専業主婦がWEBでお金を借りるって、専業主婦はお金を稼いでいないのに何故と思っている方も数多くいると思います。それは法律上、可能なことなのです。理由などについては、このあとでじっくり説明するとして、もちろん働いている主婦はお金を借りることができるというのは、理解できると思います。

ただ、収入がないはずの専業主婦がお金を借りている方がいらっしゃるということは紛れもない事実なのです。
その事実は貸金業法をよく見ていただけると答えが出てくるわけなのですが、その都度六法全書を読むという人は非常に少ないかわり、インターネットで検索して確認して法律を確認することは出来ると思います。

もちろん、専業主婦がWEBでお金を借りているという事実があるということは、この専業主婦がちゃんと返済能力があるということで、お金を貸しているという事実もあるのです。専業主婦がどのような手順でお金を借りることができて、どのように返していくのかというのは、私自身も気になるところです。

WEBで借りたということは、お金を借りている事実を家族に知られたくないということが大きく、生活費もちょっと困っているというのも少し感じ取ることができているからのことだと思います。家庭で切り盛りをしているのは、主婦であることが多いため、家庭の事情も切実に感じるところがあったのかもしれません。そのためか理由に関しては、生活によるものが挙げられます。

WEB以外の方法でお金を借りようとすると、どうしてもお金を借りたという事実が家族にばれてしまう可能性がWEBに比べて、高くなりやすいです。そういったことから言っても、専業主婦が家庭の状況から判断して、旦那さんが頑張って働いても足りなくてというのを感じさせないためにWEBでお金を借りたものであれば、なんか納得できるし、共感できる部分になるのではないかと思います。

専業主婦だって、お金を稼いではいないけど、家庭ではしっかり働いていて、旦那の収入を管理していたりもするのです。

だから、この家庭のピンチを私が助けてあげたいということで、お金を借りるのですから、それに対しては旦那さんも怒ってしまうのは、おかしいと思います。もちろん、旦那さんが奥さんに借りた理由と借りたお金の実際の用途を確認しておくことは必要になると思います。お金がないから、単純に借りたいと思って、奥さんが借りているはずはないと思いますので、そこで喧嘩になってしまわないようにしてもらいたいです。

特に旦那さんが倒れたら、専業主婦の奥さんではやはりお金を稼いでもすぐに収入が入らないので、困ってしまうことだってあるのです。そういった時、奥さんはお金を借りても旦那さんを助けたいという気持ちで支えてくれるはずです。だから、旦那さんは奥さんがお金を借りたとしても、執拗に責めたりしないで欲しいです。

このあとの説明では、専業主婦の奥さんがどうして借りられて、どのように返済していくのかについて、細かく説明したいと思います。

専業主婦は収入ないけど?

専業主婦というと、兼業主婦とは異なり、会社などに出かけて仕事をしないため、家庭の収入は主に旦那さんによるものが多いです。しかしながら、専業主婦でも、株やFXなどで利益を得ている人もいます。

ここでいう専業主婦というのは、旦那さんの収入やお子様の収入によるものだけで、主婦である本人の収入がない方のことについて、説明をしております。

専業主婦というのは、株とかギャンブルなどでの利益がない限りは収入というものがありません。そのため、お金を借りようと思うと、主婦本人だけでは収入がないものということで、借入審査は通らないということになりますが、旦那さんが働いていて、収入がある場合は配偶者の収入によって、融資をしても返済能力があるということで、借入審査は問題はなく、お金を借入することができるのです。

店舗に行った場合は、旦那さんとか近所の人に見られて、お金を借入したことが判明するということで、主婦は敬遠します。そのため、店舗ではなく、WEBで申込をおこなって、WEBから借入の申請を行うことによって、近所の人も家族の人から気づかれることもなく、お金を借りることができるのです。

もちろん、返済するときには旦那さんの収入から行うことになるのですが、生活費などをやりくりしたりしているのは専業主婦である本人であるため、生活費をやりくりして、返済をおこなうことになるのです。

専業主婦でも、配偶者である旦那さんの収入がない場合については、借入審査が通らない場合もありますので、注意してください。

家族に収入があればOK?

専業主婦がお金を借りる場合、配偶者である旦那さんの収入があれば、借りることができることについては言いましたが、旦那さんから生活費をするためにお金を工面しなければならないということもあると思います。その時には、専業主婦である本人の名義で旦那さんの代わりにお金を借りることができます。返済方法については、事前に旦那さんとしっかりと計画を立てておくことが必要になります。

配偶者なので、元旦那にお金を借りて欲しいと頼んだ場合、元旦那は配偶者ではなくなっているので、専業主婦はお金を借りることはできません。

また、子供の扶養家族に本人がなっている場合についても、家族ではありますが、配偶者ではないため、専業主婦である本人がお金を借りることはできませんので、注意しましょう。

配偶者という言葉については、耳にしたことがあると思いますが、配偶者の意味を知らないという人もいると思います。配偶者は本人から見て、結婚しているお相手さんのことをいいますので、この内容を読んで理解しましょう。配偶者と扶養者とでは家族での指す範囲が異なってきます。扶養者というのは、収入のある人が養っている人のことをいいます。

主婦が仕事をしている時にお金を借りて、返済中に専業主婦になった場合については、もちろん、一緒に住んでいる家族の協力も必要になってくると思いますので、その時は家族で話し合って解決するようにしていきましょう。

つまり、結婚していない場合については、本人に収入がないと借りることができないこともありますが、結婚している場合は専業主婦であってもお金を借りることができるのです。

主婦はお金を管理しているから・・・

主婦は旦那さんの口座や給料明細を見て、お金を確認して、生活費をやりくりしていくわけですが、収入が足りない場合は足りない分をどうにかして工面しなければなりません。このとき、専業主婦でも働きに出られる方なら働きに出かけることができますが、育児などで働きに出られないという方もいらっしゃいます。そういったときに、お金を借りに行くということになります。

しかし、これまでにも話したように、なかなか自宅から出ることができなかったり、近所の方の目などがあって店舗に行きづらかったりする場合があります。家から出られない、近所の目を気にせずに借りたいという時に、専業主婦はWEB上から借入の申込を行って、自宅でお金を借りるのです。借りたお金は銀行の口座に入るので、銀行の口座から引き出して、生活費の足しとして利用することができるわけです。

返済もWEB上から手続きを取ることができるので、自宅にいながら返済もできてしまうのです。WEB上からの取引であれば、誰にも見られる心配もないので、安心してお金を借りたり、返済したりすることができます。

主婦は家族のお金を管理しているので、お金を借りたり返済したりするのも旦那さんの収入から計算して計画的に行うことになります。特に専業主婦は収入源が配偶者である旦那さんの給料からになるため、お金を借りるのも返すのも働いている主婦よりも綿密な計画性をもって行うことをおすすめしたいと思います。もちろん、一人で悩むのではなく、旦那さんと相談しながら、利用するようにしましょう

WEBなら安心?

専業主婦というのは、近所づきあいが働いている主婦に比べて、多くなります。そうすると、いろんな噂とか情報が広がることがあります。近所の方に見られたり、聞かれたりすることはそれが1人だけであっても近所一帯に広まっていきます。お金を借りることはそういったこともあって、店舗に行って借りるというのがなかなかできないものであります。それが自宅のパソコンや携帯からWEBに接続して、お金を借りたり返したりしていれば、本人が言わない限りは周りに広まるということもありませんので、気にすることなくお金を借りることができます。

周りに気づかれないので、安心して利用できるわけなのですが、WEBから手続きを行った場合のWEB上でのセキュリティって、ウィルスによって情報が漏れたりしないのか心配ということを考える人がいると思います。WEB上のデータは暗号化されて、情報がやり取りされているため、安心して利用することができます。

だからといって、自宅のパソコンやスマートフォンなどのセキュリティをおろそかにしてはいけないですが、お金を借りる会社の方は顧客情報がもれないように、いろんな対策をして、サーバーへの攻撃から守るためにいろいろと行っているということで、安心してお金を借りるための手続きが行えるのです。

WEBから新規手続き、借入、返済の手続きがすぐにできて便利だというのは、とても助かることなのであります。この為、専業主婦で近所の目がある状況でも安心なのであります。

家庭の危機管理は主婦が握っている!

家庭のお金は主婦が管理していることは、述べた通りであります。もちろん、旦那さんのお金の管理については、主婦である奥さんがある程度やっているという方もいますが、旦那さんが協力的でない場合などは、生活費が給料前になくなって、いろいろとやりくりをすることになります。旦那さんが協力的であっても、最近は年収がめっきり下がっていますが出費は以前のようにということもあったりして、生活費が足りないということもあると思います。

そういったピンチのときに、お金を必要最低限だけ借りて、給料が入ったらきちっと返済するということによって、返済の時の利息も少なくて済み、家庭の負担を少なからず和らげることができます。

というのも、お金を借りたとき、年の利息がパーセンテージとして、WEBサイト上で記載されていますが、返済時は日割り計算になるため、完済するのが早ければ早いほど、生活の負担が減って、安心して借りることができるというわけなのです。よって、必要最低限だけお金を借りて、旦那さんの給料が入った時点で完済するということは、とても賢いお金の借り方といえます。

専業主婦なので、返済するのは旦那さんの給料からになるわけなのですが、しっかり旦那さんのお金を管理することによって、家庭の危機管理に結びつくわけなのです。また、WEBでお金を借りているということで、家庭の危機も周りから察知されることもなく、危機を回避することができるわけなのです。

返済能力の判断について

専業主婦ということで、本人自身は収入がないわけなのですが、配偶者である旦那さんの収入によって、返済能力を借入審査で判断されるということで、専業主婦がお金を借りることができることはここまでに説明をしてきました。

返済能力に関しては、専業主婦であってもお金を借りたら、返済する必要があります。お金を借りるときは旦那さんに状況を説明してから、お金を借りる方がいいと私は考えます。生活費用や病院などの費用などで、どうしてもお金を借りないと生活ができないということを旦那さんに相談をして、お金を借りるようにしておけば、旦那さんも協力してくれると思います。また、返済能力のことも考えて、借りるときは必要最低限だけにとどめておくことが大切だと思います。そして、旦那さんの給料が入った時点で、できるだけ完済できるようにしておくということも重要なのです。完済したということで、信用ができますので、次に困ったときも安心して利用することができます。

また、WEBから利用して、銀行の口座から借りたお金をおろしたり、返済したりすることで、専業主婦が自宅にいながら、利用することができるのです。

テレビCMで利用に関する内容が表示されていますが、WEBで賢く利用するというのは、そういうことなのかなと思います。お金を借りる前に、旦那さんと相談をしてお金を借りるようにして欲しいと思っています。それが安心して、WEBからお金を借りられることにつながります。

家族に協力してもらおう

専業主婦がお金を借りる場合は、旦那さんの収入によって、借りることのできる金額が決まってくるわけなのですが、お子さんが大きくて、働いている場合は家族で相談して、1日でも早く完済できる方法を考えた上で、お金を借りたり、返済したりしましょう。旦那さんの収入だけではちょっと完済に時間がかかりそうだという前に、お子さんを交えてお金の使い方、借りたお金の返し方を話し合って、家族が協力して返済して、生活費が少なくても借りたお金を完済するまでは我慢して、完済しても本当に困ったときのために、できるだけその時の生活費をキープして、生活することも必要になると思います。

家族が入院した場合は、生活費だけではまかないきれないことがあります。そういった時に安心して利用できるように、家族で協力をして、お金と賢く付き合って、いざという時はお金を必要最低限だけ借りて、家族みんなでお金を返すということをしていきましょう。

お金を借りるということは、家族みんなの計画性が問われていると、考えてもらいたいと思います。そして、計画的な利用によって、家族が信用されるようになり、大切な時に家族が結束できると思います。

専業主婦が家族のためにお金を借りに行くことは、収入が減っていると言われている今、助けたい思いからあるということを理解してもらいたいです。だからこそ、家族でお金の使い途を考えるいい機会であると考えています。お金を借りる上で、家族の団結力は大切なことだと思います。

返済をしていく為には?

返済するためにどうしたらいいのかということについて、WEB上で利用している場合、返済シミュレーションができるようになっています。そこから、旦那さんの収入を計算して、どのように返済しようかということになるかと思います。実際はその前に借りる時に、いくら借りたら、何万円ずつを何回支払えば、完済できるということをシミュレーションしてもらいたいのです。

それがこれまでに述べた賢い利用の仕方になるのです。

専業主婦ということで、特に旦那さんからの収入に依存することが大きいわけですから、旦那さんの収入から毎月返済する金額を求めていくことが大切になってきます。その方法として、WEBサイト上で返済シミュレーションを利用して、生活に影響が出ないように返済額を計算してもらいたいのです。

返済をすぐに終わらせたいということであれば、まとまってお金を借りるというよりは、必要最低限だけ借りて、できるだけ少ない回数で完済できる方法を取ることが重要になってくるわけなのです。収支のバランスを上手くとることが返済を確実に行うためには最も近道の方法になっていきますので、旦那さんの財布や生活費の管理をまめに行っていただきたいと思います。返済は次にお金を借りるための方法でもあり、家庭のお金の使い方を考えるためのいい機会になると思いますので、身の丈にあった利用の仕方をしていきましょう。そして、どうしても困ったときは、最低限の金額を借りるようにしていきましょう。