出来ますので、専業主婦の方でお金を借りたいと思っている場合でも、きちんとお金を借りることができます。

消費者金融での借入について

専業主婦の方が借入先を選ぶ際にどうしても気になるポイントが、働いていないので収入がないというところにあります。総量規制という制度のために、安定した収入のない専業主婦の方は消費者金融などの金融機関から借入をすることが難しくなってしまいました。

専業主婦で収入がない場合は家族などに収入があるということが借入のポイントになります。もし、借入先に消費者金融を利用したいという場合は専業主婦でも借入をすることは出来ますが、申し込みの際に家族などの収入証明書が必要になります。

また、その方の同意書も必要となってくるため1人でお金を借りるという事ができません。多くの専業主婦の方が家族に知られずにお金を借りたいと思っている場合が多いため、もし知られずにお金を借りたいという場合であれば消費者金融での借入はできないと思ったほうが良いでしょう。ただし、家族に知られてもよいという場合であればもちろん消費者金融も借入先に選ぶ事ができます。

銀行から借りるのと消費者金融から借りるのでは金利などの違いもありますし、小さな面でも様々な違いがあります。銀行も消費者金融も様々なローンのタイプがありますので借入を考えている場合はそうしたサービスや返済の期日、借りる金額や金利などといった事をしっかりと検討した上で選ぶことが大切です。

銀行カードローンと比べ消費者金融で借りる場合は審査の期間が短く、低金利なことが多いためメリットも多くあります。ただし、収入証明書や家族の同意が必要だということがポイントになりますのでその点を踏まえた上で検討をするようにしましょう。

低い金利で借りるには

お金を借りる際に重要になるのが借りる金額や返済の目処はもちろんのことですが、返済の金額に関わる大切なことの1つに金利というものがあります。借入先を選ぶ際にこの金利についてもきちんと理解をした上でお金を借りるというのが大切なポイントです。

まず金利がどのように設定されているかということですが、銀行カードローンの場合だと多くの場合が数%~数十%の金利に設定されています。この金利は借入の額によって決まります。ここで重要なポイントが、借入額が多ければ多いほど金利が安く少ない額の借入ほど金利が高くなるということです。一概には言えませんが、多くの場合100万円を超えるような借入の場合に数%という低い金利が設定されており、100万円を下回る借入の場合は数十%という金利が設定されています。

なかなか100万円という金額を借りるケースも少ないかと思いますので、借入先を選ぶ際のポイントとしては金利の高い方を目安にして銀行を選ぶということにあります。銀行の金利は他のローンなどに比べると比較的に高い金利が設定されています。これには理由があり、まず無担保で借入が出来るためという事があります。保証会社などへの介入金なども金利の中から支払われているために金利が高くなっています。

ですが、自由に返済や借入が出来るため様々なニーズに合わせた借入が出来るのが特徴で便利なカードローンであるとも言えます。金利は日割りで計算をするため、安く済ませたいという場合であれば、完済までの期間をなるべく短くすることで支払う金利を抑えることが出来ます。

借入までの流れ

借入先を決めてカードローンを利用して借入をする際の借入までの流れですが、大まかな申し込み方法として、店舗で申し込みをする方法や無人契約機、インターネットなどを利用したものや郵送、FAXなどでの申し込み方法があります。

所定の申込用紙に記入をし、必要な書類を提出します。この際の必要な書類には身分証明書となる運転免許証等の写しや借入先や借入の金額によっては収入証明書や同意書が必要になります。これらの書類と記入された内容を元に審査をし、記入に偽りがないかどうかや、信用情報機関から情報を照会して融資をすることが可能かどうかを借入先である銀行などが判断をします。

融資が可能であると判断され審査を通過したら借入先であるカード会社との契約が成立します。契約が成立すると、融資の限度額や返済方法、金利などについての書類が渡されます。その中には返済が遅れた場合にはどういう処理を取るのかなどといった重要な事も記載されていますのでしっかりと内容を確認することが大切です。

内容を確認し、よければサインをします。この際にサインをするという事は書かれている内容について全て了承したということになるので、軽はずみにサインをせずにきちんと考えてからサインをするようにしましょう。

また、この際にわからないことや疑問点があるのであれば確認を行っておくというのも大切なポイントです。こうしてサインが終わると契約が成立し、カードが発行され借入を行うことが出来ます。

店舗での申し込みや無人契約機などでの申込の場合はその場でカードが発行されますが、それ以外の場合は後日にカードが郵送されてくるという流れになります。また、カードが届く前に融資を行ってくれるカード会社もありますので早く借入をしたいという場合はその辺りも確認しておくのが良いでしょう。