私たちの生活の中で、急に現金での出費が必要となり、慌てた経験がある人も多いのではないでしょうか。特に冠婚葬祭は、何時自分に降りかかってくるか予想できないだけでなく、身内の冠婚葬祭ともなれば断ることが難しくなるだけでなく、祝儀や香典なども高額になるためまとまったお金を用立てないといけなくなります。

また、会社勤めの人となると、社内や取引先の冠婚葬祭も避けては通れなくなります。会社や取引先との付き合いにおいても、ゴルフや各種の付き合いも重要な仕事となりますのでなかなか断り切れない人もあるのではないでしょうか。

このように、景気が良かったバブル時代であれば給料もそれなりに上がるだけでなく、臨時ボーナスなどでお金が入ることがありましたのでこうした付き合いもお金に困ることは少なかったのですが、バブルがはじけ不景気となると給料は下降の一途をたどるだけならまだマシで、中には会社が倒産したり、リストラで職を失い収入が断たれてしまう人もあるのです。

会社が倒産したり、リストラにあうことになれば、会社や取引先との付き合いは無くなりますが、親類や友人との付き合いは続きますので、冠婚葬祭などで急にお金が必要となることには違いはありませか。急な出費が避けられない場合に頼みの綱となるのが、消費者金融のキャッシングでお金を一時的に借りることで急場をしのぐことになります。消費者金融のキャッシングサービスは、多くが即日に融資を受けることができるサービスとなっています。また、現在の消費者金融は一昔のサラ金時代のような悪いイメージは少なくなっています。

これは、金融規制緩和により銀行などが消費者金融の砦であった個人向けの融資サービスに参入することとなり、多くの消費者金融がこのダメージを受けるものとなってしまいました。特にその象徴的な代表として、三井住友銀行がサービスするカードローンにモビットがあります。モビットは、三井住友銀行カードローンの商標名であり、またモビットと言う三井住友銀行が100%直営する消費者金融の社名でもあります。

モビットは、メガバンクである三井住友銀行の巨額な資金力と全国にある営業員やATMなどのインフラを十二分に生かしたサービスが展開されています。モビットは、勿論、三井住友銀行の窓口やATMから利用することができますが、モビットはあえて既存のインフラ利用のメリットは謳わずに、インターネットでの利用サービスを中心として展開する方針を打ち出しています。現在は、昔のようにインターネットは特別なものでは無くなっており、ほとんどの人がパソコンやスマートフォーンからインターネットを利用できるものとなっています。

モビットのようにインターネットでの利用のメリットは24時間何時でもモビットの融資サービスを受けることができるだけでなく、モビット側においてもサービスを提供するための人員を削減できるため、その分モビットのカードローンサービスに転換できるものとなっています。

モビットの利用手順について

モビットでは、カードローンの利用にあたっては三井住友銀行の営業店窓口やATMからも利用することができますが、わざわざ出向かなくてもパソコンやスマートフォーンを使って、いつでもモビットのカードローンサービスを受けることができるようになっています。

パソコンを使ってモビットのカードローンサービスを受けるためには、インターネットに接続できる環境が別に必要となるため、基本的に外出先からの利用は難しくなってきます。しかし、スマートフォーンなら携帯電話網からインターネットに接続できますし、近年の800MHzのプラチナバンドと呼ばれるLTE接続であれば、高速インターネット接続ができるようになりますので、ストレスなくインターネットを利用することができます。

スマートフォーンを使ってモビットのカードローンを利用するには、基本的にパソコンでの操作手順と変わりなく利用することができるようになっていますが、パソコンはモビットのホームページより会員専用のMyモビのサイトに接続して、モビットカードローンの各種サービスを受けるものとなりますが、スマートフォーンにおいては専用アプリケーションを使って利用するものとなります。

スマートフォーンのモビットアプリケーションを利用することで、申し込み時に必要な書類を電子化してモビットに送付することができるようになっています。また、スマートフォーンからの振込融資においても端末機器を自動認証する仕組みとなっていますので、安心して利用することができます。