最近は景気が良くなったと言われていますが、給料はなかなか上がらなかったり、残業があまりなかったりする状況にある時代です。ということは、給料が少ない月も出てくるはずです。給料は支給額ではそれなりにあったとしても、いろんな控除で差し引かれて支給されるために、年収と比べると大幅に少ないということがあります。

生活に困って、でも迷惑をかけたくないから、無担保・保証人不要のローンでお金を借りるということになるのですが、無担保・保証人不要のローンでお金を借りる時に残業がなくて、手取り収入が少ない時を考えて、ローンでお金を借りるのが賢い借り方と言えるでしょう。

もちろん、無担保・保証人不要のローンでお金を借りたら、お金を分けて返していくわけですから、その分生活で使うお金は減らすという努力は必要になるわけですが、ローンのお金を返すときの生活費と収入が少ない時を考えて借りるようにしましょう。ローンの限度額に余裕があっても、余計なお金は借りてはいけません。余計なお金を借りると、ローンのお金を返す時に自分の首を絞めるだけです。

無担保・保証人不要のローンでお金を借りる場合は、収入に残業代は含めない方がいいと思います。本来の収入は残業代を含めた額なのですが、残業代というものは流動的なもので、仕事の状況によっては残業がないことも考えられます。結果、その月の収入が少ないということもあります。

無担保・保証人不要のローンでお金を借りる時に、残業代を考えてしまうと、収入が少ない月に返すのが苦しいとなってしまうのです。結果、信頼を失いかねない結果を招くのです。残業代はないものと考えて、堅実にローンのお金を返すことができる金額を考えて、借りるようにしてください。それが信頼への近道だと考えます。

お金を借りる際の例外って何?

例外というのは、「総量規制」の例外のことです。総量規制というのは、「借入額が年収の3分の1を超えてはいけない」というもので、それには一部例外があり、その場合については、総量規制の金額を超えた借り入れができます。

その代表例として、急に倒れて病院に入院して、手術を受けなければならない場合が挙げられます。
しかし、総量規制を超えてローンで借りる必要があるのであれば、その前にお金をそこまで借りていたとしたら、そこまでローンで借りて何をしていたのかという疑問が生じます。

その場合、もともとローンで借りていたお金に病院のために新たにローンで借りたお金が上乗せされるので、ローンのお金を返す時に大きな負担になるのではないかと思います。

また、これでローンのお金を返すことができなくなった場合は無担保・保証人不要といっても、資産があれば、没収されることになる場合もあります。
いざという時にローンでお金を借りるようにするということにしておけば、普段はローンでお金を借りることはしなくても、いざという時にローンでお金を借りることができて、あとからローンのお金を返すことが負担にならなくて済むのではないかという部分もあります。

最近は収入が少ない人も多いということから、生活に困ることもあります。その時は最低限しのげるだけの金額を無担保・保証人不要のローンで借りて、生活を切り詰めて返して、信用を得ておいて、ローンでお金を借りるということも1つの選択肢かなと思います。

総量規制の例外というものはありますが、基本的には無理のないローンでの借り入れと返済が大切であるということを考えて、お金を借りるようにしてください。

自分の信用を増やしていこう

これまでにも話してきたように、無担保・保証人不要のローンでお金を借りたら、ちゃんと返していけば、信用が付きます。信用は「無担保・保証人不要のローンで1回お金を借りたら、完済する」ということを繰り返していけば、増えていくものなのです。

無担保・保証人不要のローンでお金を借りて、返している途中で新たに借りてしまうと、返すのが辛くなって、返すことができなくなるといったことも多くあるように感じますので、無担保・保証人不要のローンでお金を借りたら、そのお金が完済するまでは一切借りないということを心がけてください。
それが結果として、信用につながるのです。

また、複数の会社から無担保・保証人不要のローンでお金を借りてしまっていたら、ローンで借りたお金を別のところの返済に回すということになるので、複数の会社から無担保・保証人不要のローンでお金を借りるというのもしないようにしましょう。ローンで借りるところは1つにしておきましょう。

信用を得ることは信用を失うよりも難しいことです。信用は小さな心がけの積み重ねであると思います。無担保・保証人不要のローンでのお金の借り方にしても、お金の返し方にしても、小さく借りて、ちゃんと返すことを積み重ねていけば、無担保・保証人不要のローンでお金を貸す側からすると、大きな信用として認めるのです。逆に限度までローンで借りて、返すのが連絡なく遅れたりとかすると信用できないと判断されてしまうのです。

何事にも背伸びしないことがいいといいますが、無担保・保証人不要のローンでもお金の借り方、返し方についても、自分の収入にあった方法を選ぶことが大切であると思います。背伸びしないやり方が信用につながり、いざという時に手助けとなってくれるのです。
背伸びしないやり方で信用を増やしていきましょう。

ちゃんと相談していこう!

前述のとおり、無担保・保証人不要のローンでお金を借りたら確実に返して信頼を勝ち取ろうということでしたが、何らかの事情で返すのが難しくなることがあると思います。
その場合は、無担保・保証人不要のローンでお金を借りた会社から電話がかかってくる前に必ず自分から電話をしたり、窓口に行ったりして、相談をするようにしましょう。
相談をすることによって、ローンのお金の返し方を見直したりすることができます。病気で入院したり、災害にあったりしてローンのお金が返せないという状況になっている場合は待ってもらえることもあります。相談は自分がちゃんとローンのお金を返そうと思っているという誠意を債権者に対して見せることができます。

しかし、相談をしなかった場合や債権者から電話がかかってしまう場合は信頼が少なからずないものとされてしまいます。信頼を失いかけてしまっても、回復には時間がかかってしまいます。

信頼を失いたくないのは、誰でもそうだと思いますが、隠すことはしないで、自分のありのままの状況を説明して、ローンのお金の返し方について相談に乗ってもらうようにしてください。

そうすれば、ローンのお金を返す意思があると思ってもらえますし、そのあと返していけば、確実に信頼を得ることができます。
信頼はお金で買うことはできません。ローンのお金のことだけでなく、信頼は人間関係でもあります。お金を借りた会社の方から、信頼を取ることによって、信用情報としていい意味で記録されて、今後自宅を購入する時とか車を買う時とかにショッピングローンが無担保・保証人不要でも利用しやすくなります。

ちょっと、困ったなとか引っかかるなということは、無担保・保証人不要のローンでお金を借りた会社にちゃんと相談をしていきましょう。