私たちが生活するうえで、会社や取引先との付き合いや冠婚葬祭など今すぐにお金が必要となる人も多く、その都度にお金の工面に翻弄することも多いのではないでしょうか。このような急にお金が必要になったとき頼りにするのは、親を頼る人、親類を頼る人、友人を頼る人、恋人を頼る人と大抵は人を頼ることが多くありますが、テレビドラマや映画などでもお金の貸し借りでトラブルに発展することはよくあるシーンとなっています。

ドラマの世界と笑っていても、現実に起きていることも事実あることなのです。昔からのことわざで、金の切れ目が縁の切れ目と言われるように、お金の貸し借りなどにより親から勘当となったり、親類や友人との関係にもヒビが入るひとは実際に経験したことがあるひともあるのではないでしょうか。

交際関係においても、近年の統計では男女とも容姿よりも人柄やお金の管理がしっかりしていることが第一に挙げられていることからも、お金の貸し借りが如何に敬遠されているかが分かります。

では、今すぐにお金が必要となったときにはどうすればよいのでしょうか。誤ってお金が出来てから支払うことも考えられますが、冠婚葬祭では待ったなしとなることもあります。

このような今すぐお金が必要となった時に頼れる便利なものとしてキャッシングがあります。キャッシングは、基本的に20歳以上の成人で自ら一定の収入がある人であればだれでもキャッシングによりお金を借りることができるようになっています。

しかも、銀行のローンを使った人であれば、ローンを利用するために多くの書類を作成したり取り寄せたりすることが多いうえに、自分の資産を担保として差し出し、さらには保証人を立てる必要があるため簡単にはローンによりお金を借りることは難しいものとなっています。しかし、キャッシングは無担保で無保証人でお金を借りることができるのです。

近年、金融規制緩和により銀行や大手スーパー、信販会社にインターネット運営会社などのIT企業など多くの業界からキャッシングのサービスに参入してきていますので、サービス競争が激しくなっています。

サービス競争の一つとして、スピードキャッシングになり、キャッシングがサラリーマン金融の時代においても即日キャッシングは可能でしたが、それでも1日か半日の時間が必要となっていました。

しかし、現在はインターネットの普及により24時間いつでもキャッシングのサービスが受けられるようにインフラやソフトが整備されたことにより、1時間程度でキャッシングが可能となっていますので、今すぐお金を借りたい人にとってはうってつけのものとなります。

今すぐ借りられるキャッシングとは

お金に困って誰かにお金を借りたくても、なかなか簡単にお金を貸してくれる世の中ではありません。困った時の親頼みと親を頼ることも考えられますが、年金は削られ介護保険費用は高くなる一方で、収入がある親ならお金を貸すことも可能でしょうが、お金を貸すことが難しい親のほうが多いのではないでしょうか。

昔から金の切れ目が縁の切れ目と言われたように、友人関係や会社の同僚、例え親であってもお金の貸し借りはトラブルを引き起こす元となってしまいます。

そこで、他の方法で今すぐにお金を借りられる方法を見回してみると、消費者金融からお金を借りる方法があります。消費者金融は、その昔、サラリーマン金融ことサラ金と呼ばれていた時代において、誰でも簡単にお金を借りられることで名が知られていました。

しかし、あまりにも簡単にお金が借りられる反面、サラ金の高金利での利息に後々の返済が追い付かずに、借金が膨れ上がってしまい、俗にいうサラ金地獄に陥る人が続出することになりました。このため、貸金業法が制定されたこによりキャッシングの制限がかかることになりました。ここで、困るのが今すぐにお金を借りたい人にとって、貸金業法の制限によりキャッシングが今すぐにできなくなるのではと心配される人も多いのではないでしょうか。

しかし、コンピュータやコンピュータネットワークの進歩により昔より迅速で的確な審査を行うことができるようになったことで、今すぐ即日でお金を借りことができるようになっています。

今すぐお金を借りたい人がとるべき行動とは

急にお金が必要となったときに限って、給料日前など今持ち合わせのお金がなくて右往左往した経験がある人もあるのではないでしょうか。交友関係が広い人であれば友人や親類にお金を借りることを考える人もあるかと思いますが、今すぐにお金を借りたく、しかもまとまったお金を借りたいとなると、そう簡単にお金を貸してくれる人はいるものではありません。

今すぐにお金を借りる必要がある人は、まずは冷静な判断と行動が必要ではないでしょうか。早くお金を借りたいがばかりに、悪質な貸金業者の罠にはまってしまったり、詐欺や事件に巻き込まれる危険性が非常に高くなってしまう傾向にあります。

現在は、消費者金融だけでなく銀行やスーパー系の銀行、インターネット企業やIT企業など名が知れた企業がカードローンなどのキャッシングサービスを展開していますが、必ず所得を証明する書類が必要となってきます。今すぐにお金を借りたい人は、会社勤めの人であれば昨年度の源泉徴収票を自営業やフリーターなどの人であれば確定申告の決定通知書を用意することを行いましょう。

大抵の人は、タンスのどこかにしまい込んでしまうか、ゴミ箱に捨ててしまう人が多いかと思います。もし、自分の収入を証明する書類がない場合は、会社の経理や総務担当者に源泉徴収票の再発行を依頼してみます。

または、居住する市区町村の役所において、所得証明書を取得することでも自分の収入を証明することができます。

今すぐにお金を借りる事ができる人とできない人

急にお金が必要となったときに、頼りになるものにキャッシングがあります。キャッシングは、20歳以上の成人で収入がある人であればお金を借りることができるようになっています。しかも、住宅ローンなどのように担保や保証人を立てる必要がありませんので、面倒な手続きも必要としないだけでなく、即日にキャッシングでお金を借りられるようになっています。

しかし、現在のキャッシングは昔ほど甘くお金を借りることはできなくなっています。キャッシングがサラリーマン金融でサービスされていた時代においては、運転免許証か保険証をもってサラ金業者の窓口に出向けば、簡単にお金を借りることができました。

しかし、あまりにも簡単にお金が借りられることで、キャッシングに依存してしまう人が多く続出することになり多重債務者を多く生むことになってしまいました。

このため、法律でキャッシングの制限を行うものとなり、改正貸金業法により総量規制が敷かれることになりました。この総量規制では貸し付けを受ける人は収入があることの証明を提示することが付け加えられ、さらにその収入の3分の1までの貸し付け上限が設けられることになりました。

貸金業法の解釈によれば、収入があるとは定職による給料だけでなくパートや非正規労働者の収入、アルバイト収入、内職による収入においてこれを証明できる書類の提示をもって診断するとあります。この貸金業法により、既にキャッシングを利用している人や収入のない人においては、キャッシングが難しくなっています。

お金を借りる時の注意点

今すぐにお金が必要となり、お金を借りることを考えている人の多くは気が焦るあまり甘い誘いに乗りやすい傾向にあります。今では少なくなりましたが、電柱や公衆電話、駅の壁などに今すぐにお金がかりられるキャッシングなどと張り紙が貼ってあるのを見かけることがあります。

原則、こうした公共の場における広告を出すためには適正な審査を受けたものしか広告することはできませんし、あちらこちらに張り紙を張るようなことは絶対にしません。

万一、今すぐにお金が必要と焦るあまりに張り紙にある電話に掛けると、直ぐにお金を貸してくれる返事をすることが多いようですが、実際にこうした張り紙のあるものはやヤミ金と呼ばれる届出がされていない貸金業者となるため、違法な高金利での貸し付けを行っていることが多くあります。

また、若い女性がこうしたヤミ金業者に捕まる場合、風俗を紹介されることや強制的に連れていかれて不法労働させられることがあるようです。今すぐにお金を借りる必要がある人は、大手の銀行やスーパー系のカードローンが利用できるか問い合わせてみることをお勧めします。ただ、大手銀行やスーパー系カードローンであっても、注意は必要となってきます。

お金を貸す側にとっては、少額のお金を貸すよりは、ある程度まとまったお金を借りてくれたほうが、利息として儲けが大きくなるため、必要以上の利用限度額を勧めることがありますので、自分が幾らまで借りられるのではなく、幾らまでなら自分の収入で余裕をもって返済できるか診断する必要があります。

消費者金融なら今すぐ借りれる?

今すぐお金が必要となりお金を借りなくてはいけなくなったときに、頼りになるのがキャッシングになります。キャッシングと言えば、サラ金をイメージする人もあり昔のサラ金地獄からキャッシングに抵抗を持つ人も中にはいるようです。

しかし、現在は改正貸金業法の制定とともにサラ金の名称は消え、消費者金融の名称でキャッシングサービスを提供しています。また、金融規制緩和により大手の消費者金融は銀行に吸収されることになり、銀行のグループ企業や銀行の子会社となっています。このため、経営には銀行のトップが出向していることが多く、また内部監査体制もしっかりしていますので悪質な貸し付けを行う心配は少ないのではないでしょうか。

大手消費者金融が銀行系のキャッシングサービスとなったことにより、より多くの資金力やインフラを共有できるようになったことから、少額のキャッシングからまとまった金額のキャッシングまで幅広くキャッシングのサービスを提供できるようになっています。

さらには、スピードキャッシングのサービスが盛んとなっており、三井住友銀行系列の消費者金融モビットのカードローンキャッシングの場合、インターネットからのキャッシング申し込みでは僅か30秒で申し込みから借り審査まで完了してしまいます。

同じように三菱東京UFJ銀行系列の消費者金融のアコムが提供するカードローンキャッシングは、同行のカードローンバンクイックと同じものとなっていますので、安心して今すぐにお金を借りることができます。

銀行カードローンなら今すぐ借りれる?

銀行における金融再編成の波は一通り落ち着きが見えたようで、多くの銀行が再編されることになりました。この金融再編成の波は、銀行だけでなく他の金融機関にも影響が及んでいます。

その中でも、消費者金融においては改正貸金業法の制定と金融規制緩和による大手銀行などにおける個人向けの融資サービスとしてカードローンキャッシングのサービスを展開されることになり、大手の消費者金融では経営が行き詰ることになり、多くの消費者金融が銀行に吸収されることになりました。

一昔においては、銀行からお金を借りるものとして、一般の人であれば住宅ローンのサービス程度のもので、しかも多くの書類や手続きが必要となるためかなり面倒なことになっていました。

しかし、この金融規制緩和を機に、銀行においてもカードローンキャッシングのサービスを展開することになり、お金を借りる必要がある人にとっては、消費者金融だけでなく選択できる範囲が広がっただけでなく、キャッシングサービスにおける競争からより利用者にとって条件のよいキャッシングを選ぶことができるようになりました。

銀行のカードローンにおいても、スピードキャッシングは当たり前となっていますので、今すぐにお金を借りたい人は銀行カードローンを考えてみてはいかがでしょうか。例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは、テレビCMでもお馴染みのように同行に口座がない人でもカードローンキャッシングを利用することができるようになっています。