私たちはいろいろな生活の場面で、個人や会社での付き合いがある、当月に限ってお金のやりくりがうまくいかない、想定外の事態が発生したなどから、急にお金が必要になることはよくあることです。そこで、「即日でお金を借りるなら」というテーマで、即日にお金が必要となる理由から、即日にお金を借りる方法、そしてお金を借りる際の注意点などについて、まとめてみました。

まず一般的に即日にお金が必要になる場合は、大きくは冠婚葬祭などの社会慣習的な面での出費、また買い物や旅行といった個人や家族レベルでの出費が挙げられます。ある調査によると主婦の場合では、買い物や子供に関連する出費などが最も多い理由となっています。いずれにしても、それぞれの生活環境やライフスタイルによって理由は異なりますが、最初にその理由について充分、確認、納得して借り入れをするよう心掛けることです。

次に、はじめて即日でお金を借りる方法ですが、「カードローン」、「キャッシング」が代表的ものといえます。「カードローン」は、「銀行」「信販」「消費者金融」といった金融機関やカードローン会社などで取り扱われています。各会社によって、即日融資について用意されている商品メニューや融資条件が異なっていますので、内容をよく確認して利用することが必要です。

ところで即日でお金を借りる前に、借入すべき必要な金額はどのくらいか、それは自分の収入や懐具合に見合っているか、無理なく返すことができるかを考え、返済計画をきちんと整理・確認するようにします。

即日借り入れをする前の確認ができたら、実際に借入れ申し込みをすることになります。その申込にはいくつかの方法があります。インターネット利用で、直接店頭で、自動・無人契約機で、電話や郵送で、申込むなどです。簡単でスピィディな利用を考えるなら、インターネット、自動・無人契約機での申込みがあります。

一方でお金を借りるにあたって、その金利について知っておくことが必要になります。お金を借りる際の金利には、金利の高い「上限金利」と低金利の「下限金利」がありますが、融資額や融資限度額により適用される金利は異なります。こうした金利差は返済額に大きな影響を与えます。

実際に借り入れの際には、カードローン会社を比較、選ぶ際のポイントを押さえておくことが重要です。カードローン会社や商品の特徴、利用に伴う各種情報などをしっかりと調べ、目的にあった、安心出来る会社を選ぶことです。

即日融資の審査にあたっては、申し込み者の年齢や職業・勤務先などの基本情報の確認と申し込み者の「信用情報」を調査、確認が行われます。こうした情報が点数化され審査、融資可否や融資内容などが決定されます。

いずれにしても即日融資は大変便利ですが、その利用にあたっては注意も必要です。

まず申込み履歴が残り借り入れに影響する、複数の会社への申込みは避けることです。また、各金融機関によって即日対応可能な受付時間が違うことから、「即日」という言葉の使われ方の実態にも注意が必要といったことが代表的なことと言えます。

即日でお金を借りる前に

即日でお金を借りる前に、まず即日でお金を用立てしないといけない理由、お金の使途や内容、また急いで借りなければならない緊急性が本当にあるのかを確認することが必要です。そこで必要性が確認できれば、次に借入すべき必要な金額はどのくらいか、その場合の必要最低限の借り入れ金額はいくらか、少し多く見積もっていくらの借り入れ金額が必要なるかというふうに、幾通りかの金額を試算・想定しておくことです。

あくまでも借入する金額は自分の収入、懐具合に見合ったもので考え、いくらぐらいの借入金額までなら返済可能な範囲になるか事前に把握しておくことが大事です。この時の返済可能な範囲を超えているとしたら、いくら超えているかを具体的な金額で把握・確認しておく必要があります。

その際、注意しておかなければならないこととして、いくらお金を借りられるといっても、法律で貸金業者等の場合は、利用者の未返済高を含め年間収入の1/3を越える貸付ができないようになっています。銀行の貸付にはこの制限はありません。

いずれにしても、いくらであれば無理なく返すことができるかを考えた返済計画・返済方法(元金均等法など)を借りる前に、きちんと整理しておくことが何よりも重要となります。こうしたことを確認、整理することで自分自身のお金を借入する条件が明確になり、借入する側の希望に見合ったカードローン会社を比較、選ぶ際のポイントにもなってきます。

ところでカードローンで借り入れをする場合には、ローンに利用枠があることで、借り入れ~返済がいつまでも繰り返されてしまう危険性があります。たとえ利用枠があってもその使い方、利用金額には充分な確認、注意が求められます。この他、確認、注意すべき点として借り入れ金利条件や借入先に関する情報等の収集・検討などが挙げられます。

即日でお金を借りる際の注意点

まずお金を即日で借りる際には、個人の過去の借り入れ情報や返済情報、トラブル情報などの「信用情報」が大きな影響を持ちますので、自分自身の状況を充分、確認した上で申込します。また、複数の会社に申込みをしたりするなどの申込み履歴があるだけでも審査にはマイナスを与えてしまう可能性があります。その意味でも申込みは1社に絞るようにするなどの注意が必要です。

次によくあることですが、急いでお金が必要な「即日融資」を受ける場合に気をつけておきたいことがあります。それは「即日融資」でいう「即日」という言葉の使われ方の実態をよく理解することです。この「即日」は、普通であれば当然、融資申込を行った日のことを言います。しかし、融資機関・会社によっては、申し込みから融資決定、口座振込などについて、即日に対応する範囲が異なっていることがあります。

即日融資を受けたいのであれば、各金融機関では即日対応可能時間は「平日の何時まで」と決めているケースが多く、申し込み手続きをその時間までに終わっておく必要があります。一方、無人機で申し込み手続きを取る時は、それが置かれている各金融機関のエリア・場所ごとに申し込み手続きの可能な時間帯が設定されていますので、その時間帯に充分、注意して手続きをする必要があります。

いずれにしても、即日融資を受ける場合は、いつまで手続きしなければいけないかといった時間に対する注意が必要です。そうでなければ、即日に融資を受けられない場合もありますので、確実に融資を受けるためにも、早めに手続きをするよう心掛けるようにします。

また即日という非常に短い時間で、ある程度の確実な融資を希望するのであれば事前に、借入額の設定や金利条件等について検討、借り入れのアウトラインを決めておくことが非常に重要になります。

即日融資の審査手順

即日融資の審査手順・基準は、それぞれの借り入れする会社によってまちまちですが、大おおよそところは次のようになっています。まず即日融資を受ける本人の基本情報(氏名、生年月日、住居情報、勤務先情報、雇用身分情報など)内容が確認されます。ここでのポイントは、融資申し込み対象としての資格(20歳以上、毎月安定収入が見込めるという点)がクリアされているかを見ます。次に即日融資の審査で融資する会社が一番、知りたがっている個人の 「信用情報」を調査、確認します。「信用情報」は申し込み者のローンや支払いに関する情報をまとめたもので、個人情報機関を通じて行われます。

内容的には、申し込み者が過去の融資において融資に対しての未払いがなかったか、毎月の返済状況に遅れがなかったか、他社からの借入れ状況どうなのか、債務整理の経験がないかといったトラブルの有無などといった事故履歴を徹底してチェック、確認します。

そして具体的な審査は、こうした申込者の属性情報を点数化して、申込者の支払い能力を評価測定する方法で行われます。これは「属性スコアリング法」とも呼ばれ、金融機関や消費者金融会社各々でコンピューターシステム化されています。このように大まかに言えば、審査は、「個人の信用情報」プラス「属性スコアリング」結果をベ-スに行われます。しかし、中には即日融資で、年収制限をなくしたり、専業主婦などが利用できたり、希には無審査のものもあります。

審査に問題がなければ、収入状況などにより融資金額が決定されます。融資限度額については、特に初めて即日融資を利用する場合、ほとんどが50万円以下の少額の設定になる場合が多いようです。