クレジットカードのショッピング枠とは?

無担保で借入できるショッピング枠についてご説明致しましょう。クレジットカードは、手元に現金の用意がなくても、翌月に支払うという信用払いによって物品を買うことのできるカードです。

そのため、現在クレジットカードのショッピング枠と呼ばれている機能は、クレジットカードが本来持っている機能ということになります。
というのも、クレジットカードには、現在、このショッピング枠のほかにカードローン枠といったものの備わっていたりするため、その機能について区別するようにネーミングされています。

カードローン枠というのは、文字どおりローンカードでできる機能をそのままクレジットカードにつけたものです。つまり、借入れの限度額を決めて、その範囲内で借入れができるというものです。

クレジットカードのショッピング枠については、一部キャッシングという機能もつけることができます。このキャッシング機能は、お金を借りることができるというものです。
このキャッシング機能をどれだけつけることができるかというのが、キャッシング枠というわけです。

そして、ショッピング枠内におけるキャッシング枠以外のものがもともとのショッピング枠ということになります。

このショッピング枠については、本来ならば物品の購入を目的としたものですが、近年、ショッピング枠の現金化という問題のある利用方法が登場しました。
ショッピング枠の現金化は、元々あった機能を無視した利用法になるため、クレジット会社ではその利用法を用いないよう呼びかけています。

無担保で利用できるカードローン枠について

融資については、いろいろと条件が設定されているのが当然と思わなければいけません。

借入れをしたいと思っても、保証人や担保が必要であったりすることも多く、現実的には、なかなか自分が希望するような融資をしてもらえないということがあります。
しかし、お金を借りるということについて、ほかの人に知られたくないという人も多く、無担保で借入れができるという金融サービスには人気があります。
クレジットカードのショッピング枠にあるキャッシング同様、カードローン枠を利用するときも、とくに担保は必要とされません。

借入れ額が高額になればなるほど担保は必要となることから、クレジットカードによる借入れは、少額の借入れ向きということができるのです。
もともと、クレジットカードを最初に申し込む際には、審査が行われます。

審査では、本人確認や在籍確認、収入状況の確認、金融機関の利用状況の確認などが行われ、その審査をクリアするとクレジットカードが発行されることになります。
最近では、そのときにローンの借入れ上限なども決定されるはずです。

もともとクレジットカードを発行するとき、審査によってカードローン枠の利用条件や上限額が決められているわけなので、利用する際も改めて担保は必要とされないのです。

ただし、その上限額よりも多く借り入れたいというときは、新たに審査が必要な場合もあります。限度額を上げるためには、新たに検討する必要があるのです。
クレジットカードは、利用の仕方次第でどんどんメリットの多いカードへランクアップさせることができます。このカードローン枠の限度額についても、それまでの利用状況などを審査してもらい、金額の見直しでランクアップできるというわけです。

キャッシング枠について

無担保でお金を借りたいといった場合、クレジットカードのキャッシング機能を使う方法というのがあります。

ただし、クレジットカードのキャッシング機能については、申し込み手続きをしたときに、上限額が決められているはずです。その上限額いっぱいまでならば、審査を受けたりする必要もないので、大変スピーディにお金を借りることができます。
実は、このクレジットカードのキャッシング上限額を増やす手続きができることもあります。

無担保のままでできることもありますが、カードの使用状況や支払い状況によっては、審査が行われることもあるので注意が必要です。
ただ、新たにローンを組む手続きや手間のことを考えれば、かなり楽にできるはずです。というのも、クレジットカード自体が信用を得て作ることのできるものであるため、審査も進みやすくなっているからです。

結局、クレジットカードのキャッシング機能は、お金を借入れるまでの手続きが楽なことが最大のメリットといえます。
ただし、頭に入れておかなければならないのは、カードローン会社のローンよりも金利がやや高く設定されているという点です。

クレジットカードには、最近では最初からカードローン枠がつけられたり、ショッピング枠の一つとしてキャッシング機能がつけられたりしますが、手持ちのカードにそれらがついているかどうかはATMの機械などからでも確認できます。

ショッピング枠の現金化の問題点

クレジットカードのショッピング枠の現金化については、審査もなく無担保で、すぐにお金が借りられるということで便利な方法ではありますが、数々の問題点が指摘されています。

まず、クレジットカードのショッピング枠を利用して物品は購入されるものの、そのまま買い取られるため、実質として販売と購入という商取引になっていないということです。お金を渡すための名目になってしまっているというわけです。

業者は、利用者にクレジットカードのショッピング枠をキャッシング目的で利用させるということになり、事実上は金融業者ということになるので、貸金業法にもとづく登録が必要です。しかし現状として、古物商の許可は得ていても、多くが貸金業者としての登録はしていないようです。

また、業者が販売する物品は、結局は自分の元に戻ってくるため、価値のあまりないものが利用されることがあります。利用者側も買い戻してもらってお金を受け取ることが目的であるため、物品の価値には興味はありません。

業者は価値のないものを売って買戻しながらも利益を上げているわけなので、問題ありとされているのです。これが、きちんと価値のあるものであれば、とくに問題なしとする判定も下りました。
ほかに、利用者側の問題も指摘されています。

クレジットカードで購入した物品は、代金が完済されるまではクレジットカード会社に所有権があるので、それを途中で転売してしまうのは横領罪に問われる可能性があるというわけです。

それに、ほとんどのクレジットカード会社の利用規約には、換金目的でショッピング枠の利用が禁止されていて、利用停止または会員資格の停止とする旨の規定があるため、要注意なのです。