突然お金が必要になった時、お金が無い時非常に困ってしまいます。特に冠婚葬祭に関しては、極力出席すべきなのにお金の問題が発生して出席できず今後の付き合いに支障が出てしまったりする可能性がありますよね。

出来ればお金を借りて出席したいのですが、業者から借りるってなると面倒な手続きや審査でお金を借りるまでに時間がかかってしまうのでは・・・という考えて諦めている方が多いようですが、現在は即日カードローンといって、申し込みをしたその日のうちに融資を受ける事が出来るカードローンが存在しますので、急ぎの方でも安心して利用する事が可能となっています。

また面倒な手続きはなく、働き先の連絡先と個人情報を入力して身分証明書を用意するだけで申し込みが可能となっています。大口の融資を受けるとなっても、収入証明書が追加で必要になるだけですので、とても手軽に利用する事が可能ですね。

当サイトではオススメの即日カードローンをご紹介していますので、急ぎの方は即日カードローンを活用して下さい。

出来るだけ当日に融資を受けるには?

当日中に融資を受けるにはいくつかの条件があります。

インターネットでの申し込みの場合は、まず平日に申し込みをする必要があります。口座にお金を振り込むのですから、銀行の営業時間という問題が絡んできます。大体の業者が14:30や14:50といった時間までに契約を済ませておく事で即日融資を行う事が出来るようになっています。自動契約機の場合はカードを直接受け取る事が出来るのでATMが稼働している時間までは融資を受ける事が出来ます。

自動契約機まで足を運ぶ事が難しい方はやはりインターネットから申し込みをして口座に振り込んでもらう方法が一番早い方法となっているので、極力午前中に申し込みをしておくと良いでしょう。また、必要な書類も事前に用意しておくと安心です。消費者金融の場合50万円以下は収入証明書は不要となっていますが、申し込みの際に収入証明書があるかどうかを確認されるので、一応用意しておきましょう。WEBからの申し込みなら必要書類を写真で撮ってメールで送信するだけで大丈夫ですので、事前に書類の写真を撮っておくと非常に素早く手続きを進める事が出来ます。

一番確実な方法は、WEBから申し込みをしてから最寄りの自動契約機までいって残りの手続きを済ませる方法が時間を無駄にしない一番効率の良い方法となっていますし、カードを直接受け取れるのでATMからすぐにお金を借りる事も出来ます。

やはり即日融資を受ける為には、必要書類の事前の準備と午前中に申し込みを済ます事で即日カードローンを利用する事が可能となっているでしょう。

キャッシングの注意点

即日キャッシングを希望する時に、申込方法によってはある注意があります。その注意を知らないまま申込をする事によって、中には即日キャッシングが利用できずに困ってしまうというケースもあります。そうなってしまっては大変ですから、そうならないように即日キャッシングの注意をご紹介します。

その注意は、ネット完結申込などで振込にて即日キャッシングを希望の方にあてはまる注意となります。その注意点とは、振込での融資の場合には、多くのカードローンが平日14時までの手続き完了が条件になっているという点です。なぜこういった条件があるのかというと、それは銀行が平日の15時でしまってしまい、融資が間に合わなくなってしまうためです。

なので、それ以外の時間帯で融資希望の方は、融資振込ではなくカードを契約機などにて発行し、それを使ってキャッシングをするという方法でないといけません。この事は是非とも知っておいて、失敗しないようにしましょう。

カードローンの特徴

カードローンは銀行系、信販系、消費者金融系の3つに分けることができます。

大きな違いは借り入れをすることができる金額です。信販系と消費者金融系のカードローンは貸金業法による総量規制の対象となるため、自分の年収の3分の1を超える金額の借り入れができません。

また、専業主婦などで自分が無収入である場合は配偶者の同意を確認する書類の提示が必要となります。総量規制は貸金業者からの借り入れを制限する法律です。そのため、銀行系のカードローンは総量規制の対象ではありません。銀行系のカードローンは銀行法という別の法律で運用されています。

金利にも大きな違いがあります。3つのカードローンの系列の中で金利の最大値が一番低いのは銀行系です。また、信販系のカードローンでは金利の最大値は銀行系と同じくらいですが、最小値は銀行系より低めに設定してある傾向があります。消費者金融系では金利の最小値、最大値ともに少々高い設定であることが多いです。

消費者金融系のカードローンは他の系列よりも審査が短時間で終わるため、手軽さを売りにしています。