消費者金融業者と言えば、かねてから誰でも利用できる場所というイメージがあります。
また、実際消費者金融業者とは、誰でも気軽に利用できる融資会社でもありました。

しかし、貸金業法が改正し、総量規制が設けられてから消費者金融業者の数も減り、大手消費者金融業者自体も生き残りをかけて銀行の傘下に入る業者も多くなりました。
なので、かねてからの消費者金融業者とは若干異なる事は事実なのです。

つまりそれは、誰でも簡単に借りられる融資会社は卒業したという事なのです。

そのため、現在は「安定且つ継続的な収入」がなければ消費者金融業者の融資は受ける事ができません。
もちろん、安定且つ継続的な収入なので、それがバイトであろうと派遣であろうと関係ありませんが、とにかく融資を受けるには収入がある方に限られるので、専業主婦等が消費者金融業者のローンを利用する事ができません。

以前は、配偶者の収入がある事でいくらでも消費者金融業者のローンは利用できました。
ですが、総量規制が設けられて以降は配偶者に収入があっても必要な書類も多く面倒な手続きもある事から、専業主婦における借入が出来ないという事なのです。

しかし、そこはかねてから個人融資のノウハウを知り尽くしている消費者金融業者なので、審査に関してはどこよりも柔軟ですが、収入が無ければどんなに配偶者に収入があるとしても専業主婦による借入が出来ないという事になっています。

さらにもうひとつ、消費者金融業者をはじめとする貸金業者は、総量規制に伴う融資が決められているので、申込みをする方が年収の3分の1以上の借入をしている場合は消費者金融業者で申込みをできたとしても審査を可決する事はできません。

つまり融資は実現しないという事。

例えば、あなたの年収が350万円だとするとその年収の3分の1は110万円程度となります。
しかしあなたが、既に他社での借り入れがその110万円程度になっている場合、申込みを行い、一応審査はされたとしても融資が実現するという事が無いという事なのです。

これが貸金業者における総量規制であり、個人への融資は年収の3分の1以上してはいけないので、こうした年収の3分の1を超える、もしくは限度いっぱいの借入をしている方は、申込みは実際出来るのですが利用が実現する事はありません。

このように消費者金融業者には貸金業法や総量規制が設けられているため、従来の消費者金融業者の申込み条件とは若干異なり、ややその頃に比べると条件が厳しくなっているといえるでしょう。

消費者金融業者の申込み条件は、一応年齢の条件と収入の条件で申込できますが、実際融資が実行されるには、以前よりも審査がやや厳しくなっているため「誰でもOK」という事はありません。

ですから、現在借入検討中の方が仮に総量規制の限度いっぱいに借入している場合は、申込みはできても融資は実現できないと考えなくてはいけません。

消費者金融業者全てに共通する申込条件とは?

消費者金融業者すべての共通条件はやはり「収入」です。

消費者金融業者は貸金業者であるため、すべての融資会社で収入の無い方の申込み、利用ができません。
それというのも、総量規制に伴う融資が貸金業者に決められていることなので、年収の3分の1の範囲で融資を行う消費者金融は、それを決めるために必要な肝心の収入が無い場合は申込みが出来ません。

そのため、以前は利用出来た専業主婦による申込み自体今はできませんし、専業主婦以外でも収入が無い人は利用できません。
また、この収入条件はどの融資業者も同じで、どんなに審査が柔軟な消費者金融業者でも収入の無い方は申込みが行えませんし、仮に上手くごまかして申し込んだとしても利用は実現しない事は言うまでもありません。

消費者金融業者すべてに共通して申込みできない条件とは、収入が無い事であり、年齢が20歳のみたない方も申込みが行えません。
ただし「20歳~○○歳」の最高年齢○○歳については、融資業者によって65歳以下の場合もありますし、70歳以下の場合もありますので異なるとお考えください。

■総量規制と借入状況

消費者金融業者に申込みを行う場合は、総量規制以上の借入であれば申込みが出来ないというよりも各業者共に利用はさせません。
つまり、それは申込みが出来ても利用は実現しないという事です。

消費者金融業者が各業者ともに申込みに際し重点を置くのが収入ですし、収入が無いと申込みが出来ませんが、借入状況もやはり重要で、借入状況が総量規制以上であれば申込みはできたとしてもどの業者も融資を行う事はありません。

申込みは基本収入と年齢でそれをクリアすれば申込みは確かに出来ます。
しかし、借入状況が総量規制以上であれば「申込み&自動審査」ですぐに「ご融資できません」と判断されます。
そのため、総量規制以上の借入状況である方は申し込む前にご自身で諦めなくてはいけません。

「もしかしたら‥」というような期待をもって、総量規制以上に借入をしている方も消費者金融業者へ融資を申し込む方も確かにいるのですが、この場合は申込み条件の収入や年齢をクリアしても審査は確実に通らないので無駄に申込み歴を作らない事をお勧めします。

消費者金融業者は年齢をクリアすれば申込可能?

消費者金融業者のローンを利用する場合、申込み条件をまずクリアする必要があります。

消費者金融業者の最低条件は「年齢」と「安定&継続的な収入」です。

そのため、年齢条件だけをクリアしても消費者金融業者の融資は利用できません。
あくまで現在の消費者金融は収入のある方を前提とし融資を行っていますので、年齢条件だけをクリアしても申込む事が出来ません。

仮にそれが上手く通り申し込んだとしても収入の無い方が融資を実行される事はありません。
そのため、収入が無いけど借入をしたいという場合は、収入を得る努力も必要になります。

つまりそれは、バイトでもパートでも何かしらの収入を得てから申込みを行うようにするという事。
そうする事により収入があるとみなされ、申込みも出来ますし、借入れ条件に問題がなければ融資も実行されるようになるのです。

このように消費者金融業者では、収入が無い場合は申込みも利用も当然できません。

■もう少しで仕事は決まる場合は?

例えば、就職活動中でほぼ内定をもらい、今後働ける事実がある場合、消費者金融業者を利用する事が出来るか?

通常、消費者金融業者では、収入の無い方の利用はもちろん、申し込みができません。
しかし、事情によってそれが出来る場合もありますので、もう少しで就職できるという場合の申込みは、窓口へ直接相談しに行くか、電話で申し込む前に相談してみる事がお勧めです。

収入の無い方すべてが消費者金融業者では、利用できないということもないので、もう少しで就職が決まるけど今はまだ無収入という場合は、融資業者に相談すると意外に申込みが行える事もあります。

ですので、消費者金融業者でどうしても借入したいけど、今は収入が無いという場合はその事情を説明してみる事が大切です。
もしかすると「では就職が決まってからお申込みしてください」という事になるかもしれませんが、事情を説明したら利用出来るようになった実例もあるので、就職の見通しがある場合の収入が無い申込みは直接融資業者の担当者に相談がお勧めです。

安定収入は年収も関係ある?

消費者金融業者のローンを利用する最低条件は、年齢と収入です。

そのため、収入の無い方は申込みができません。
もちろん規定の年齢をクリアしていない場合でも申込みができません。

通常クレジットカードは、未成年でも利用可能です。
もちろんそれには親権者の同意も必要です。

ですが、キャッシングにおいては、未成年は利用できませんので、消費者金融業者の融資を利用するには20歳以上である事が原則です。
なので、20歳に満たない方の利用はできませんし、収入の無い方の申込みも出来ません。

ただし「収入が無い=収入が少ない」ではないので、収入の額は関係ありません。
つまり、年収の額が多くなくても安定した継続的な収入があり、借入に伴う返済能力があれば問題ないという事です。
そのため、年収の額に関係なく消費者金融業者には申込みが行えますし、勿論キャッシングも問題なく利用できます。

消費者金融業者に申込むには、収入の有無と年齢さえクリアしていればOKなのです。

■年収が低くても申し込める?

融資を受けるにあたり、やはり借りて側は年収等が気になります。
年収がそれほどないと、審査に通らないのでは?と思う方もいますよね。

ですが、消費者金融業者のローンを利用する場合は、年収の額に関係なく利用ができます。
そのため、年収が低くてももちろん関係なく申込みもできますし、審査にも関係ありません。
ただ、年収が仮に数十万円だと考える場合、月平均にすると数万円ですから、この場合は多少融資に問題がないとはいえませんが、基本的に収入の額は申込みに際し関係ないので、年収が低い方でも申込みは行えますし、事実利用している方もたくさんいます。

最近は総量規制の関係もあり、わざと年収を多く申告し税金を払うようにしている方もいます。
ですが、基本消費者金融業者の借入れや申込みには、年収の額は関係ありませんので、年収が低い事は気にせず利用を検討中の場合は申込みを行ってみる事がお勧めです。
ただし、総量規制以上に借入をしている場合は、申込みはできても利用は実現しないと考えなくてはいけません。

フリーローンの申込条件は?

消費者金融業者のフリーローン(カードローン)に申込む条件は「年齢」と「収入」をクリアすればOKです。

消費者金融業者のカードローンを利用するには、それに伴い年齢が20歳以上で安定且つ定期収入があればどなたでも利用できます。
そのため、主婦であってもバイトや派遣、パートであっても消費者金融業者のカードローンは利用する事が出来ます。

又、学生の方でも利用できるので、20歳以上の学生さんで仕事をしている方の申込みはOKです。

ただし、消費者金融業者へ申込みを行う場合は、利用がスムーズにいくように申し込みに伴う必要書類も事前に確認し準備が必要です。
基本的に消費者金融の申し込みには身分証明書類のみでOKなので、消費者金融業者のカードローンの利用を検討の場合は、申込み条件の確認と申込みに必要なものの確認は事前にしっかりと行っておきましょう。

消費者金融業者のフリーローン(カードローン)は、年齢条件と収入があればどなたでも利用できます。

■申込みをする前に

消費者金融業者へ申込みをするには、年齢条件と収入の条件がクリアできればOKです。

なので、学生さんをはじめ、主婦の方でもバイトや派遣の方でも消費者金融業者へ申込み利用する事が出来ます。

しかし、消費者金融業者の融資へ申込む場合は、今現在のご自身の借入状況も考え検討しなくてはいけません。
消費者金融業者では、融資を行うにあたり総量規制がありますので、年収の3分の1以上の借り入れがあれば融資ができません。

そのため、借入を検討する方の中に借入件数が多く年収の3分の1以上の借入があるという方は、無駄に申込みを行わず、おまとめローンの利用等も検討すべきかと思います。
もちろん、借入件数が多く総量規制以上の借入の方でも消費者金融業者の融資には申込みが出来ます。

大体消費者金融業者の申込み条件は、収入と年齢なので、借入件数やその金額に関係なく申込みが出来ますが、総量規制以上の借入をしていれば確実に審査は否決する傾向が強いので、無理な申込みはお勧めできません。

レディースローンの申込条件は?

消費者金融業者には、女性のための女性専用の融資商品があります。

そのため、女性でも気軽に消費者金融業者の融資は利用できます。

消費者金融業者の女性専用融資商品とは、各融資業者でレディースローンと呼ばれているもので、女性スタッフが対応する融資商品となるため、女性でも不安なく申し込む事が出来ますし、初めて利用する場合にも不安なく利用出来ると思います。

レディースローンの申込み条件は「収入」と「年齢」のみです。
この条件さえクリアすれば消費者金融業者のレディースローンは利用出来るので、主婦のみなさんをはじめバイトや派遣、パートでも申込み利用する事が出来ます。
ただし、女性専用の融資商品ではありますが、収入の無い専業主婦の利用はできません。

レディースローンは、消費者金融業者のほとんどが扱っておりますが、申込みに伴う条件はどの消費者金融業者も年齢条件と収入条件をクリアすると申し込めます。
ですから、女性のみなさんの中に消費者金融業者の利用を検討中の方は、女性専用の不安なく申し込みができるレディースローンの利用がお勧めできます。

■消費者金融業者の申込み条件って全業者ともに同じなの?

消費者金融業者の申込み条件は、ほとんどどの業者も収入と年齢の条件を満たせば利用できます。
ただし、申込みに伴い必要となる書類は、各業者によって違いますから、希望先の申込み条件と書類等の確認は事前にしっかりと確認する事が必要です。

ただ、消費者金融業者の場合は、貸金業法に伴う融資で総量規制の範囲で融資が決められているので、申込みできる条件はどの業者も同じと考えていいと思います。
しかし、年齢の条件で20歳以上からの利用という部分はどの業者も同じですが、何歳まで利用出来るか?の条件の部分は消費者金融業者ごとに違いますので、年齢における条件は借入を希望する融資業者の公式サイト等を事前に確認し間違えのないように申込みは行いましょう。

いずれにしても、消費者金融業者の申込み条件とは、年齢が20歳以上で安定、継続的な収入のみなので、どなたでも契約者本人に収入があれば申込み利用する事が実現します。
そのため専業主婦以外の主婦のみなさんや学生さんも消費者金融業者の融資商品を利用する事が出来ます。