カードローンを即日利用するには、いくつかの条件があります。大手銀行グループのカードローンも即日融資が可能な業者はいくつかあります。実際に借入可能になった時にいくら位借入が可能なのでしょうか?などの業者によっても借入限度額が変わってきます。

また即日でカードローンを利用するのに大切なのが受付時間です。申込みはだいたの業者は24時間受け付けてますが対応できる受付時間は異なります。ですが受付時間中の夕方6時に申込みしてカードローンの利用はできませんが、店舗で業者のスタッフに対応してもらえば利用も可能となってきますが、

今は申し込みもインターネットからが多いですしカードローン業者を選ぶ際にもPCやスマホなどで調べている内にお申込み専用ページなどにたどり着いて申し込もそてしまうケースもあるのではないでしょうか。

ではインターネットから借入をするメリットは何でしょうか?やはり簡単で早い利用ができて人に合わないなど色々あります。
スピーディーにカードローンの利用はこちらので紹介しているカードローン業者をおススメします!

カードローンで即日借りる

突然の出費が起きたとき頼りになるのがカードローンです。

「ローンが嫌い」といった方でもローンカード1枚持っていればイザという時に本当に役に立ちます。それは家計管理が出来ているとか、出来ていないではなくたとえば予期しない交通事故にあい入院する事になり、やがて退院するとなったときに、保険金が支払われるまで時間がかかる為、退院費用が工面できない。

そういったときにこのローンカード1枚もっていれば即時に工面できます。このように日常生活において想定外の事象が起き、多額の現金を工面しなくてはならないときにこそこのカードローンの威力は発揮されます。しかしまだローンカードを持っていないが、急遽現金が必要になった時、即日で手続きし融資してくれるところはあるのでしょうか。

実はこのような「支払いするにあたり一刻を争うような場合」でも、一定条件が整えば即日カードローンを利用できるのです。

現在、銀行系や消費者金融系、信販系などローン会社は様々ありますが、昨今注目を浴びているのが借りやすさで定評のある銀行系カードローン。
銀行系カードローンの特徴は銀行が融資するが、申込の審査は実質保証会社が全面的に行うという特徴があります。この保証会社というのも主に消費者金融や信販会社であり、銀行にはない消費者ローンの審査において深いノウハウを持っているのが特徴です。

この異業種同士が手を取り合った背景ですが、これには消費者金融や信販会社の抱える深い事情があります。

ご存知かもしれませんが、消費者金融や信販会社を取り巻く環境は大変厳しいもので、総量規制の影響により年収の3分の1以上の融資を他で受けているお客さんには融資できません。

かつての消費者金融や信販会社はある程度の融資条件さえ満たしてくれていれば、緩い審査を通過させることで、無人契約機にてローンカードを即日発行していましたし、余裕額のある既存顧客には積極的な電話でセールスを行うようなテレマーケティングも実際行っていましたが、これらの行為全てが法律で規制されてしまった為、消費者金融も信販会社も残高が思ったほど伸びなくなり、また安易に債務整理を行う顧客の増加も影響し、運営が頭打ちになりました。

こういったことを背景に消費者金融や信販会社は銀行の個人ローン業務の保証会社となることで、会社としての生き残りを図ろうとしているのが現状です。
さらに、銀行から融資を受けられる顧客の属性は消費者金融や信販会社から融資を受ける顧客と大きくその性質が異なり、比較的優良顧客が多いのも特徴のひとつ。

従って貸し倒れリスクが低く安定した運営が期待でき、また銀行から入る保証料もある為、会社にとって「残高は増えないが違う形で収益が見込める」為、積極的に銀行系ローンの保証会社についたという背景があります。

では即日発行カードローンのノウハウを持った消費者金融と、銀行という金融庁や財務省の監視の厳しい目の光る消費者ローン会社とは大きく性質の異なる両社が手を結んで生まれたカードローン商品とはどのようなものなのか?ご紹介していきたいと思います。

消費者金融と手を組んだ銀行

テレビを見ているとよく○○銀行カードローンといった広告を目にするでしょう。また消費者金融の広告でも○○銀行グループといった表現を目にする事があると思います。

総量規制がかかった現在、消費者金融や信販会社はその力を弱めてきており、実質的な銀行の子会社化となっている場合が多く、消費者金融が個人ローン商品の審査を行い、銀行は融資を行うといった形式を取っています。したがって申込みから審査までの一連の流れは消費者金融のやり方を踏襲している場合が多く、担保を取ったり保証人をつけたりする銀行流の手続きはあまり行われていないのが特徴です。

消費者金融には消費者ローン業務に特化した様々なノウハウと情報がある為、それが銀行ローンに変わったとしても申込みを行うお客さんが用意するものは主に運転免許証や源泉徴収票程度です。

一方、銀行で車や学資ローンを組む際は源泉徴収の他に資金使途証明や、住民票を求められる場合が多く、また銀行の営業時間内に来店しなくてはならないなど困難な条件が多く、資金使途が明確であったとしても面倒な手続きが多い為、到底一日で融資実行とはいきません。

この問題を見事に解消したのが、消費者金融が行っていたネット申込みや、来店不要の電話受付です。特にネット申込みは画期的で、簡単な質問に答えるだけで融資可能か?またいくらまで融資してもらえるのかを即時に答えてくれる、お試し診断システムの存在が上げられます。

お試し診断とは職業、勤続年数、年収、持ち家か賃貸かなどいくつかの項目を入力することで即時に融資の可否を判定してくれます。

また消費者金融は電話一本で申込みができるというお手軽さをノウハウとして銀行へ持ち込みました。かつての銀行ローンは来店して申し込み用紙を記入しなくてはならなかったものが、このネット申込みや、ネット上のお試し診断システムの運用、さらに来店不要の電話申込みを導入したことにより、スピーディーにローンカードが発行できる上、手続きの合理化により格段に受付処理が早くなったのです。

申し込みをする際の条件は?

消費者金融の合理的な運営ノウハウを持ち込まれた事で、銀行系ローンの事務手続きの速度は格段に向上し、結果、ローンカードの即日発行が可能になりました。かつての消費者金融は自社の無人自動契約機で申込みからカード発行まで最速35分程度行っており、その短時間融資のノウハウは銀行系ローンでも生かせると判断しこのシステムを採用したのです。

では実際、無人機のない来店不要で電話だけで申し込みのできる銀行系カードローンは最短どれくらいで融資が実行されるのでしょうか。
ここで、申込みに際して予めお伝えしておきたいのですが、このローンカードの即日発行というのは銀行が定める条件が整わないとできないということです。またネット申込みは24時間可能だが、ローンカードの発行は24時間体制とはいかないのです。つまり夜中にネットから申し込んでも、朝にローンカードが発行されることはないという事です。

では、銀行が定める条件というのはどういったものになるのでしょうか。一般的に多くの銀行が定めている条件は安定した収入があること、日本在住の日本国籍を取得していること、年齢が20歳以上65歳未満であること、保証会社の保証が受けられることのだいたいこの4つが条件となっています。

これらの条件を満たした人がはじめて申込みのステージに立てるのです。ですから安定した収入がない人は申込みできませんし、外国人や未成年も端からお断りとなります。

尚、安定した収入の定義ですがこれは銀行によって異なるようで、たとえば株の配当で生活している人や年金生活者の年金を安定収入とみなすのか?つまり不労所得は安定した収入に入るかどうかの判断はそのローン商品によって異なります。

保証会社の判断ある為、場合によっては申込みできる条件に該当しない場合もありますのでここも注意が必要です。

申込は平日の午前中がベスト!

銀行系カードローンの申込み方法は一般的に電話申込み、ネット、郵送、インターネット、銀行窓口の4つが主流ですが、今回は即日発行できるということを主眼に置いているため、日にちのかかる申込み用紙の郵送、窓口での取り次ぎを除いた、ネットと電話での申し込みに絞って検証してみたいと思います。
まず、カードローンの即日発行してもらう場合、審査機関の営業時間の関係で、申込みを行うタイミングとして平日の午前に行い、午後には締結というのが最も早い方法となります。

なぜ平日の午前中という時間指定かという部分については後述でご説明いたしますが、まずこの審査機関というのはクレジットカードの個人信用情報センターと、消費者金融系の個人信用情報センターの2種類になり、申込みを受けるとそれぞれの機関に問い合わせをし、申込みに来たお客さんの信用情報を確認します。

ですが、これらの営業時間は平日の9時から夕方18時までとなっており、それ以外の時間帯や土日祝日は営業しておりません。

したがって申込みは24時間体制であったとしても、実際は審査機関の営業がやっていない時に申込みをされても翌営業日に審査が回される為、手続きが滞り即日ローンカード発行とはいかないのです。

しかし最近の大手金融機関の中には自社でATMコーナーの中などに無人自動契約機のようなものを作り、テレビ電話のようなものを使い手続きを簡略化することでより早くカードを発行できる環境を作り、顧客の獲得を進める銀行もありますが、それが可能な銀行はごく一部のメガバンクに限られている傾向が強く、多くの地方銀行のカードローン商品はいまだにネットや電話申込みで手続きを進めていくスタイルが主流のようです。

手続きは時間との戦い

次にカードローンを申し込む際に安定収入があることが条件に必ず含まれていますが、これも勤務先はできるだけ名の知れた企業に勤めているほうが手続きは迅速に進むでしょう。手続きが迅速に進むというだけで、審査に通りやすくなることはありませんので誤解のないようにお願いします。

この名の知れた企業に勤めていることがどうして手続きの速さに影響しているかというと、カードローンには在籍確認というのがあり、その在籍確認の前に本当にその会社が存在しているか?という営業確認を取ります。

営業確認は一般的にネットで自社のホームページを持っているかどうかや、電話帳に記載があるかなどの方法で行い、場合によってはネットの地図ソフトを使い、その会社の所在確認などをします。

そしてこの営業確認がとれたあとに在籍確認を行うわけですが、この在籍確認は一般的に申告を受けた勤務先へ直接電話をかけて、確認する方法になります。

そして勤務先へ電話をかけて本人が働いていることが確認できれば在籍確認完了となるのですが、まれに営業確認が取れない勤務先や、会社の規模が大きすぎて本人の勤務実態が確認できない場合があり、そうなるとそれを本人へ告げ、もっと詳しい部署や役職を聞かなくてはならないため、それが結果的に時間のロスへ繋がるのです。

たとえば自営業で看板を出していない勤務先で、給料も日払いで給与明細もないような勤務先、または企業の規模も大きく、営業確認は容易に取れるが、如何せん規模が大きすぎて所属部署が複数存在する工場のような勤務先だと在籍確認が困難になる傾向にあります。とにかく手続きは時間との戦いです。こういった申込み時の情報の不備も最短で手続きを完了させる上での弊害となりますので、勤務先の情報はできるだけ詳しく申込み時に伝えることが必要となります。

忘れちゃいけない総量規制

審査を通す上で予め知っておかなくてはならない事として総量規制があります。この総量規制とは年収の3分の1以上のローンを組むことができないというルールです。このルールを破ると重大な行政処分を受けなくてはならず、それはローンカードを発行する側にとってリスクになります。申込み時に銀行の電話担当者は便宜上、他社からの借入れの件数と金額を聞きますが、その時点で問題のない借入れ範囲であったとしても、実際個人信用情報センターへ照会をかけると、年収3分の1以上の額を既に借入れをしており、到底融資できる範囲内ではないなどということがよくあります。

ここでご理解頂きたいことは申込み時に他社からの借入れをいくら少なく申告しても、最終的には審査にかけられた際にごまかしはすぐにバレます。

お金が即日必要なのはわかりますし必死なのは理解できますが、貸す側も法律を犯してまで融資することは出来ません。ローンカードも総量規制の範囲内での利用となるのです。

銀行のローン商品の源泉は大切なお客様の預金です。また融資の実行状況に関しては金融庁の厳しい目も光っており、その性質は消費者金融や、信販系カードローンと大きく異なります。その大切な預金を守る為にも少しでもリスクがありそうな顧客に対しては融資できないのです。

感情論としては力になりたいのですが如何せん、法律のしがらみがある以上、場合によって不可抗力によりお力添えになれないケースもあります。もし申し込み時に総量規制を理由に断られた場合は素直にその事実を受け入れ、少しでも今ある残債を減らすように、まずは努力していくことが新たな信用を生む上でとても重要です。

融資可否の注意点

審査に通過し、在籍確認も済んだら今度は「今のあなたにいくら融資できるか」という銀行からの返答があります。これは必ずしもお客さんの希望額通りにいくとは限らないが、伺ったお客さんの個人情報と信用情報、並びに保証会社が保証できる債務の上限額を総合的に判断した上での最大融資可能額の返答となります。

まずはそれを聞き、実際の希望額を満たしているかどうかを判断し、満たしていなければあきらめるか、それともその額で契約を締結するかを判断してください。中には保証会社の保証が受けられず、保証額0円で回答される場合もありますし、または他社からの借入れ件数と総額が総量規制ぎりぎりのラインで、お客さんの融資希望額より大幅に減額された額で回答されることもあります。

そしてもしこの返答額で問題がなければいよいよ契約となります。契約ということはローンカードの発行です。

しかし、電話やインターネットで申込みしているのにも関わらず、どうやって即日ローンカードを手に出来るのでしょうか。直接担当者が家まで届けてくれるのでしょうか?これにはちょっとした工夫があります。

まずローンを申込む人の多くは別にローンカードが欲しいわけではなく、現金が欲しくてローンの申し込んできます。その現金を引き出す手段としてローンカードがあるわけで、特にローンカードを大至急発行しなくても、現金そのものをお客さんの希望の口座へ振り込んで、後日ローンカードを郵送で送れば、スピーディな融資が可能になるという合理的な考え方から生まれたのが振込み貸付という方法です。

ですがこの振込み貸付を行うにはまた条件があり、当日の振込み扱いにするには当日の13時までに契約が締結されていることが条件となります。では融資額の回答から振込み貸付が実行されるまでどのようなプロセスを踏んで行くことになるのか次の項目で詳しくご説明いたします。

締結は13時がリミット

振込み貸付が実行されるにはまず、夕方以降の申込みでは当日融資に間に合わないという欠点がありますので、これを可能にするには午前中に申込みを行う事、遅くとも13時までには契約が締結されていることが条件となります。電話やインターネットで申し込んでから、融資可否の連絡が来て契約の手続きをする際、一般的に予め申込み用紙を用意している、またはFAXで自宅へ送ってもらうという方法があります。

そしてその申込み用紙記入後、免許証のコピーを添付しFAXで送り返します。

または銀行の支店窓口へ持ち込み取り次いでもらうといった方法があり、何れにせよ仮にネットで申し込んでいたとしても自筆での用紙記入や捺印が必要です。
その後申込用紙に一切の不備がなければいよいよ締結となります。

締結とはローンカードの発行を意味し、本来であれば郵送で送られるものになるのですが、もし大至急ということであれば締結前に「希望口座へ振り込んで欲しい」と伝えると即日の13時前後までであれば振込みが実行され、口座に資金が入金されます。

ですが、申込みの段階で不備があればそこで訂正を依頼したり、送り返したりしなくてはならないので時間のロスが発生します。そうなると当日振込みに間に合わず、翌日の振込みになってしまうのです。当日融資を実行するには全てにおいて完璧な状態が要求されます。在籍確認がスムーズに進まず、最後の契約書面に不備があっては時間を無駄に浪費するだけです。これがもし電話やネットからの申込みで、在籍確認、審査までがスムーズに行われ、FAXでの契約書面のやり取りも一回完了し契約書面に一切の不備がなければ最短1時間半程度でローンは実行されます。

契約書面の不備とは

よくある申込書兼契約書面の不備として、申込み時の住所と免許証の住所が異なる場合があります。これは単純に引越しなどで住所が変わるも、警察へ住所変更の届出をしてない場合に起きます。そうなると申込みの住所に本当に住んでいるかどうかの確認が必要になる為、公共料金の領収書が必要となり、それもFAXで送らなくてはなりません。

これもまた大変な手間で、その分当日の付けでの振込み貸付は厳しくなります。理由は公共料金の領収証を大事に取っている人は案外少なく、必要な時すぐに用意できないという理由から。

また本人確認資料をパスポートにされる方は注意して頂きたいのが、パスポートの有効期限です。案外気づいていない間に切れていたりするため、契約の段階で気づかずに切れたパスポートで申し込まれる方がいますが、これも無効になります。
有効期限のあるものをご用意ください。

また、申込用紙兼契約書面もできるだけきれいな字で書くようにしてください。字を間違えたとしても忘れないうちに訂正印を押し、完璧な契約書面にするよう心がけるようにしましょう。このように当日申込みから当日振込みまでのプロセスを簡単に説明しましたが、当日の振込み融資を実行してもらうキーワードは全てにおいて完璧を期すこと、そして申込みするにあたってのポイントは
1.借入額が総量規制に抵触していないか、
2.勤務先の在籍確認はすぐに取れるポジションか、またすぐに営業確認が取れる看板を掲げているような明確な勤務先であるか、
3.本人確認資料に不備はないか、そして申込みが平日の午前からお昼くらいまでの時間であるかどうかこの4つが即日融資のポイントとなります。もし大急ぎということであるならば、申込み時に当日の振込み融資が時間的に可能かどうなのかを担当者に確認されることをお勧めします。