女性専用のローンであるレディースローンを提供している金融機関として消費者金融会社が挙げられますが、以前は怖いというイメージがあった消費者金融会社もイメージ改革や新しいシステム開発、法整備などによりサラリーマンに限らず幅広い年齢層で利用されるようになりました。

一般的に金利が高めだと言われている消費者金融の金利も銀行のカードローン普及が進むにつれて以前と比べて下がり、今では銀行並みの低金利で利用できる消費者金融も増えてきました。

現在では消費者金融の女性専用ローンの金利は100万円以下の借り入れの場合は、大体18%で設定されていることが多くなっていますが、消費者金融の中には悪徳業者もいるので、事前にインターネットなどを利用して借り入れを考えている消費者金融の情報を把握しておきましょう。
特に大手消費者金融は低金利で設定されていることが多く、サービスも多様化しており、大手消費者金融会社であるアイフルでは、申し込みから契約までの一連の流れをすべてインターネット上で完結させることが可能で、審査時間も30分程度で終了するのに加えて、金利も4.5%から18.0%の間で利用できるようになっています。

また、同じく大手消費者金融であるプロミスが提供するレディースローンは30日間の無利息サービスがついており、金利も6.3%~17.8%の低金利で設定されているので、はじめて利用する場合は無利息期間を利用してカードローンの仕組みを把握して、その後も借り入れを考えているなら継続して使用することもできます。

低金利と無利息期間

女性専用のローン金利は通常のカードローン同様、金融機関によって金利が変わりますが、借り入れが一時的である場合は金利の高い低いで金融機関を選ぶよりも、無利息期間の有無で金融機関を選ぶ方が総合的に返済する金額が少なくて済む場合があります。

低金利な場合も多い女性専用のカードローンですが、一般的なカードローンと同じで金利は日割りで計算されるため、借りていれば借りているだけ日に日に利息が増えていくのが一般的なので、返済までの期間が短ければ短いほど総合的に支払う利息は日単位で少なくなります。

また、金融機関には無利息期間をサービスとして提供しているところもあり、無利息期間は2週間~長くて3ヶ月程度の期間を設けているところがあり、女性専用のローンでもこの無利息期間をサービスの一環として提供しているところもあります。

女性専用のローンを利用する女性の借り入れ理由で一番多いのは生活費となっていますが、金額が大きい買い物などをして、一時的にお金が足りていない状況で給料日に返済するあてがあるような場合のように、借り入れから返済までの期間が短い場合はこの無利息期間を上手に利用することで、利息の支払いを0円にすることも可能ですが、返済が長期になる場合やまた使う予定がある場合は無利息期間の有無よりも、低金利のレディースローンを選ぶ必要があります。

一度、カードローンでお金を借入れたり返済したりすると、その便利さから再び使う場合も多いので、無利息期間と低金利を総合的に考えてカードローン選びをする必要があります。

低金利で利用できる銀行レディースローン

女性専用のカードローンを提供している金融機関の中に銀行がありますが、以前は主に事業者向けの融資を中心に行っていました銀行ですが、現在では個人向けの金融商品も多くありその中にレディースローンもあります。

銀行のレディースローンを利用する上での最大のメリットは金利の低さにあり、消費者金融が提供するカードローンと比べると相対的に金利が低いのが特徴ですが、審査の基準は厳しく設定されているのが一般的で審査期間が長いのも特徴です。

ただし、銀行の中にもレイクのようにもともと消費者金融だった金融機関が銀行になったところや、店舗が存在しないネット銀行の楽天などでは消費者金融と同じような条件で借り入れをすることが可能で銀行の低い金利で借り入れを行うことが可能になっています。

特に楽天銀行は金利が100万円以下の借り入れの場合、金利が14%程度で設定されており、銀行の中でも特に低い金利で借り入れができることに加えて、消費者金融だと50万円以上の借り入れから必要になる収入証明書に関しても、楽天銀行の場合は200万円以内の借り入れの場合は、収入証明書が不要となっているなど利用しやすいものになっています。

また、銀行の中で最も低い金利とされているのがみずほ銀行で、審査次第では専業主婦の借り入れも可能になっており、主婦が買い物として利用するイオンのグループ銀行となるイオン銀行なども主婦の借り入れを前提としている部分があるため、女性が利用しやすい仕組みとなっています。

カードローンの仕組み

低金利で利用できる女性専用カードローンは、消費者金融や銀行などの金融機関が提供しているキャッシングサービスで、これらの金融機関はお金を貸し出しすることによって発生する利息による収入で運営が成り立っているため当然金利が発生しますが、カードローンの中でも低金利で利用できる金融機関は多くあります。
利用者は申し込みをして発行してもらうカードローンの専用カードを使用して、お金の借り入れや返済を行うことになりますが、そのカードで現金自動預け払い機やキャッシングディスペンサーを利用して、お金を借り入れたり返済するようになります。

お金の借り入れ方法は、銀行の普通預金で利用するキャッシュカードと仕組みはほとんど同じで、キャッシュカードでいう預け入れがカードローンでいう返済で、キャッシュカードでいう引出しがカードローンでいう借り入れですが、キャッシュカード使用する現金は自分の現金であるのに対して、カードローンで使用する現金は金融機関のお金なので当然ですが、返済義務が生じることになります。

女性専用カードローンは申し込み時に融資可能金額が決まりますが、基本的にこの融資可能金額の範囲内なら何度でも借り入れをすることが可能で、返済に関しては毎月必ず返さないといけない金額を返済する必要がありますが、その金額以外でも好きなときに好きなだけ返済をすることが可能になっています。
通常のローンは最初にまとまったお金を借入れするのが一般的ですが、女性専用カードローンは使用しない限り、借り入れがないので保険代わりにカードを携行している人が多いのもカードローンの特徴です。

レディースローンのメリット

女性専用ローンはカードローンサービスを女性の利用に絞ったものであるため、女性が利用しやすいようなシステムになっており、細かい内容は各金融機関で変わりますが、大体のところは電話・接客ともに女性スタッフが対応したり、来店しなくても手続きできるようになっています。

この女性スタッフが対応するということが、女性専用ローンを利用する上でのメリットになりますが、女性はカードローンの申し込みをすることに対して、精神的な負担が男性に比べてかかりやすいという特徴があるため、利用したくても窓口にいって手続きをするということができない女性にとっては、男性と話しを進めていくことで余計に精神的に負担がかかってしまう場合があります。

これらの負担を少しでも取り除くという目的で、女性専用のレディースローンというサービスが誕生しましたが、女性のスタッフに対応してもらう場合でも通常のカードローンよりレディースローンの方がスタッフ側も接客する相手がどのような状態であるかがある程度予測できるため、対応しやすいという利点があり金融機関によっては低金利で利用できる場合があります。

また、通常のローンと同じ審査内容になり、女性専用のスタッフに対応してもらうからといって別料金が発生することなどはなく、主婦が利用することを前提としているため、通常のカードローンに比べて主婦が利用しやすい仕組みとなっており、収入が少ない主婦や専業主婦でも所定の条件をクリアすれば、通常のローンに比べて低金利で利用できる場合があります。