私たちの生活の中で大切なものは、健康とお金ではないでしょうか。健康もお金も普段は何気なく使っていたりして気にしない人もありますが、病気になったときや、お金が無くなってしまった時に初めて健康やお金の有難さが分かるものとなっています。健康については、普段の食生活や生活スタイルに留意したり、定期的に健康診断を受けるなどで美容器の予防を行うことで健康を維持することはある程度可能となってきます。

しかし、お金に関しては何時なんどきに急な出費があることもあり、慌てた経験のある人も多いのではないでしょうか。昨今、景気が回復気味と言われており各企業の業績も徐々に回復してきたことから、賞与が出る企業も多くなっています。

しかし、リーマンショック時など経済状況が悪化したときは、ほとんどの企業の業績が悪化したことにより、賞与のカットだけでなく、給料の一部カットする企業も多くありました。

ただ、給料のカットだけで済んだ人はまだマシで、中には人員整理に踏み切った企業も少なくはないため、リストラされた人も多くあります。また、バブル崩壊以降、山一証券など企業倒産も相次いだことから、収入が断たれてしまった人も少なくはありません。

賞与や給料の一部がカットされたり、収入が断たれてしまっても、光熱費や子どもがあれば教育費など毎月支払わなければならないものもあるため、お金のやり繰りに翻弄した人もあるのではないでしょうか。

こうしたお金が無いときに限って、冠婚葬祭などがあることも多く、急な出費が必要となってきてしまうことになります。急な出費や毎月の支払でお金が足らない場合。支払いを待ってもらえる場合があればありがたいものとなりますが、冠婚葬祭では直ぐにお金が必要な場合もあるため、お金を用意するのに困ってしまいます。このようなとき、一時的にお金を借りて急場をしのぐことが出来れば、少しは助かるものとなります。

一般的にお金を借りるとすると、銀行か消費者金融となります。一昔であれば、サラ金と言う言葉が色々と問題となった時代においては、サラリーマン金融業者からお金を借りることが一般的でした。

現在は、サラリーマン金融の名称が消費者金融と改名されていますが、サラ金地獄と言われたように悪質なサラ金業者が問題となったことから、消費者金融からお金を借りることを敬遠する人も多くあるようです。しかし、現在の消費者金融の多くは、銀行に吸収など傘下に入り、銀行系の消費者金融としてサービスを展開していますので以前のような問題は少ないのではないでしょうか。

また、現在はキャッシングに関する法律が整備されていますので、悪質な貸し付けができないようになっていますので安心してキャッシングを利用することができるようになっています。また、銀行などもカードローンによるキャッシングサービスを展開しており、カードローンでも即日にお金を借入することができるようになっていますので、利用する私たちとしては選択の範囲が広がったものとなります。

今日借入するには?

急にお金が必要となり、お金を借りようとしてもすぐにお金が借りられなくてはあまり意味がありません。

同じキャッシングの商品であっても、その方法によっては即日にお金を借入できないこともありますので、不安な時は消費者金融か銀行の相談窓口に問い合わせて確認することが必要となります。

近年、金融規制緩和により個人向けの融資サービスにおける競争が激化しています。特に銀行のカードローン登場により、これまで個人向け融資の定番であったキャッシングとのサービス競争は激化しています。

中でも、スピードキャッシングのサービスにおいては、銀行や消費者金融の中では1秒を争うほどの勢いとなっていますので、利用する私たちにとってはありがたいものとなっています。

一昔、インターネットの普及がまだあまりなかったころにおけるキャッシングによりお金を借入する場合、消費者金融の窓口か無人契約機での借入が一般的となっていました。特に無人契約機の登場により、即日に借入できるとして大変人気を呼び、ニュースなどでも話題となりました。

しかし、無人契約機でのキャッシングは、その手続きに最低でも2時間程度はかかるため、キャッシング利用者は無人契約機の前で足止めとなってしまうことになりました。現在、無人契約機も改善されることになりましたが、それでも1時間程度はかかってしまいます。近年、即日に借入できるキャッシングとして注目されたのは、インターネットかから24時間何時でも数秒程度で即日どころか、即秒で借入できるカードローンキャッシングが注目されています。

借入できる人とできない人

近年における金融規制緩和により、個人向けの融資は銀行カードローンの登場によりより早く便利なものとなりました。

スピードキャッシングにおいては、即日に借入できるのは当たり前のサービスとなっており、三菱東京UFJ銀行のカードローンやモビットのカードローンでは、インターネットからの借入であればわずか10秒足らずで指定の口座にキャッシングにより借り入れたお金が振り込まれるものとなっています。

しかし、だけでもキャッシングで即日にお金を借入できるものではなく、カードローンやキャッシングにおいては必ず審査があるものとなっています。

現在のようなスピードキャッシングによる即日にお金を借りることができるようになった背景には、コンピュータシステムの急速な進歩によるところが大きく、各信用情報機関への照会を瞬時に検索して処理できるようになっています。このあたりは銀行の個人向け融資サービスの参加が大きいところになり、既に全銀システムによるコンピュータネットワーク化が進んでいる銀行にとって、信用情報の照会は容易いものになります。

当然、過去にキャッシングを利用して延滞や債務整理があることになれば、信用情報にその記録が残るため現在の収入状況を調査したりと審査が厳しくなるとともに時間もかかるため、即日にキャッシングでお金を借りることは難しくなってしまいます。

同様にクレジットカードでも延滞歴や現在延滞していることになれば、即日のキャッシングは厳しくなってしまいます。