キャッシングを利用する場合、申込みを行います。

また、申込みを受けると各融資機関、融資業者ともに審査を開始します。
更に審査が終了後、可決すれば契約しキャッシングが利用できます。
この過程で、必要となるものは、通常本人確認書類のみです。

本人確認書類とは、運転免許証や保険証、パスポート等があげられますが、キャッシングを利用する場合は、基本的にこれらの証明書類のみでOKです。

ただ、場合によっては本人確認書類以外にも収入を証明できる書類が必要となります。
収入を証明できる書類には、給与明細や源泉徴収票等がありますが、こうした書類は集めるにも面倒です。
しかし、現在は収入証明の提出必要なくキャッシングは利用できます。
所得証明不要の条件は?というのは、各融資業者や融資機関によって異なります。

融資機関や融資業者では、申込みに必要な書類などのところに必要書類の記載があります。
そこで「○○万円以内」の融資なら本人確認書類のみでOKですが「○○万円以上」の利用なら収入証明が必要ですと記載されています。
なので、この条件は各融資機関によって異なり、融資業者によっても違います。

例えば、貸金業者でキャッシングをする場合は、基本的に50万円以内の融資なら本人確認書類のみでOKです。
しかし、50万円以上の融資を希望する場合は、本人確認書類と収入を証明できる書類が別途必要になります。

しかし、融資機関のカードローン等をみると100万円以下の融資まで本人確認書類のみで、利用が実現し、100万円以上の融資から収入証明と本人確認書類が要るとされる融資機関もあれば、200万円以内の融資まで本人確認書類のみでイイですよ、という融資機関もあります。

つまり、所得証明書類の有無は、各融資業者、融資機関によってその条件が違うという事なのですが、消費者金融業者をはじめとする貸金業者のカードローンの場合は、いずれも50万円以内まで収入証明書類が必要ないとなりますが、50万円以上の利用になると本人確認書類と収入証明書類が必要になります。

それに対し銀行の扱うカードローンの場合は、比較的条件が柔軟で100万円までの融資が一般に収入証明の必要なく利用できます。
このように所得証明不要の条件は各融資機関や融資業者によって様々ですが、貸金業者の場合は、一律50万円以内の融資までに限り所得証明書類の提出が要らないようになっていますが、融資業者によっても額に関係なく収入証明書類の提出と本人確認書類の提出が必要になる事もあるので、利用に際し面倒なのは嫌だという場合は、銀行の扱うカードローンが比較的条件が柔軟なので、収入証明書類提出も無く済みます。

基本的にみなさん、キャッシングをする場合は、所得証明等を用意するのは面倒という方は多く、用意するのも大変だという方が多いので、収入証明の必要の無い範囲内でキャッシングを利用していますが、キャッシングの利用状況によっては、収入証明書類を用意しなくてはいけない場合もあるようです。

所得証明不要にカードローンについて

急にお金が必要になったことで、カードローンに申し込む人は多くいます。カードローンに申込の際、当然ながら、本人確認を厳重に行うようになります。また、更に審査が厳しい金融会社においては、年間の所得を客観的に証明する所得証明を求められることもあります。所得証明書を提出することで、申告した収入に偽りがないことが、きちんと証明されるのです。そのため、所得証明は、カードローンの利用においては、決して欠かすことのできないプロセスとなるのです。

しかし、そのような現状であるにも関わらず、所得証明が全く必要ないカードローンもあるのです。このような話を聞くと、「そんなバカなことはない」と間違いなく感じることでしょう。審査を厳重に行っている金融機関が、不景気の時代にあり得ないと思うのも、決しておかしくはありません。では、どういう場合に所得証明がなくてもカードローンの申込をすることができるのでしょうか。それは、希望融資金額がある一定の金額以内である場合です。

カードローンにも、銀行系ローンとか消費者金融とか、いくつか種類があり、どの種類のカードローンでいくら希望するのかによって、所得証明が必要か否かが変わってくるのです。ここでは、自分にぴったりなカードローンを探すことができるように、人気のカードローンの中でも、所得証明不要のカードローンの特徴を金融会社ごとに説明してあります。それぞれの金融会社の商品ごとに、商品の特徴を比較すれば、どのカードローンが自分にぴったりか分かるようになりますが、まずはその前に、所得証明不要になるのがどういうケースなのかについてお話します。

まず、銀行系カードローンの場合です、銀行系ローンは、通常は高額の融資になることが多いため、ほとんどの場合所得証明が必要になりますが、一部の銀行系カードローンでは、それが不要となります。しかも、所得証明不要のカードローンであるにも関わらず、審査に通れば100万円まで借入することができるのです。所得証明書を第三者に見せるのは、人によっては気が引けるかもしれません。自分の収入が知られてしまうので、「こんな自分みたいな低収入な人が相手してくれるのか」などと自分を卑下してしまうのです。

しかし、一部の銀行系カードローンなら、そんな心配は要りません。また、中には200万円までの融資なら、所得証明が必要ないこともあります。このように考えてみると、銀行系ローンでも、所得証明書を用意するための時間や手間をかける必要がないことが分かります。所得証明書を用意するためには、ある程度時間と手間がかかるため、非常に面倒くさく感じるのです。
では、消費者金融のカードローンの場合はどうでしょうか。

消費者金融は、どちらかと言うと、庶民的なイメージがあるため、融資希望金額が比較的少ない場合に利用されます。消費者金融の場合は、希望融資金額が50万円以内であれば、所得証明不要です。銀行系ローンと比べると、金額が少ないと感じますが、それには理由があります。
消費者金融の場合、銀行系ローンとは違って、総量規制の対象になります。そのため、年収の3分の1以内までしか借入することができず、その結果、一人あたりの融資可能金額に、どうしても限界を生じてしまうのです。

収入証明書類はどうしても必要なのか?

カードローンを利用するに伴い収入証明書類の提出は必ず必要というものではありません。

融資商品により「原則収入証明書類は要りません」という融資機関もありますので、収入証明は必ずカードローンを利用するに伴い必要というものではありません。

基本的に融資業者も融資機関も収入証明の提出する条件をもうけています。
なので、その条件を確認すると融資額によって収入証明書類の提出に必要性が異なりますので、収入証明書類を提出しなくてもいいローンを利用したいという場合は融資条件・特徴の中の「申込みに必要なものの部分」を確認してください。

平均に収入証明書類がローン利用に伴い必要になるのが、中堅の消費者金融業者で、消費者金融業者、銀行&信用金庫の順にカードローンを利用に伴い収入証明書類が必要です。

中堅業者は金額に関係なく収入証明が必要で大手消費者金融業者は50万円以上で収入証明書類が必要です。
その他融資期間は、おおよそ100万円~200万円利用の場合で収入証明書類が必要となります。
■収入証明なくカードローンを利用するには?

カードローンを利用に伴い通常身分証明書類が必要です。

でも希望する金額によって収入証明書類も必要になるので、収入証明書類の必要なくカードローンを利用したい場合は、大手銀行、地方銀行、信用金庫等のカードローンが比較的高額な借り入れの場合でも収入証明書類の提出なく利用できます。

収入証明書類を用意するのは面倒ですし、もしかすると職場にいちいち再発行してもらわないといけない場合もあると思いますので、そうした面倒な手間無くカードローンを利用したい場合は、融資機関の扱うカードローンを利用すれば簡単に比較的スムーズに利用できます。

しかも融資機関が扱うカードローンは、低金利なものが多く最近はポイントが貯まり、色々なサービスが付いているものも多いので、カードローンはお得に負担なく利用するためにも消費者金融業者のカードローンよりは銀行等が扱うカードローンの方が便利に使える1枚になると思います。

ただし融資業者や融資機関によって審査傾向が異なるので、その辺も含め総合的にカードローンを利用の際には確認しじっくりと検討される事がお勧めです。

住宅ローンと所得証明について

住宅ローンを利用する場合は、当然融資額が高額となるため融資を申込みに伴いかなり色々な書類が必要になります。

例えば、住宅ローンを申し込むにあたり、ローンの借入申込書はもちろんの事、本人と確認できる確認書類、給与証明書や源泉徴収票等の収入を確認できる所得証明、印鑑証明、団体信用生命保険申込書等が必要になります。

当然、住宅を購入する、もしくは建てる場合はそれ相当の額が必要になるため、色々な書類を揃える必要があります。
住宅ローンの場合は、どうしても金額が大きく高額融資を行いますから、所得証明が必要になります。
なので、家を建てたり、リフォームなどに使用するためのローンは、どこで借入しても所得証明が必要になりますし、どこで借りても色々な書類が必要になりますから、住宅ローンを利用に伴い所得証明の必要が無い融資機関や融資業者はありません。

所得証明不要の条件は、希望する額が低いものに限るため住宅ローンのような高額融資を受ける場合はどこでも所得証明が必要になります。
■所得証明はどうしても融資に必要なのか?

所得証明は融資に伴い必要です。

ただし、その融資によって所得証明の必要性は違ってきます。

簡単に言えば、融資額が大きいと所得証明が必要になり、融資額が小さければ所得証明はほとんど必要ないという事。
消費者金融なら50万円まで所得証明は必要ないが、それ以上になると所得証明が要ります。
融資機関であれば、100万円~200万円程度の融資なら所得証明が必要ありませんが、それ以上になると所得証明が必要です。

このように融資額により所得を証明する書類の必要性が違うので、所得証明なく融資を受ける場合は、銀行のカードローン等を利用するとその希望が実現出来るという事になります。
ただ、最近は、所得所証明書類の修正申告が急増しているらしく、わざわざ税金を払わなくてはならない事になるのに所得を多く申告している方が増えているようです。

つまりこれは、背景に貸金業法の改正があり、総量規制があるからこそ、融資を受けるための策として事前に所得を多くする方が増えているという余談となります。