お金を借りたいと思えばどこで借りるのが一番いいでしょうか。多くの人は銀行と答えることでしょう。それは昔からお金の出し入れは銀行であることが基本であるからです。しかし、多くの人が銀行でお金を借りたいと思っていても銀行でお金を借りることができる人はそれほど多くはありません。銀行でお金を借りるということになると現在では二つのパターンがあることと思います。

一つはカードローンです。カードローンと聞くとそれは消費者金融会社の金融商品では?と思う人も多いことでしょう。しかし、それは考え間違いをしているといえます。というのもカードローンは消費者金融会社だけの金融商品ではなく、銀行の多くもカードローンをメインの金融商品として取り扱っているのです。それでは消費者金融会社のカードローンと銀行のカードローンの違いはどのようなものでしょうか。

それはやはり金利の違いであることが一番大きいでしょう。ご存知のように消費者金融会社に比べて銀行のほうが金利が低いのが一般的です。というよりもそれが銀行と消費者金融会社の最大の違いということがいえるでしょう。それはどこからくるのかというと、消費者金融会社はお金を出すだけだして、融資先である私たちからの金利だけが主な収益源となります。しかし、銀行は黙っていてもというと語弊があるかもしれませんが、私たちから支払い以外にも預け入れという収益源があるのです。

もちろん私たちが預けているのですから、銀行の純然たる資金とはいえないかもしれませんが、銀行は私たちが預けたお金をまとめて運用することでその運用益も得ているのです。たとえば私たち一人が1万円預けたとしてもそれは1万円でしかありませんが、それが千人あるいは1万人ということになると1千万円あるいは1億円ということになります。

このくらいの金額になると少し転がしただけで莫大な利益となることもあるのです。誰も消費者金融会社にお金を預けようとは思いませんから、そういった意味では銀行は金利以外にも、収益を出しやすくそれによって金利を低く抑えることができるということですね。これは以外と知られているようで知られていないことです。これこそが銀行の最大の特長であって、消費者金融会社にはないメリットということがいえるでしょう。銀行と消費者金融会社の最大の違いであることが金利の差として現れているということですね。

そして無担保ということは信用だけでお金を貸しますよということです。現在のカードローンは無担保ローンとなっていますから担保は必要ないということですね。住宅ローンとなると、担保も無担保も選択することが可能ですが、今回は無担保ローンの照会となっていますので住宅ローンは欄外ということにしています。いずれにしても、現在の融資の主役としてはカードローンであることは間違いないということがいえるでしょう。ここでは低金利のローンを照会しています。

銀行でお金を借りるのは難しいのか?

銀行のイメージは多くの人にとってはお金を預けるところ、あるいはいろいろな支払いをしてくれるところといったことではないでしょうか。また、銀行ではまとまったお金を貸してくれるところでもあります。銀行は多くの人から預金としてお金を集めて、そのまとまったお金を運用して運用益を得ているのです。それが一番の収益源となるのですが、他にはまとまったお金を貸すことでその利息によって収益をあげてもいるのです。

運用益と利息の収益が利益の二本柱ということになるわけですね。ですから、銀行としてはいくらでもお金を貸したいというのが本音です。しかし、お金を貸すということは返してもらわなくてはいけません。その返済額の中には銀行の収益の二本柱の一つの利息も入っているのです。

ですから、銀行は確実に返してくれる人にしかお金を貸すことはありません。銀行からするとお金を貸すという行為について審査をすることになります。その審査というのは融資を申し込んできた人に本当に返済能力があるかどうかを調べるということなのです。

審査の基準は門外不出となっていますのでそのあたりは想像するしかないのですが、銀行はほかの金融機関でもある消費者金融機関と比べても審査の基準が厳しいとされています。それは返済が滞るのをとても恐れているといってもいいのです。

ですから銀行でまとまったお金を借りるということは簡単ではないということをしっかりと覚えておきたいですね。ですが、銀行の無担保ローンは低金利ですから困った時は利用してみてはいかがでしょうか。

都市銀行か地方銀行どちらが良い?

皆さんがお金を借りるとすればどの金融機関を選ぶでしょうか。一般的にお金を借りようと思えば銀行がいいのは誰もが思っていることでしょう。銀行の無担保ローンは低金利ですから、他の所よりは安心できますよね。

ですが銀行にしても信用が第一ですから、返済能力のある人、信用がある人にお金を貸したいと思うものです。返済能力のある人というのは安定した収入がある人ということになります。この場合は自営業を営んでいる人に比べて会社に勤めるサラリーマンのほうが有利となるのは当然といえるかもしれません。

また、信用のおける人というのはその銀行ですでにお金を借りた経験のある人、あるいは給与の振込先であることや公共料金の引き落とし先に指定されているといったことがあげられます。これは、お金を借りる際の条件になっている場合もあるのです。ですから、給与の振込先をあらかじめ銀行指定することで無担保ローンが借りやすくなるということもあります。

また、銀行の中でも地場の銀行と都市銀行ではどちらの銀行がお金が借りやすいでしょうか。多くの人はい地場の銀行だと思うことでしょう。一昔前というかひところまではそうでした。都市銀行も必ずしも個人に対しての融資に積極的であったとはいえない時代がありました。

その一方でここ数年、消費者金融会社を傘下におさめ、そのノウハウを得たことから個人向けの無担保ローンを次々と金融市場に出してきたのです。今では都市銀行のほうがお金が借りやすくなっているといった逆転現象がおきているというわけですね。

銀行から借入するメリットとは

お金を借りようと思えば一番いいのは銀行からお金を借りることでしょう。お金を借りるところとしては銀行以外にも消費者金融会社があります。現在ではそのイメージもソフトになったようにも思えるのですが、いまだに消費者金融会社=サラ金と考えている人も多く、やはりイメージ的には銀行に比べても落ちてしまうということは否めないようです。

それでも実は無担保ローンの代表格といえるカードローンは銀行も消費者金融会社も金融商品として大々的に売り出しているのですが、その内容は銀行にしても消費者金融会社にしても大きく変わることはありません。むしろ消費者金融会社のほうがノウハウがありますので、かゆいところにも手が届くようなきめ細かいサービスができるといったメリットも多くあるようです。

それでも多くの人は銀行からお金を借りるほうを選ぶと思います。それは長年培ってきた銀行に対する信用が一番であるといえるのは間違いありません。磁場の銀行であれば、なおさら公共料金の引き落としや給料の振込先としてより生活に密着しているといえるのです。

そのような強固な関係から、銀行ならお金を貸してくれると考えるのはごく当然のことだといえるでしょう。一般的に銀行のほうがお金を借りる際の審査は厳しいと思われがちです。しかし、審査内容が表に出ることはわかりませんし、ひところに比べても銀行で借りることはそれほど難しいことではなくなったのが現在の金融業界の特徴といえるのではないでしょうか。