突然舞い込んでくる冠婚葬祭や子どもの学校の突然の集金などで、すぐにお金を用意しなくてはならない状況になった経験のある人も多いのではないでしょうか。一昔なら、同居する親にお金を借りたり、隣近所でお金を貸し合うことは日常的に行われていましたが、核家族化により親と同居しない家族が多くなったことと、プライバシーを意識する人が多くなり、必要以外は近所付き合いをしない世の中になったため、急にお金が必要となって慌ててしまう人も多くなっています。

また、会社勤めの人であれば、若い人では会社の付き合いや取引先との付き合いも少ないのですが、ある程度年齢が行った人であれば、立場的に社内の付き合いや取引先との付き合いは重要なものとなっています。

このため、なかなか断れずにかなりの出費を強いられるため、月々の小遣いでは賄いきれなくなる人も少なくはありません。しかし、給料が下がる一方の世の中で、小遣いを上げることや要求することは、家計的にも困難なものとなっているため、頭を悩ます人も少なくはありません。

このようなとき、すぐにお金を借りることができるものとして、消費者金融のキャッシングや銀行などのカードローンが役に立ってくるものとなります。お金を借りることに対して、特に消費者金融においては前身となっているサラリーマン金融ことサラ金のイメージがあるため、キャッシングでお金を借りることに抵抗がある人もありますが、現在は法規制がなされて昔のイメージとは異なっています。

借り入れするときの注意点

急にお金が必要となったときに、即日にお金を借りることができるキャッシングは大変便利でありがたいものとなります。ただ、どこの金融機関においても即日にお金を借りられるものではありません。また、同一の金融機関においても、利用の方法によって即日にお金を借りられる場合と、そうでない場合がありますので利用にあたっての注意事項を確認する必要があります。

近年、テレビCMにおいてもわずか数秒でキャッシングができることで話題となっているカードローンにおいて、大抵はインターネットからの利用に限り即日に融資ができるようになっていることが多くなっています。ここで、インターネットからのキャッシング利用においては注意が必要となります。

カードローンやキャッシングを店舗窓口や無人契約機から利用する場合は、審査に受かればその場で借り入れた現金を受け取ることができるようになっていますが、インターネットからのキャッシングでは現金を受け取ることが出来なくなっています。

一般的にカードローンやキャッシングの利用をインターネットから行った場合は、指定の口座に借りたお金が振り込まれるため、銀行のATMかせある場所まで出向かなくてはいけません。自宅からインターネットでのキャッシングであれば、銀行がある場所はわかっていますが、外出先でインターネットを利用してキャッシングしたものの近くに銀行が見当たらず、すぐにお金を手にすることができないことがあります。

即日に借り入れ

消費者金融のキャッシングの歴史は長く、消費者金融の前身となっているサラリーマン金融ことサラ金を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。サラリーマン金融は、昭和の高度成長期の日本において、物価に対して給料となるサラリーが追い付いていない状況下にありました。このため、給料日前になるとサラリーマン家庭においては悲鳴をあげる家庭も多く、お金のやりくりに苦労する家庭も多かったのではないでしょうか。

当時、金融業務として一般個人向けの融資に対する規制がなかったことから、一般個人向けの小口融資を行う業者が登場し、よくサラリーマン家庭が利用したことからサラリーマン金融と言われるようになりました。

ただ、当時、一般個人向けのキャッシングに対する規制がなかったことから、高金利での貸し付けや不利な貸し付けを行う業者が横行したことから、サラ金地獄なる悪評となってしまいしまた。しかし、現在の消費者金融においては、貸金業法による規制の下でキャッシングのサービスが展開されていますので、昔のような高金利での貸し付けは出来ないようになっています。

たま、金融規制緩和により多くの消費者金融は、大手銀行に吸収されることになり、現在は、銀行グループの金融系消費者金融としてキャッシングのサービスを行っています。銀行系の消費者金融においては、豊富な資金力と充実した銀行インフラを活用することで、即日にお金を借入できるキャッシングサービスとなっています。

カードローンキャッシングで即日に借入

一昔では、一般の個人がお金を借りる方法としては、消費者金融のキャッシングを利用することが一般的となっていました。しかし、金融規制緩和によって銀行が個人向けの融資サービスにも着手したことで、カードローンのサービスが展開されることになりました。

カードローンは、テレビCMなどでも頻繁に見かけることが多く、特に三菱東京UFJ銀行をはじめとする大手メガバンクがサービスかるカードローンが目立った存在となっています。

銀行による一般個人への貸し付けとなるカードローンは、今までの消費者金融がサービスするキャッシングとは異なり、銀行が持つ豊富な資金力と全国にあるインフラを活用することで、全国規模でのサービスに加え低金利でお金を借りることが出来るようになっています。近年におけるカードローンのサービスは、より一層加熱しており、即日にお金を借入できるのは当たり前どころか、わずか数秒の手続きでお金が借りられるものとなっています。

カードローンのスピードキャッシングを可能としたのは、銀行におけるコンピュータネットワークシステムのノウハウを生かすことで、即座に審査照会処理が行えるようになったところが大きいものとなっています。また、給与振り込みや公共料金などの自動振替などの取引が既にある場合は、カードローン契約において優遇が受けられるほか、実際に返済する際においても自行の口座から引き落とすことになり、手数料飲の面においても有利となっています。