即日カードローンにはたくさんの種類があります。その中から自分にあった即日カードローンを選ぶにはどのようにしたら良いのでしょう。今すぐお金が必要という方は、まさに申し込んだ日に手元にお金が借り入れできる即日カードローンを選ぶべきでしょう。

そうではなく、いざというときに備えておきたいというのであれば目的をしっかりさせて選ぶべきです。借り入れの際の金利だけを考えてるなら、銀行系のカードローンのほうが一般的に低く設定されています。

利便性を重視させるのであれば自動融資が可能な取引のある銀行での発行がオススメとなります。また、信販系や流通系の即日カードローンといわれるものであれば、ポイントが貯まったりするカードもあり、同系列の手持ちのクレジットカードとポイントが合算できるものもあるので、ポイント重視ならばオススメになります。

銀行系ではありませんが、一定期間無利息という即日カードローンも出てきていますので、短期間しか絶対に使わないという方なら大きな魅力としてオススメできます。一番良い即日カードローンの選び方は人それぞれのライフスタイルによって変わってきます。たくさん持っていれば良いというものでもないでしょうし、即日カードローンを数社にいっぺんに申し込んで、申し込みすぎのために審査で落ちまくるというパターンもあるようですので、慎重に手元においておきたい即日カードローンを選んで申し込みを行うということが大切です。

申し込みの際の必要書類

即日カードローンを利用するためには、当然ながら融資の申込書以外に必要書類がいります。即日に融資を希望であればなおの事、以下のような書類を予め揃えて手続きに入る必要があります。まず、身分証明書です。

健康保険証、運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、学生であれば学生証などのうち1点でも準備ができれば大丈夫です。これらは申込者の本人確認のために使用されます。次に収入を証明するものが必要となります。源泉徴収票や給与明細、確定申告書、納税証明書や所得証明書などです。これらの書類をもとに各個人個人に対しての審査が行われ融資が可能かどうかが判断され、利用できる限度額の枠の設定がなされます。

また、審査には勤務先や勤務年数なども審査の判断材料となり、勤務先への在籍の確認の電話が入る場合もあります。しっかりした会社で勤務年数が規定年数以上で安定した収入があればあるほど、審査にも受かることができて利用限度額も高くなる傾向にあるようです。

これらの必要書類は、カードローンの発行会社に直接申し込みで提出する以外にも、無人で融資を受け付ける機械などでも受付しますし、インターネットの申し込みであればFAXやパソコンやスマートフォンなどからメールに添付して提出することも可能です。審査に受かればカードは基本、郵送されてきますが、即日カードローンの場合は先に融資を銀行口座で受け取り、カードは後日郵送されてくるというような順番になります。

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングとカードローン、以前は明確な違いがあったのですが、最近ではその区分けと言うのもあってないような状態になっています。カードローン自体が本来銀行系のカードのみだったものが、信販会社や消費者金融からの発行のカードもそう呼ばれてくるようになったのと同じようなことだと思われます。

もともとキャッシングは少ない額を借り入れして返済期日に一括で返済をするというもので、比較的金利は高めに設定されていました。一方、カードローンはカードでATMなどからお金を借り入れすることができるカードで基本的には分割での返済が主流で、金利は低めに設定されていました。いずれの場合も担保なしで使う目的は自由なカードであるということは共通です。

しかしながら近年、その明確なすみわけはなくなり、キャッシングであっても分割払いで返済が可能であったりしますし、金利も一概に高目ということも言えなくなってきています。キャンペーンなどで無利息の期間を設けられるものがあったり、低金利のものが出てきているからです。

カードローンについても、以前は銀行系のカードローンといえば金利が低く使い勝手が良くても発行されるまでに必要書類が細かく、発行までに時間を要するものが多かったりしたものですが、最近では時間が短縮され即日カードローンなども出現してきています。いずれにしても、言える事は消費者の立場からすると便利に利用しやすくなったことですが、逆に言うと便利すぎて使いすぎないように注意することは必要かもしれません。

即日融資のカードローンは便利!

カードローンにも即日カードローンというものがあります。申し込んだその日にすぐに融資を実行してくれるカードローンということになりますが、いくら即日と言っても申し込んだ時間が遅いと即日と言うわけには行きません。カードローンの会社によって違いますが、午前中や14時くらいまでに申し込むとすんなりいけば即日融資が実行される可能性があるということです。ただ、申し込んだ人によって審査に時間がかかる場合もあるでしょうし、必要書類をあらためて提出するように言われる場合もありますし、申し込んだ金額にもよるでしょう。

最短なら即日融資がされる場合があるくらいに思っていたほうがベストです。どちらにしても以前と比べると格段に融資までの時間は短縮されており、その仕組みもカードローンの発行会社によっても違いますが、インターネットを利用してPCやスマートフォンから申し込みができたり、書類の提出も写真を撮ってメールで送るなどの方法で受付をしているところもあります。

そういう観点でとらえると、できれば余裕を持って申し込みをすると良いのですが、どうしても即日で融資が受けたいという場合は必要と思われる書類を予めチェックしておき、それらを揃えておいた上でデジタルカメラや携帯電話で写真を撮って保存しておき、即日融資可能と思われるできるだけ早い時間にカードローンの申し込みと融資をインターネットで行い、手続きの流れの中で写真などが必要な場合は、それらをメールなどの指示された方法で送るというのが望ましいかと思われます。