率直に申し上げますと、総量規制の影響を受ける業者を書いた方が、総量規制を受けない業者をご紹介するよりも、はやいのです。なぜならば「貸金業」を対象とした業者への規制法ですから。貸金業に該当するのは消費者金融、クレジットカードのキャッシングおよび信販会社の融資、リースぐらいなのです。他は全く違う法律です。

例えばカーローン、オートローン。これは割賦販売法等が適用されます。ただ、この割賦販売法も平成22年に規制が強化されて、収入の確認などが相当強くなっています。

未だ若干混乱があるようですね。ディーラー独自のローンなども事前準備が必要です。また、住宅ローンも銀行その他の金融機関は、銀行法等で、規制の対象外です。収入の3分の1で車や、家を買えと言われても困ってしまいますね。

中古車ならばまだしも家はまず無理です。他に事業資金、教育ローンなども対象外です。

改正貸金業法の対象となった業者は、どちらかというと消費者に小規模融資をしてきた貸金業者です。

お金は借りられればいいというものではございません。

今回対象とならなかった、金融業者にまつわる法律も、改正される恐れがございます。多重債務者が出たとなれば、政府も締め付けを厳しくするということが、容易に想像できます。皆様の判断がお金を借りやすい社会を作るか、その逆の規制だらけの社会を作るかを決めるのです。どうか大人の良識を持って金融商品をご利用くださいませ。もう誰かが慌てなくて済むように。

銀行はOK!

銀行、信用金庫、農協、郵便貯金など通称バンク系と呼ばれる金融業者は、金融業界の花形です。とりわけ大手銀行はまさに「金融界のプリンス」信用度、金利の安さ、取り扱う商品の豊富さにおいて他の追随を許しません。

もともと経済のバランスを調節する大役を担った、お上の覚えもめでたい金融機関。人間で言うと文武両道の生徒会長と言った感がございます。まあ、その分曖昧な気持ちで融資を申し込むと「ご希望に添えません」とくるのがたまに傷ではございますが。

今銀行のカードローンが熱い注目を浴びております。強みは低金利と、総量規制の対象外であることです。後は融資額が消費者向けの金融機関の中でも断トツで多い(申込者の属性によります)ということも特徴です。改正貸金業法以来窮地に陥った、消費者金融を拾い上げて、傘下に収め、そのノウハウを取り込んで、消費者に融資をするコツをつかんだための台頭です。

ただし、銀行には少し弱点がございます。預金や、各ローンの利息を使って国債などの金融商品を運用しているのですが、社会情勢に大きく利率などが、影響を受けてしまうのです。今TPP環太平洋戦略的経済連携協定の論議がありますが規制が緩和され、郵便貯金や銀行に大きな打撃がくるのではないかという危惧もございます。

物事は常にもろ刃の刃です。カードローンは便利なものですが使い方を間違えると大きな不利益が生じることがございます。よくお調べになったうえで、融資を受ける銀行をお決めになってくださいませ。

クレジットカードも対象外?

クレジットカードの機能は主に2つございます。1つがショッピング枠、1つがキャッシング枠です。その内改正貸金業法の適用になるのが、キャッシング枠で、ショッピング枠は割賦販売法という法律の対象なので今のところ対象外です。だからショッピング枠現金化という法の抜け道ができてしまうのです。

実は私のブログ(お金とは全く関係ないサイトです)にも「クレジットカードのショッピング枠現金化は総量規制の制限をうけません」という売込みが来たのですが、私の感慨は「おいおい、ショッピングじゃなくてしょっ引かれるだろうが」というものでした。

この融資のやり方は限りなくグレーに近い黒、犯罪すれすれのやり方なのです。古典的な手法の場合、100円程度の価値しかないものを買わせて高額融資をするというのが定石ですが。そうすると「立て替えている信販会社」をだましたということになるのです。証拠がそろってしまうと、詐欺罪で立件されます。また、カードは確実に没収ですね。

クレジットカードは生活に必要なものを買うためのものなので、融資を受けるために使うのは、契約違反とみなされるのです。約款に書いてありますので、もう1度見直してください。

私はポイントを貯めたり提携元ならではのサービスを余さず、つかって色々なものを購入したり、互換性のあるポイントで携帯料金を払ったりしています。コツはいつも同じお店で購入することです。工夫すれば通常の使い方でも、節約になりますよ。

総量規制で専業主婦がピンチ?

総量規制で最も混乱したのは、専業主婦の方たちでしょう。専業主婦の収入は0と判じられます。0を3で割るとどうなるかと申しますとやはり0です。つまり収入が無いから借りられないという事です。世帯主の方の同意を得れば、借りられるところもございますが、言い出しづらいということもあるようですね。青菜は男に見せるなというやつです。

銀行ならば貸してくれることもありますが、審査もシビアなところが多いのです。クレジットカードも大丈夫なところと、そうではないところがございます。確実なのはおそらく質屋さんですね。昔の人は家が没落したときに、売れるように、着物や宝石を嫁入りの娘さんに持たせました。今ですとブランドバックや、ジュエリーなどが良いようです。中古屋さんなどはブランドものなら香水や口紅など使いかけでも買い取ってくださるそうですよ。

それでも、お金が無い場合は、こっそり働くか、ご主人に相談した方が良いかと存じます。日本の男性は家計のことが分からない方が多いので、買い物に行ってもらう等の事を日頃からしておくとよいでしょう。

意見を伝えるときは、何で分かってくれないのではなく、「私はここまで頑張ったのだけれど、どうしてもお金が足りないの、だから協力してほしい」と言い方をしないと男性には伝わらないことが多いのです。男性側も奥様に家計を丸投げして、自分は飲み会に行ったりしていてはいけませんよ。いつかうちの父のように「猫の方が大事」なんて報復を受ける日がくるかもしれません。

忘れてはいけないこと

皆様、8対2の法則というものを御存知ですか。そういう呼称があるわけではないのですが、収入の8割で生活し、1割は教会など他の人のために捧げ、1割は貯金をするというお金の使い方のことです。アメリカで多重債務に陥った人たちを救済する聖職者が説いているものです。

現実的に収入が低い方は、この比率で行動をするのが難しいことは重々承知です。しかし、お金を借りられるという事はお金を借りられるだけ使っていいという事ではございません。総量規制で慌てた方で、今まで無計画なお金の使い方をしてきた方は、これを機に家計の健全化をなさってください。毎回、融資を受けないと赤字を埋められない、家計運営では困りますよ。良い暮らしをしたいというお気持ちはわかります。でも、つま先立ちでは長時間歩けないと老子はいっています。

また、総量規制が無い業者でも、過去の借入額は審査に影響します。安易な借り入れをしないように不要なカードを解約しましょう。また、食品も冷蔵庫に何があるかをメモして、賞味期限が食べる前に過ぎてしまうことをふせぎましょう。それだけでも家計が楽になります。

また、住宅ローンやカーローンを組むときは売るときのことを考えましょう。今は環境性能の低い車や、耐震基準を満たしていない住宅は売っても2束3文です。そのあたりのことも加味して先のことを考えた借り入れをなさることをお勧めいたします。