女性専用キャッシングは主婦でも利用しやすいキャッシングだと謳われていますが、実際に利用を考えている場合は、申し込みをして金融機関の審査を受けて審査に可決する必要があり、この審査に否決してしまうとキャッシングを利用することは出来ません。

現在ではキャッシングに速攻性も持たせる金融機関が多いため、必要書類や審査にかける時間が少なくなりましたが、審査そのものが通りやすくなったのではなくこれを実現可能にしているのは長年培ってきた金融機関の顧客のテーターベースの蓄積や金融システムの近代化によるものです。

主婦がキャッシングを利用しようと考えている場合に重要な項目になるのは、借りようとしている主婦自身がパートやアルバイトで安定して収入があるかということや、配偶者の収入が一定であるかということになりますが、過去の借り入れ状況や現在の借り入れ状況も審査においては大きな要因になります。

複数の金融会社から借り入れがある場合はもちろんのこと、1度に複数の金融機関でキャッシングの申し込みをするのも審査に大きく影響します。
複数の申し込み履歴が分かる理由は金融機関の横同士のつながりではなく、情報機関の介入によるもので、審査を受ける際は情報機関に登録されている情報も審査の可否判決に大きく影響します。
過去の借り入れ記録だけではなく、収入の状態などもすべて情報機関によって照会されるのでキャッシングの申し込みをする場合は過去の金融機関の借り入れ状況や年収を虚偽することは厳禁です。

女性キャッシングの金利

キャッシングを利用する場合は当然ながら借り入れたお金に対して利息がつくことになるので、借り入れた金額が完済金額になるのではなく借り入れたお金に、利用する金融機関が定める利息を加えた金額が完済額になるため返済金額は借り入れた金額より多くなります。

この金利は各金融機関で異なり、また同じ金融機関でも提供しているローンで金利が大きく変わりますが、主婦が利用できるキャッシングとしては各金融機関が提供するカードローンで、このローンは各金融機関が提供しているローンの中でも1番高い金利の部類に入ってきます。

カードローンは金利が100万円以下の借り入れなら大体10数%と各金融機関で定められており、金利の計算は日割りで行われることが多く、その日その日の残りの返済額に対して金利がかけられるのが一般的な金利の算出方法となっています。

金利が日割りで行われるのがカードローンの特徴ですが、日割りで金利の計算が行われるため借り入れたお金の完済が早ければ早いほど支払う金利は少なくなり、反対に借り入れをしてから完済するまでの期間が長ければ長いほど支払う金利は膨れ上がります。

カードローンにはこのような金利の特徴があるため、短期間の借り入れをする場合は非常に利用価値の高いものですが、返済が中長期になる場合には利用価値が低くなりますが、一箇所からの借り入れの場合、毎月に必要な返済をしていれば必ず元本は減るように設定されているので長期返済計画を立てて返済していくのであれば利用価値は高いと言えます。

女性キャッシングを借入してみよう

現在は年収の3分の1を超えての借り入れができないという賃金法で定められている総量規制という決まりがあるため、パートやアルバイトをしている主婦は配偶者の扶養に入っている場合が多いため年収も少なくなる傾向にあります。

そのため、総量規制により借り入れできる金額はかなり少なくなり他の金融機関から借り入れがある場合はその借り入れ金額も総量規制の対象となるため、さらに利用できるキャッシング枠は少なくなってしまい、専業主婦に関しても配偶者の年収に応じた借り入れができるのではないので借り入れ可能額はかなり少なくなります。

ただし、この総量規制が適用されるのは賃金法の範囲内の消費者金融なので銀行法で定められている銀行で利用する場合は総量規制の対象外になるので年収の3分の1を超えての借り入れも可能になります。
もともと銀行は法人向けの融資を中心に行ってきたので、個人が銀行から融資を受けるのは敷居が高いものでしたが、近年では個人向けの金融サービスを提供している銀行も増加傾向にあります。

また、主婦でもキャッシング可能な女性専用キャッシングを提供する銀行もあり、総量規制の枠を超えた借り入れを低金利で受けられることが可能になりました。
キャッシングを利用する場合、いつでも利用可能範囲内であれば借入れたり返済できたりするのが特徴で魅力の1つでありますが、毎月必ず決められた返済額を返済しないとさらに金利が高くなるなどのペナルティがあるので注意が必要です。

無利息キャッシング

キャッシングの中でもカードローンが主婦の利用するキャッシングとして1番利用されていますが、カードローンは金利が高いのが特徴でまた利息は1日1日に付加されるのが一般的です。

女性専用キャッシングのサービスで無利息キャッシングを提供している金融機関も数多くありますが、これは金融機関が利用から一定期間無利息期間を設けてその範囲内であれば金利が一切つかないというものです。
そのため、急な出費があり資金が必要になった場合でも数日以内に返済できるお金が入る見込みがある場合はキャッシングを利用して金利を払わず返済できるというメリットがあります。

ただし、これは返済の見込みがある場合に有効であり無利息期間はだいたい1週間から1ヵ月程度でこれらの期間内で返済の目処が立っていない場合は利用に関して注意が必要です。
金融機関が無利息期間を設けている理由として、宣伝目的が挙げられますがそれ以外にもカードローンはその便利さから1度利用するとその後も継続して使用する傾向にあるので、無利息期間があるという理由で1度カードを作り利用してもらうことで、再度利用してもらうことも目的としています。

そのため、無利息期間を利用して借り入れをする場合は借り入れをしているということを忘れずに計画的な利用をするように心がける必要があります。
また、無利息期間中に無利息でないと過程してもその期間にかかる利息というのはそこまで大きな金額ではないので本来キャッシングを利用する必要がないのであれば利用する利点はあまりありません。

返済が困難になった場合

主婦がキャッシングを利用する場合、女性専用キャッシングの登場により以前に比べてキャッシングを利用しやすくなったり、女性スタッフに対応してもらえるといったことでお金を借り入れすることに抵抗が少なくなったメリットがありますが、そのことで借金をしているという感覚が薄れ、また家族に対して知られずに利用できるようになったことからお金の借り入れに対する抑止力がなくなり借金が膨らみやすくなりました。

そのため、あっという間にキャッシングの利用最大限度額まで利用してさらに他の金融機関からお金を借り入れてしまうといった負の循環に陥ってしまう場合があります。

このようにお金の借り入れは申し込みや審査、返済方法などが容易であればあるほど、必要以上に借り入れしてしまうというリスクが高まりますが、申し込みから融資を受けるまですべての過程をインターネット上でおこなうことが可能になったことや、キャッシングサービスの多様化の流れで利用する顧客を絞ったサービスを提供していることなども要因となっています。

借り入れ先が複数になってしまった場合は毎月の返済が金利の支払いばかりになり元本が減らず、返済を毎月していても返済額が増える一方になってしまう場合があります。

このような状況に陥ってしまった場合、金融機関が提供しているおまとめローンを利用して複数の借り入れ先を1本化することで金利が低く、毎月の返済に対して確実に元本を減らすことが可能になります。

悪徳キャッシング

主婦がキャッシングを利用する際に、1番気をつけなければならないのがキャッシングを利用する金融機関選びになりますが、お金を必要としている場合はすぐにでも必要な場合が多いためこの状況を逆手にとり、甘い言葉で利用を促進してくる悪徳業者は現在でも多数存在しています。

キャッシングをする前に、本当にキャッシングを利用する必要があるのかといったことや
借り入れする金額を算出しある程度の返済計画を立てて置く必要があります。

また、はじめてキャッシングを利用する主婦にとってはキャッシングに対する知識が乏しいので簡単融資や審査が甘いといった言葉に釣られてしまいがちですが、審査の甘いキャッシングと謳っていても手数料が以上に高い場合や法外な金利設定にされている場合があります。

それ以外にも女性専用キャッシングを設けていて親身に相談に乗ってくれる女性スタッフを窓口に配置している優良な金融会社に見えていても実際は返済が困難だとわかると執拗な取り立てを行う悪徳業者であるケースがあるなど手口も巧妙になっています。

また、主婦のキャッシングの性質上、家族に内緒で借り入れしているケースも少なくないので、悪徳業者の目線から見ると消費者センターや専門家に相談される恐れも少なくなるためより騙しやすい格好の標的となります。
そのためキャッシングを利用する際には注意して金融機関を選ぶ必要があり、契約内容や約款に必ず目を通して納得の行く金融機関を選ぶようにしましょう。