近年の不況の影響もあり、各家庭の経済状況はあまり良いものでは無い家庭が多いのでは無いでしょうか。それぞれ家計のやり繰りを一生懸命行っていると思いますが、どうしても赤字になってしまう月も出てくる場合もあります。また他にも会社関係や親族関係などで急な出費が出てしまう場合もあるでしょう。そんな時に、心強い見方といえる存在が金融会社です。

金融会社と一言聞くと、よくドラマであるような怖い人から借り入れを行うイメージを持たれている人もいるかと思いますが、実際には全く違います。ほとんどの金融会社は20歳から約65歳までの利用が可能となり、利用者も男女限らず様々な人が利用しています。その中で今回は「主婦」に注目してみましょう。

一昔前まではアルバイトやパートの主婦、また仕事についていない専業主婦は所得が安定していないため借り入れを行う事が出来ない場合が多く見受けられました。しかし現在では大小さまざまな金融会社が作られ、借り入れを行う条件もたくさん出てきたので主婦でも借り入れをしやすい時代となりました。中でも自宅のパソコンからネットを使用して簡単に審査から借り入れまで行えるようになったので、とても便利な時代になったと言えるでしょう。

テレビのコマーシャルでも芸能人を起用して、気軽に借り入れできるように宣伝していますが、仕事についている主婦と仕事に就いていない専業主婦とでは、借り入れ出来る業者が変わって来ます。まず専業主婦の場合ですが、2010年の6月に新しく法律が定められて厳しくなったので、旦那さんの同意書であったり収入証明を用意しなければなかなか借りられない現状が多くなりました。

しかし大手の金融会社では断れた場合であっても、銀行のキャッシングサービスを利用すれば限度額は低く設定されますが借り入れを行う事が出来る場合もあるので、専業主婦は銀行を利用してみると良いでしょう。

また仕事に就いている主婦の場合は、一定の所得を確認できればテレビコマーシャルで宣伝しているような大手の金融会社でも、ネットから借り入れを行う事が出来る場合があるので、一度審査をしてみると良いでしょう。また金融会社からの家族確認や職場の在籍確認なども、金融会社の名前を名乗らずに行ってくれるので、職場に知られずに借り入れを行う事が出来るように配慮してくれています。借り入れが当たり前になって利用額が増え続けてしまう事は問題ですが、急な出費で大変な時にはとても便利なシステムと言えるでしょう。

また返済プランなども無理なく設定できて、わざわざ店舗に返済しに行かなくても、提携しているATMや手数料はかかりますがコンビニのATMからも簡単に返済が出来るので、忙しい主婦の場合であっても無理なく返済する事が出来ます。また借り入れを行う前には、利用する会社の審査を通らなければいけません。アルバイトやパートなどで収入が正社員に比べて少ない主婦の場合は、借り入れを断られる場合も多いです。

しかし会社によって借り入れ基準が異なるので、一つの会社で諦めるのではなく、いくつかの会社に審査をしてもらう方が良いでしょう。簡易審査の場合はネットから出来る会社がほとんどなので、家事などの合間に利用してみるのも一つの方法でしょう。家計のやり繰りで大変な主婦であっても、現在はこのように気軽に借り入れを利用できるようになったので、どうしてもお金を必要としている時には利用してみると良いでしょう。

主婦にオススメのみずほ銀行カードローン

テレビのコマーシャルでも有名なみずほ銀行カードローンは、名前は誰しも一度は聞いた事があると思います。24時間いつでも簡単にネットから申し込みを行う事が出来るので、いちいち来店する必要がない事も嬉しいポイントでしょう。銀行が行っているカードローンのため、総量規制の対象にもならないのです。その為、働いていない専業主婦の方であっても、ご主人の同意書が不要で自分自身の身分証明だけで借り入れを行う事が出来るのです。

大手の銀行だけに、気持ち的にも安心して利用する事が出来るでしょう。また金利年も4.0パーセントから14.0パーセントと比較的低く、最大で1000万円まで限度額があることも安心でしょう。また、みずほ銀行のカードローンですが、借り入れや返済の時には近くのコンビニにあるATMやゆうちょ銀行、また提携金融機関でも行えるので、とても便利で忙しい人でも簡単に利用する事が出来るでしょう。

また、既にみずほ銀行の口座を持っている人の場合にはキャッシュカードにカードローンを新しく付ける事も出来ます。キャッシュカードを持っている人は、カードローンのカード発行の手続きが短くなるので、念のため持っておくことも出来ます。

また新規で新しくみずほ銀行の口座を開設する人の場合には、キャッシュカードが付いているカードか、ローンカード専用のものか選ぶ事ができるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

専業主婦で契約者本人に収入が無く、配偶者に継続して安定収入がある場合には借り入れを行う事が出来るのです。その際には限度額が30万円になりますが、急な出費には十分対応できる額なのではないでしょうか。

借入の基本について

この日本には似たような言葉がたくさんあります。「借り入れ」もその一つで、似たような意味だと「ローン」や「融資」などがあります。借り入れを行える金融会社は、普段利用する事も多い銀行や銀行系消費者金融、そして最近ではインターネットの普及も多くなりIT系金融機関などがあります。

このIT系金融機関とはネット銀行とも言われていて、わざわざ銀行など窓口に行く事も無く自宅から簡単にインターネットを通して審査を受ける事が出来るシステムです。忙しい主婦であっても出向く必要が無いので、その分の時間が短縮できて、また金融会社側のコストをかけずに出来るので金利も低く設定されているメリットがあるのです。

また銀行の借り入れは比較的厳しく審査されていますが、銀行で審査が通らなかった人の場合でも消費者金融の場合には審査が通る事もあります。少し前までは金利が高いという印象を持つ人もいましたが、現在ではさまざまな消費者金融会社が増えてきて金利も比較的低く設定されています。

今では何でもネットを使用して作業を行えるようになったので、借り入れの前の審査や即日振り込むなど急にまとまったお金が必要になった場合でも困らないようになりました。

しかし専業主婦など安定した収入が無い人は審査が通らない場合があるので、専業主婦でも借り入れが行える会社を事前に調べておくと安心でしょう。
テレビコマーシャルで宣伝を行っているような大手の金融会社から、地域のチラシなどで知る小さな金融会社などさまざま存在しています。安全面を優先するのか、金利面を優先するのかよく考えてから利用すると良いでしょう。