カードローンの母体について書いてみましょう。カードローンの母体は銀行です。銀行がカードローンという新しい形のローン事業を展開しているのです。これが最近では注目を集めているのです。なぜか、これには後で触れますが総量規制の対象にならない個人融資ができる点にあると思います。したがって大口の融資申し込みも可能となってくるのです。銀行が後ろ盾をしてくれるので保証もしっかりとしています。

このように、カードローンは銀行が始めた新しい事業なんだというのを頭に入れておいてください。そうすればきっとあなたもまとまったお金が必要になった時に利用する事が出来るでしょう。しかも今までと違う点は、銀行からローンを受けるときは窓口で申込が必要となり、審査にもかなりの日数を必要としていました。ところが今はそれが即日で終わるのです。

早いカードローンですと、前述のように30分もあれば審査終了から融資金の振込みまでが終わるのです。これは非常に便利ですね。即日有し可能なカードローンは今どんどん増えてきています。最低でも14時に申込が完了していれば当日融資が受けられるのです。いかに便利になったかが分かりますよね。こうして銀行が母体のカードローンはあなたが申込をしてくれるのを待っているのです。

あなたも困ったときはカードローンを利用してみませんか?きっと役に立つこと間違いなしですよ。今カードローンはここまで進化しているのです。

融資決定までの流れとはいかに

では実際の融資までの流れを見ていきましょう。まずは申込からスタートです。インターネットやスマートホン、携帯電話でサイトにアクセスをしてそこで融資の申込画面へと入っていきます。そこでまず記入するのはあなたの個人情報を入力していきます。持ち家なのか賃貸なのか、家族構成は、固定電話はあるのかなどその入力は実に多岐にわたっています。次に勤務先の情報です。

会社名や電話番号(これは在席確認の必要になる場合があります)、年収などを記入していきます。そして最後に他社からの借入がいくらあるかです。これを入力し終わって始めて送信可能となります。送信が完了したら審査のスタートです。まずはあなたの情報が反映されます。そしてそれを元に信用情報機関へと照会がかかります。

この信用情報機関は、あなたの金融に関する情報を管理している情報を管理している機関となります。ここで問題があれば即審査は終了です。問題なければ次はカードローン社内での審査に入っていきます。これは自動で行っている会社もありますし、人の手を介して行っている会社など色々とあるのです。そして審査に問題がなければ終了の連絡が電話もしくはメールにて入ります。

後は本人確認書類や収入明細を送信して融資決定となるわけです。ここまでが早い会社ですと30分で終了するのです。遅くとも即日融資まで可能でしょう。でも15時を過ぎていると融資金が振込まれるのは翌日となりますのでそこだけ頭に入れておいてください。

総量規制・スライド式リボルビング方式とは

では次は貸金法で定められている総量規制について見ていきましょう。総量規制とは、2010年に貸金法が改正され、個人の総収入の3分の1を超える貸付に対し規制がかかったものです。これは主に消費者金融やクレジットのキャッシング枠に当てはまるのです。

そういたところから、貸し倒れをした消費者金融などはどんどん姿を消していきました。大手はそこに素早く対応し、銀行の助けを借りてカードローンという形で事業を再編したり、銀行のグループに入ることで総量規制の制約を免れているのです。こうした総量規制は銀行の貸付は該当しません。したがって大口の貸付も必要書類があれば出来るのです。

次にスライド式リボルビングについて見ていきましょう。この方式は、返済額自体は毎月一定なのですが、その金額に変動が出るという方式です。例えば100万円借りたなら月1万円、次の月が200万円に到達したら返済額は2万円といったように、トータルの利用料額に応じて返済額もスライドしていくというものです。当然リボルビングですからその手数料もかかってきます。

それに金利も加算されてきますので、なかなか元本返済まで追いつかないという欠点もあります。このような返済方式を採用している会社は実にたくさんあります。今はこのスライド式リボルビングは普通なのではないでしょうか?これが総量規制とスライド式リボルビングの説明です。簡単に書いてしまいましたが、インターネットなどで詳しく調べておくのもいいでしょう。

身の丈にあった融資額を決めよう

カードローンは大口の融資申し込みも可能です。ただし、それに比例して毎月の返済額も高額なものになります。例えば冠婚葬祭のために借りてすぐに返済するのならいいのですが、そうでない場合は自分の収入を越えた返済額が必要になる場合があるのです。

こうなるとまさに家計は火の車、返済のためにまた借金をして、といった負のスパイラルに陥る可能性だって少なくないのです。こうしたことを避けるためにも、自分の身の丈に合った融資額の設定というものが大事になってきます。自分の収支のバランスをよく考え、この額なら毎月返済していけるな、とよく判断した上で融資申込をしてください。決して返済額が収入を上回ることのないようにだけ気をつけてください。

いざという時に大口融資を受けられるのがカードローンのいいところです。それをどう活かすかはあなた自身にかかっているのです。自分の予算枠以上の融資申込は避けましょう。それは結果としてあなたを苦しめることになりますから。何事も程々が一番です。カードローンは手軽ですが、こういったことで返済に苦しんでいる人も多数いるのです。

挙句返済しきれなくなって破産となったら、自分の信用に大きく傷がつきます。そうならないためにも、身の丈に合った融資額をよく健闘して申込をしましょう。万が一のためにと大口の融資枠を申込んでおくのは結構ですが、後で返済に追われて苦しむことのないようにだけは気をつけてください。

カードローンのメリット・デメリット

最後に、カードローンのメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。まずはメリットからです。即日で大口の融資枠の申込も可能なのが最大のメリットといえましょう。申し込み時間によっては融資金の振込が翌日になる場合もありますが、14時までの申込ならば早い会社だと30分で審査は終わります(混み具合にもよります)。そして融資金が指定の口座へと振り込まれます。

更にお急ぎの場合は無人契約機を設置しているカードローン会社を利用するといいでしょう。振込みでなくて直接ローンカードの発行までできますので、後はコンビニエンスストアのATMから融資金を引き出せばいいのです。即日融資が可能なカードローン会社は今はどんどん増えています。それをうまく使ってレジャーなどに利用するのもいいでしょう。

次はデメリットです。何度も言いますが、身の丈にあった融資の申込が重要となってきます。融資枠が大きいからといって借りすぎてしまうと自分が苦しむ羽目になりますよ。大口のお金が入ってしまうと気前がよくなってなんでも使ってしまうという方も中に入るようですが、後の返済の事を考えたら要注意です。返済額もスライドして大きくなるのですよ。

そして苦しむのはあなたなのです。そうならないためにも自分の収入をよく吟味して融資申し込みをしましょう。即日で大口の融資を受けたいならカードローン、これに限ります。あなたもまずは返済シミュレーションをしっかりと行った上で融資金を決めて申込んでみてくださいね。