キャッシングの歴史は、言い換えれば消費者金融の歴史です。現在の即日で借入が可能なキャッシングについて考える前に、キャッシングの歴史・消費者金融の歴史を整理しておきます。

キャッシングが登場したのは1960年代、高度成長期のときです。物不足から物余り時代に移り、質屋という金貸しが成立しなくなってきたことが背景になって消費者金融が登場しました。

その消費者金融は団地金融と呼ばれた金貸しで、団地住まいのサラリーマンを対象に無担保、無保証で始めたのがキャッシングです。
当時は、団地に入居するには所得審査があり団地に住んでいるのは高所得層のサラリーマンでしたから、遅滞なく返済できる可能性が高く担保や保証人がなくても回収不能のリスクがないことで、キャッシングが可能だったのです。

1970年代にはいり、オイルショックを迎えます。この不況は一般家庭にも大きな影響を及ぼし、サラリーマンを中心に借金をせざるを得ない人が急増しました。そのときにサラリーマンを主な顧客にして貸付を行ったのが消費者金融であったことから、消費者金融はサラ金という名称で呼ばれました。また、サラ金業者が街中にあふれるほど次々と誕生したことから、「街金」とも呼ばれました。

当時のサラ金は、法律の不備を突いて、過剰で高金利な悪質融資を行ったり過酷で暴力的な取立てを行ったりすることがあったことから、夜逃げをする人や自殺者などを多数発生させました。これが、「サラ金地獄」といわれる大きな社会問題になるとともに消費者金融に対しての悪いイメージを定着させ、現在まで引きずってしまうのです。

こうした社会問題を発生させながらも急成長する消費者金融業界に本格的にメスが入れられたのは1983年のことで、貸金業規制法(現貸金業法)と出資法一部改正法案の成立です。消費者金融の健全な運営を目指し、業者登録制の導入や利子の上限引き下げなど消費者金融業の規制、キャッシングの規制に焦点を当てたものです。法律の整備にともない、それまで暴利を貪っていたサラ金業者は1983年の約23万社から1984年は3万3千社にまで激減しました。

1990年代に入りバブルが崩壊すると、不況に強いと言われる消費者金融が再生します。消費者金融の看板が街中にあふれ、駅頭ではティッシュを配り、自動契約機が導入され、テレビではゴールデンタイムにCMが流れました。また、株式の上場で莫大な利益を得る会社も現れました。

しかし、2000年代前半から始まった銀行の個人向けキャッシングローンへの参入に続き、2010年には貸金業法が改正されて、貸付金額の総量規制や審査の厳格化が義務付けられました。
このことで、消費者金融は軒並み収益を低下させました。中小消費者金融は次々と倒産、大手消費者金融でさえ銀行との提携や銀行の子会社の道を選択しているところが大半です。

消費者金融は、受難の時代を迎えて以降、過去の暗いイメージを引きずってきたキャッシングのイメージアップを図ってきました。また、一昔前では考えられなかった安心・安全をキャッチフレーズにした銀行との提携、テレビによるキャッシングのイメージアップCMの本格展開などによって、今や、キャッシングの持つ暗いイメージや借金は悪であるといったイメージは、大きく変化してきたといえるのではないでしょうか。

実際に早い即日借り入れ先はどこ?

即日借入を謳っている借入先はたくさん存在しますから、実際に本当に早く借入出来るキャッシングはどれなのかがイマイチわかりづらいですよね。
よくキャッシングのサイトに「最短審査○○分」と書かれていますが、仮審査の時間を書いているキャッシングもあれば、実際の本審査の時間を書いているキャッシングもあります。
本当に急ぎでお金を借りたいという方は、このあたりを明確にしてほしいはずですよね!

当サイトの管理人が実際に申込をしてみたのが、プロミス、モビット、アコム、バンクイックの4社ですが、そのキャッシングも最短審査30分と謳っていました。
結論から述べさせてもらうと、一番早く借入出来たのがアコムでした。その次にプロミス、その次のモビットで最後にバンクイックという順番になりました。
実際に最短審査30分と謳って、そのスピードを実感出来たのが圧倒的にアコムで、カードを受け取ってお金を借りるまでに実際かかった時間は約1時間程度でした。

他社の場合は仮審査に30分かかったあとに本審査で20分かかったりと、よく分からない感じになっていましたがアコムは正真正銘の早さで感動しました。
カードも自動契約機から直接うけとってATMからお金を借入する事が出来るので、即日借入が必要な場合はアコムをオススメします。

キャッシングの種類

即日で借入れ可能なキャッシングは、大きく2つの視点から種類を分けることができます。
1つはキャッシングを取り扱っている金融機関の系列を視点にして種類を分けるものと、もう1つは、そのキャッシングが利用を求めている対象者を視点にして種類を分けるものです。

系列を視点にすると銀行系、信販会社系、消費者金融系、クレジットカード会社系、IT(Information Technologyの略で、情報技術の意味)系などの種類があります。

銀行系のキャッシングは、銀行本体が行っているものと銀行の子会社や同じグループの消費者金融が行っているものの2タイプです。
系列のなかで特筆すべきなのは、近年話題を呼んでいるIT系のキャッシングです。大手IT企業グループが運営する貸金業者が、得意なIT技術を活かしたキャッシングを展開し始めました。カードを使用しないキャッシングの導入や営業用店舗を設置しないオンラインだけのサービス展開をすることで余分な経費を掛けず、貸付金利を低く抑えることに成功しています。

対象者を視点にするとフリーローン、レディースローン、学生ローン、ビジネスローン、パート・アルバイト、派遣社員、専業主婦、外国人などの種類があります。
対象を絞り込み、その名称を付けたさまざまなキャッシングがあふれています。どのような人でも顧客にしていこうとする営業方針の現れといえるでしょう。

これらのキャッシングは申込条件として対象者が限定されていますが、融資条件においては、通常のキャッシングと比較して特筆するほど大きな違いはないようです。

キャッシングとカードローンの違い

歴史的には、消費者金融ではローンともキャッシングとも呼んできましたし、銀行では貸付のことをローンと呼んできました。しかし、いつのころからか、短期で小口の貸付をキャッシング、比較的長期で大口の貸付をローンと表現されるのが一般的です。

キャッシングは比較的短期で小口の貸付ということもあって、返済方法は翌月一括払いを原則にしていました。一方、ローンは住宅ローンやリフォームローンなどのように長期で大口な貸付ということもあって、返済方法は分割払いやリボ払いでした。
このように、キャッシングとローンでは、返済方法において明らかな違いがあったのです。

そこに、銀行や銀行系消費者金融が、キャッシュカード(または専用カード)を使ってキャッシングサービスを利用できる個人向け小口融資のカードローンを開始しました。

当時は、消費者金融のキャッシングも専用カードを使用するスタイルになっていたことから、カードを利用するキャッシングは目新しいものではありません。

しかし、このカードローンは、キャッシングでありながら返済方法においては他のローン同様に分割払いやリボ払いの商品として登場したのです。利息が安く返済方法に弾力性のあるキャッシングは、利用者から大きな支持を受けました。
このカードローンへの対応策として消費者金融がすすめたのが、キャッシングの翌月一括返済の原則から、リボ払いや分割払いを認める方向への転換です。

返済方法がカードローンと同じキャッシングの登場とローンの名称の付いたキャッシングの登場で、キャッシングとカードローンはますます区別のつかないものになっているのが現状といえます。違いについて理解してから即日の借入を行うようにしましょう。

キャッシングの金利と総量規制

2010年に貸金業法が改正施行されるまでは、貸金業者は利息制限法の定めを超えるが出資法に定めは超えない金利、いわゆるグレーゾーン金利でキャッシング(貸付)を行っていました。

現在、金利の上限を定めている法律は2つあり、1つ利息制限法でもう1つは出資法です。両法律ともに消費者保護の観点で上限金利が規定されており、それを超えた金利を設定した場合には刑罰が科せられたりキャッシングそのものが無効になったりします。

利息制限法では上限金利を15~20%と定め、これを超えた部分の金利は法律上無効になります。また、出資法は上限金利を20%に定め、これを超えた金利でキャッシングをした場合は、刑事罰が科せられるのです。こうしたことから、貸金業者で開きがありますが、現在は、10数%から20%で金利が設定されています。
総量規制とは、個人の借入総額を年収の3分の1以内に制限する仕組みです(一部除外・例外になるケースがあります)。

個人からキャッシングの申込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関に登録されている信用情報を使い、借入残高を調査する義務があります。キャッシングによって年収の3分の1を超える場合はキャッシングできませんし、キャッシング残高が10万円を超える場合は3カ月以内に1度、信用情報機関で残高確認をしなければなりません。

また、自社のキャッシング残高が50万円を超える場合や他社を含めたキャッシング総額が100万円を超える場合は、所得証明書などの収入を明らかにする書類の提出を求める義務もあります。

こうした上限金利の引下げや総量規制の導入は審査基準の引上げや利用者の減少につながりました。その結果、中小の貸金業者の相次ぐ廃業や大手消費者金融の大幅な利益減少の原因になったと言われています。

キャッシングの申込から借り入れまで

即日の借入を申込むに当たっては、事前に申込先のサイトで必要書類は何か、返済方法は翌月一括返済かリボ払いかといったことを十分に確認することが前提です。

申込条件は、20歳以上(学生ローンと呼ばれるキャッシングは、18歳以上)で一定の収入または収入見込みがあれば(学生の場合は、アルバイトであっても収入があるものとみなされます)、原則として本人確認書類(免許証、健康保険証、パスポートなど)や所得を証明する書類の提出ですが、金融機関や借入希望金額などによってさまざまですから、事前に確認して準備しておくと手続きをスムーズに済ませることができます。なお、キャッシングは無担保・無保証ですから、申込みに当たって担保や保証人の準備に苦労したり悩んだりする必要はありません。

申込方法は、申込先金融機関の窓口・無人契約機・郵便・電話やファクス・インターネットなどさまざまあり、複数の申込方法のなかから選択できるパターンが多くなっています。とにかく早く簡便に資金を手にしたいということであれば、申込金融機関の窓口や無人契約機で申込みをすることです。もっとも、最近は一般の消費者金融では即日融資が当たり前になってきましたし、インターネットによる申込みの導入で銀行系消費者金融でも即日融資が増えています。

どの金融機関のキャッシングであっても、その金融機関が設定している審査基準をクリアしなければ、キャッシングサービスを利用ことはできません。審査では書類の確認と勤め先への電話などで本人確認を行った後、個人信用情報機関の登録情報で信用度の審査が行われます。この審査で、融資の可否や融資限度額が決定されるのです。

なお、近年、消費者金融の場合、過去の支払遅延などの事故にこだわらない消費者金融もありますので、そうした方でも、借入できる可能性はゼロではありません。

具体的なキャッシングの仕方

審査にパスした人は、いよいよ即日借入のキャッシングサービスを利用できます。
キャッシングは、原則的にはそれぞれの融資元から受け取ったカード(カードの受取方法は、金融機関やクレジット会社によって違いがあります)を使いますので、即日融資を受けることができるのです。

カードを利用する場合は、ローン専用カード(消費者金融発行)・銀行キャッシングカード(銀行および銀行系消費者金融発行)・クレジットカード(クレジットカード会社および提携金融機関発行)のいずれかを使い、提携している金融機関のCDやATM、コンビニのATMなどでも利用できますので、自分の都合のいいときにキャッシングできます。

近年は金融機関の提携関係が複雑になっていますから、カードを受け取った際に、どこのCDやATMを利用できるかを確認しておくことが必要です。また、CDやATM、窓口での現金受取りによるキャッシングではなくインターネットやモバイル、電話で、利用者が指定する銀行口座に振込み処理をしてくれる金融機関も多くなっています。この場合でも振込先金融機関の営業時間内に審査が終了すれば、即日融資を受けることが可能です。

ATMを使ってのキャッシングは、実に簡単です。しかし、一つだけ注意をする必要があるのは、クレジットカードでのキャッシングです。クレジットカード以外のカードでキャッシングする場合は、最初の画面で引き出しを選択します。しかし、クレジットカードでキャッシングする場合は、最初の画面にクレジットカードの選択肢があればそれを選びますが、クレジットカードの選択肢がない場合はその他(の取扱い)を選ばなければなりません。

主婦や学生のキャッシング

まず、原則から確認しておきます。総量規制の適用を受ける消費者金融のキャッシング申込み条件は、20歳以上で安定した収入のある(見込みも含む)人です。ですから、アルバイトなどの収入のある20歳以上の学生や短時間パートタイマーの主婦も、問題なくキャッシングを申し込めますが、無収入の主婦や20歳未満の学生はキャッシングの対象から除外されています。

しかしながら、なかには、学生ローンの名称で高校生を除く満18歳以上の学生だけを対象にした即日借入が可能なキャッシングを取り扱う消費者金融があります。また、収入のない専業主婦についても、専業主婦だけを対象にしたキャッシングを取り扱う消費者金融もいくつか誕生しています。

一方、総量規制対象外の銀行および銀行系消費者金融が扱うカードローンと呼ばれるキャッシングは、高校生を除く満18歳以上の学生も専業主婦も申込みが可能です。

具体的には、未成年の学生の場合は、親の同意(連帯保証人ではないので、承諾した親に返済義務が生じるわけではありません)が申込みの条件になります。また、専業主婦の場合には、夫に妻の借入も支払える収入があることが申込みの条件になります。
このように、未成年の学生も専業主婦もキャッシングの申込みは可能ですが、申込みできることと審査をパスすることは全く別なことですから、必ずキャッシングを受けることができる、と誤解してはいけません。

なお、未成人学生や収入のない専業主婦を対象に即日借入可能をうたい文句にキャッシングを行う悪徳金融業者、いわゆる闇金がありますので借入先は慎重に選びたいものです。