今や即日融資は当たり前ともいえる世の中になりましたが、どこの金融会社でも取り扱っているわけではありません。即日融資は会社によって借り入れ条件があることもありますが、実はスムーズに即日融資を受けるためにはコツがあります。

即日融資を希望するということは文字通り今日お金を手に入れたいということですから、しくじるわけにはいきません。即日融資はほんのちょっとしたタイミングやミスで融資が明日以降となってしまうこともありますから、素早く借り入れできるコツを知り、即日融資に成功しましょう。

即日融資のコツ1つめは、必要書類を手元に準備しておくということです。運転免許証に保険証、パスポートなどの身分証名証と50万円以上の融資を希望する場合には源泉徴収票や給与明細などの収入証明書が必要となります。

こんなこと?と思うかもしれませんが、身分証明書はついうっかり車のダッシュボードや家に置きっぱなしにしていることがありますし、収入証明書は場合によって取得するのに時間がかかることがありますので早め早めに準備するようにしましょう。

2つめは申し込み時間です。金融会社には営業時間がありますので、終了時間間際に申し込んでもその日のうちに処理が終わらない場合があります。人によっては審査に時間がかかったり混雑時には待たされる可能性もありますから、午前中もしくはできるだけ早い時間に申し込むことが大切です。特に振り込みでの即日融資を希望する場合には遅くても13時までには申し込みを完了させたいところです。

3つめはインターネットもしくは有人店舗への来店です。インターネットは24時間受付かのうですので前日の夜に自宅でゆっくり行うことができますので当日慌てる必要がありませんし、本人確認書類も合わせて送付しておけばあとは金融業者からの連絡待ちですので非常に楽チンです。また無人契約機が普及した今今更店頭受付?と思うかもしれませんが、申し込みから契約までを丁寧に案内してくれますし不明な点はすぐに質問することができますので時間のロスがないのが特徴です。

主婦も利用できる?

家計を守る主婦はお金の流れに敏感です。収入と支出のバランスを考えて毎月の生活費を捻出しながら将来の貯蓄もしていかないといけませんので、まさに家庭を影から支える大黒柱といったところでしょう。

私たちは生きているだけでお金がかかり、その内容と金額は時代の流れとともに増え続けています。家賃に食費、水道代、電気代、教育費、娯楽費、税金、車代、駐車場代、教育費と続き、携帯電話の費用やペットの費用などがかかる人もいるでしょう。

これらを全て支払うと手元に残るのはわずかなお金となりますし、場合によっては支払いさえも捻出できないときもあるかもしれません。給料日まであともうちょっとなのに、明日が支払日。こんな状況の中あなただったらどうしますか?

何らかの支払いが間に合いそうにないときは、あらかじめ断りを入れるそのまま無視しては大変なことになりますし、かといって「払えません」と申告したところでいつ払えるのか聞かれてしまうのがオチでしょう。そんなときには即日融資で乗り切るという選択肢がありますが、主婦は借り入れすることができるのでしょうか。

正解はイエス、現在多くの消費者金融会社は主婦でも自分名義で利用することが可能であり、家計の足しからちょっとしたお小遣いまで自由に使うことができます。金融業者は各社によって借り入れ条件が異なりますが、消費者金融などは「毎月一定の収入であること」としていますから、たとえ主婦でもパートやアルバイトをしていれば十分利用可能なのです。

それでは専業主婦の場合はどうなっているのでしょうか。専業主婦は家庭を守るのが仕事ですから直接的な収入がなく、自由に使えるお金がありません。

主婦がお金が必要なパターンの多くは自分が遊ぶためではなく、生活費や子供の学校に関するお金、地域に関することがほとんどであり全ての場合を夫にお願いしるわけにはいきません。即日融資をしてくれる金融業者のほとんどは「自分に収入があること」を重視しますから、専業主婦で融資を受けるのは難しいかもしれません。まれに家庭の収入を主婦の収入として即日融資してくれるところもありますが、週一回のアルバイトでも構いませんのでパートやアルバイトなどを探した上で申し込んだほうが確実です。

消費者金融について

消費者金融と聞くとネガティブなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。時々ヤミ金業者や悪徳金融業者が違法な金利や取立てをして問題になり、テレビやマスコミの報道により全ての金融業者が危ないものであると先入観を持ってしまうこともあるかと思います。

メディアで報道されるような事例はもちろん頭に留めておくべきですが、法に沿った営業をしている貸金業者はたくさん存在します。大手の消費者金融業者はその代表格であり、計画的に利用すればちょっとお金が必要になったときや緊急でまとまった資金がほしいときには大変便利な存在なのです。

特に大手消費者金融会社は即日融資に強く、中には1時間弱で融資してくれることもありますから、正しい知識を身につけて利用するようにしましょう。

一昔前までは法律上にグレーゾーン金利と呼ばれる曖昧な金利の幅が存在し、消費者金融間では金利の上限を非常に高く設定している会社もありました。そのため消費者金融というとどうしても金利が高いイメージがありますが、現在では法律も改正され最大金利も低く設定されましたので初めて利用する人でも非常に使いやすくなっています。

消費者金融会社によっては即日融資はもちろん、一定期間を無金利にするサービスを行っているところもありますから、短期間の借り入れであればまさにプラマイゼロで融資を受けることができるのです。また消費者金融会社は審査が早いのも特徴であり、今すぐ借りたいという消費者のニーズに応えるためさまざまな配慮がされています。

また消費者金融は即日融資率や利便性を高めるため、自動契約機やインターネットによる申し込み・契約を行っていますので、誰にも合わずにすぐにお金を手に入れることが可能です。

しかし気軽に利用できることで一部の利用者の中では「借り入れしている」という意識が低下し、返済能力以上の借り入れをしてしまうことがあります。現代の大手消費者金融会社では違法な取立てや恐喝などが行われることはありませんが、返済が不能になれば双方の話し合いによって自己破産となったり人生を棒に振ってしまう可能性もあるのです。そのためどこの消費者金融でも「ご利用は計画的に」と注意を促してくれていますので、借り入れと上手に付き合っていくようにしましょう。