生きていく上で、ある程度のお金は必要です。必要なお金は、多くの場合、労働をして、給与や報酬として得ることができます。
雇われて仕事をする場合、日払いや週払いの仕事も多いですが、毎月決まった日が給料日で、その日にもらったお金で一ヶ月を生活している会社員の方がほとんどではないでしょうか。一定の金額を一定の日にちにいただければ、生活の計画が立てられます。しかし、予期せぬトラブルや冠婚葬祭で、急な出費が必要になった、ということも往々にしてあります。
そんなとき、どうすればよいのでしょう。家族に借りるのでしょうか。友人にお願いしてみるのでしょうか。会社に前借りを頼んでみるのでしょうか。選択肢は色々あります。

しかし、お金を貸して、と頼まれたほうは、どんなに親しい間柄でも、気分のよい印象は持たないものです。そう考えると、なかなか気軽にお金の貸し借りはできません。しかも、急な出費がその日のうちに、今すぐにでも必要な場合は、より、相談することは困難になり、億劫にも感じてしまうことでしょう。
誰にも迷惑をかけずにお金を手に入れたい場合は、カードローンによる融資をお勧めします。銀行や消費者金融は、商売でお金を貸しているのですから、利用者は気兼ねなく申し込むことができ、契約できれば即日融資も可能なことがあります。

即日融資してもらうためのポイントは、まず、審査の早さでしょう。どのような場合も、融資を受ける際には審査が必要です。その審査がスムーズであればあるほど即日に借りられる可能性は高くなります。
次に、提出書類が簡単であることが挙げられます。審査の際にはいくつかの提出書類が求められます。身分証明書や収入証明書などの他にも、あれやこれやと書類の提出を求められたのでは、それだけで時間がかかってしまいます。

お金を借りると言えば、まず消費者金融を思い浮かべるのではないでしょうか。アコムやプロミスなど、大手の消費者金融は、有名タレントを起用し、テレビCMも頻繁に行っています。しかし近年では、大手の銀行も積極的にカードローン事業を行っているようです。言ってみれば、カードローンの市場全体が、競争状態にあるのです。利用者はカードローンを取り扱っている数多くの業者から、自分に合った条件の業者を選ばなければなりません。

お金を借りることは悪いことではありません。しっかりとした計画に沿って借入れをし、期日までにきっちり返すことができれば、「信用」を得ることができます。お金を借りたことがない人は、返すこともありませんので、信用を得ることは難しいでしょう。信用を作るためには、逆にお金を借りたほうがよいのかも知れません。そして、どうせ借りるのならすぐ借りて、すぐに返すことが、自分自身便利なことでもありますし、より大きな信用を得るきっかけにもなることでしょう。その手助けとなるような即日融資のカードローンは、実はたくさん巷に用意されているのです。

アコム

テレビCMなどでも有名な、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムでも、即日融資OKのカードローンはあります。審査の回答最短30分を謳っており、契約までの時間も短縮できそうです。融資の本契約は、店頭や自動契約機の「むじんくん」で行えますが、情報を確認したり、オペレーターと内容確認をしたりと、どうしても時間はかかってしまいます。

その契約をスムーズに行うためには、あらかじめ、インターネットか電話で申し込みを済ませておくことが大切です。即日融資成功のポイントは、審査のスピードであることは、どこの消費者金融でも同じです。

店頭窓口や、「むじんくん」にて契約が完了した場合、その場でカードを発行してもらえますので、即日融資が可能となります。一方、来店しないで契約、指定口座に即日振り込んでもらえるサービスもあるので便利です。

その方法とは、まず、パソコンから契約書類を印刷して手に入れます。アコムのホームページにPDFファイルが添付されているページがありますので、そこから印刷しましょう。パソコンが利用できる状態ではないという場合は、コンビニから書類を取り出すことも可能です。セブンイレブンにあるマルチコピー機を操作して出力します。

いずれの場合も、まず電話にて申し込んでおくことが必要なようです。
審査完了後、本人確認書類をFAXにて送付し、手続きは終了です。ただし、平日14時までに送付が完了し、アコムがそれを確認することが条件の上での即日振込になります。

プロミス

プロミスで即日融資を受けるためには、Web契約の必要があります。契約申し込み後の自動審査の後、正式な審査を経て本契約へと移行するわけですが、プロミスは、この審査が早いことで有名です。正式な契約可能金額を、最短30分程度で提示してくれます。もちろん状況によっては時間がかかってしまうこともありますが、審査の早さは、即日融資を求める人にとってはとても重要です。

プロミスのWeb契約では、必要な書類、例えば、身分証明書や収入証明書などの書類を、携帯電話やカメラなどで撮影し、それをスキャンして画像化し、そのデータを送ることで提出することができます。スマートフォンのアプリを使えばより簡単に送ることもでき、便利です。

即日の振込を希望される場合、上記のWeb契約を、平日14時までに完了させておかなければなりません。銀行の営業時間もありますので、時間を超えると即日振込は難しくなります。

しかし、契約完了までに手続きで問題などがあり、万一14時までに終わらなかった場合も、まだ諦めてはいけません。審査に受かっているのであれば、自動契約機からの即日融資が可能です。自動契約機で本契約を済ませ、その場でカードを発行してもらいます。カードがあれば出し入れ自由なのでATMなどから現金を引き出しことが可能です。ただし、自動契約機は21時までですので、その点は注意したいところです。

プロミスなら、30日間無利息キャッシングというサービスも用意してあるので、初回の現金を引き出す前にポイントサービスに申し込みをしておけば、30日間無利息で融資を受けることもできます。即日融資と合わせて利用してみるのもよいでしょう。

アイフル

アイフルで即日融資を受ける際には、自動契約機での契約をお勧めします。営業時間は9時から21時までです。平日だけでなく、土日祝も営業していますので、21時までに契約機の中に入れば、即日融資が受けられます。もちろん審査の結果や、手続きの状況などによっては即日融資ができない、あるいは融資自体ができない場合がありますが、それはどこの消費者金融でも同じです。

契約機に時間ギリギリで滑り込んだ場合に注意したいのが、前に他のお客さんがいた場合です。そうなると21時までに契約機内に入れなかったことになり、即日融資の道が閉ざされてしまいますので、時間には余裕を持って行動しましょう。

電話やインターネットからの申し込みも可能です。銀行の営業時間内であれば、指定の口座に即日振込を依頼することも可能です。アイフルの社名だけでなく、個人名で振り込んでもらえる方法もありますので、誰かに融資を知られたくない場合は便利です。しかし、銀行振込を指定した場合、契約した時間が重要になりますので、時間が遅くなってしまった場合は、銀行の翌営業日に振込になってしまう可能性があります。

土日祝に即日融資を希望の場合は、自動契約機のほうが便利でしょう。ただ、アコムやプロミスに比べて契約機の数が少し少ないことが難点です。アイフルは、2006年に業務停止命令を受けるというトラブルを経ても尚、銀行傘下でない消費者金融として企業努力を続けている会社です。

銀行のカードローン

最近では、銀行が実施しているカードローンのCMもよく見かけるようになってきました。阿部寛がCMをしている三菱東京UFJのカードローンは有名でしょうか。インターネットなら最短30分で審査回答ができ、最短即日で利用可能です。

三井住友銀行のカードローンも最短30分の審査回答、三井住友銀行の口座がなくとも申し込みができ、カードも即日発行可能です。
低金利を追求している楽天銀行のカードローンはどうでしょう。こちらも即日融資可能です。収入証明書の提出が不要な場合もありますので、書類集めもスムーズかも知れません。
2種類あるカードローンから選べる、りそな銀行のカードローンも見逃せません。手持ちのりそなキャッシュカードに、キャッシングの機能を追加付与しますので1枚で2役をこなします。財布もかさばらなくていいようです。

auのじぶん銀行はどうでしょう。こちらも、じぶん銀行の口座をお持ちであれば即日融資可能です。
他にもいろいろな銀行があり、いろいろなカードローンがあります。銀行系のカードローンなら、安心感や信頼感も一入でしょう。
審査を経て、カードを発行してもらう流れは消費者金融と同じです。自分に合った借り方がどのようなものなのか、しっかりと吟味して数多ある方法からどれかひとつを選び出しましょう。

銀行系のカードローンだからと言って、必ず営業時間内に窓口に出向いて、名前を呼ばれるのを待っていないといけないということはありません。ローン契約機というボックスが用意されていて、無人で契約が可能なことも多々あるのです。

計画的なカードローンの利用について

即日融資が可能な消費者金融探しや、銀行のカードローン探しだけに躍起になっていたのではいけません。即日融資のチャンスは言ってしまえば、先に紹介したものや、それ以外にも、どこにでもありますし、審査の時間や提出書類が必要であることも、実はどこも同じです。審査時間に差はあるでしょうが、大手なら大きく変わることもないでしょうし、借りる側の現況によって左右されることは逃れならない事実です。

最も重要なのは即日融資が可能かどうかを調べることではなくて、果たして借りたお金をきちんと自分が返せるのかどうかを、胸に手を当ててよく考えることなのです。
必要以上の過剰融資を求めてしまってもいけません。そんなことを推奨している消費者金融や銀行はないのです。すぐに現金を手に入れられる環境が数多く用意されているということが、すぐ現金を手に入れてもいいということにはなりません。

即日融資は今日困っている人のための画期的な制度なのです。未来に困るかも知れないからという気持ちで安易に手を出すことはやめましょう。未来に困るかも知れないのはあなただけではなく、誰もが同じです。

各消費者金融や銀行のホームページに大きく掲載されている「即日融資」という4文字の魅力に過剰に反応することのないよう、冷静に、計画的にカードローンの利用について考えましょう。

即日融資を達成するために契約を急ぎ、考える時間を疎かにしてはダメです。達成すべきは即日融資ではなく、輝かしい未来なのですから。お金はそのための手段であって、目的ではないのです。