結婚式には、やはり色々とお金が要り用ですから結構な費用がかかります。

そのため、やはりローン等を利用しその資金を賄う方も多いです。

では、その肝心の結婚式にはどのぐらいの費用がかかるか?

結婚式の費用はある調査によると挙式や披露宴の費用だけでおおよそ300万円~500万円程度かかると言われています。
また、結納から婚約や新婚旅行を兼ねて考えるとその費用の総額は最低でもおよそ400万円~かかるそうです。

そのため、結婚式をするとなると、それ相当の費用を男性は用意しなくてはいけませんから、とても大変だと思います。
もちろんお二人で協力してお金を準備するカップルもおりますが、結婚資金は通常男性側の用意する資金となるため、それを用意するにはやはりローンの利用も検討せざるを得ません。

例えば結納。

結納や会場費にかかる料金は、最低でも10万円ほどかかるので、結納をするだけでもその場を抑えるだけでも大変です。
また結婚するとなると両家の顔合わせ等も必要になりますから、その会場を抑えたりするにもお金がかかり、ここまでだけでも最低その費用を15万円程用意しておく必要があります。

ましてや指輪何かを用意するとなるとおそらく最低でも結納から顔合わせ、指輪の購入までにかかる費用は最低で見積もっても50万円程はかかります。
もちろん、婚約指輪だけでなく結婚指輪も必要になるため、挙式までにかかる費用だけを考えても100万円近いお金はかかります。
そのため、結婚をする事自体非常に大変で、その資金を考えるだけでも大変です。

指輪や結納、顔合わせ、会場などを考えてざっと100万円はかかるので、挙式などを入れた結婚式費用は500万円近いお金がかかる事等も珍しくなく当然なのです。
もちろん中には結婚費用を日頃からコツコツ貯めている方もおられますが、みなさんがすべて貯蓄できるわけではないので、貯金等が無い場合はその費用をすべて準備する必要がありますから、結婚をするというのは本当に大変です。

大体、結納から挙式、新婚旅行等を全て考えた費用を平均で見ても400万円以上はかかるので、結婚式の資金は何かのローンに頼らざるを得ない部分が多分にあります。

では、この資金をどんなローンを活用し準備するか?

もちろん融資機関には、ブライダル用のローンもあるので、そうしたローンを利用するのが一番手っ取り早いと思いますが、最近はカードローンのような限度額が大きく負担なく利用できて便利な融資商品があるので、結婚資金の準備にはカードローンのような申込みも簡単で審査も早い融資商品の方が便利に利用出来るのではないかと思います。

カードローンは又、大手融資機関、融資会社のローンを利用すると限度額も非常に大きく金利も低い。
しかも、面倒な収入証明書類が300万円までの融資まで必要の無いカードローンもあるので、比較的スムーズに利用できますし、どんな用途にも利用出来るので、カードローンのような融資商品は結婚資金の準備としても役立つ融資だと思います。
ブライダルローンで結婚資金を準備する場合、どのような感じになるか?

ブライダルローンを利用すると、融資機関によって金利や限度額は異なりますが、多目的ローンと異なり比較的金利が若干高いという印象を持ちます。
限度額も大体300万円程度のものが多いので、結婚資金としては不足かも?というローンが多いかと思います。

もちろんある程度資金を調達出来る方なら、こうしたブライダルローンと自己資金で結婚資金としても間に合うと思われますが、それにしてもブライダル専用のローンは、多目的なローンよりも金利が少し高いという印象を受けます。

そのため、結婚資金の準備をする場合は、各融資機関の限度額や金利と結婚に関わる費用をきちんと考え「どこで借りる?」は決めなくてはいけませんが、各融資機関のブライダルローンをみると来店の必要が大抵ありますし、書類の提出、条件等の多いものといえるので、結婚資金の準備をする際には、利用にも比較的簡単で諸条件があまりなく利用出来るカードローンの利用がおススメです。

ブライダル専用ローンよりもカードローン?

結婚資金を準備するために借入をする場合は、カードローンの利用もお勧めです。

結婚資金の準備をする場合、一般にはブライダルローンの利用が基本ですが、最近は使途自由なカードローンも大変人気です。
なので、結婚する、しないに関わらず社会人になったら1枚あると大変便利なものと思いますが、これから結婚資金のためにローンを利用したい場合は、条件等の面倒なブライダルローンを利用するよりもカードローンの利用がおススメです。

ブライダルローンも融資機関によって、非常にお得に負担なく利用出来るものもありますが、大抵、ブライダルローンは限度額もさほど大きくなく金利もやや高いので、カードローンを利用する方が利用限度額によって金利は3.0%程度に下げられますから、負担なく資金を準備できるのではないでしょうか。

又、カードローンの場合は、収入証明が必要なく利用出来る場合も多いので、わずらわしい手続きや書類の提出等を考えても結婚資金の準備にはカードローンのような融資がおススメです。

結婚資金を準備に伴いブライダルローンを利用する場合は、やはりブライダルローンの審査傾向もきちんとチェックされるべきです。

結婚資金のためにブライダルローンを利用しようと申込んだがダメだったともなれば、当然その資金繰りに困りますから、結婚資金をローンで借入する場合は、借入を検討している融資機関の審査傾向もきちんと把握し利用しなくてはいけません。

一般にブライダルローンは、審査も柔軟で借りやすい的な情報も多いですが、ブライダルローンを利用する場合、融資機関によって条件等は異なるものの、必要になる書類や条件があるものが多いです。

ただ、書類をきちんと揃えて各融資機関に出向いて申込む形で資金を準備すれば、その資金用途が明確になりますから審査も比較的簡単にOKとなりますが、条件をクリア出来ない場合は資金の準備も行えません。
ですから、比較的審査は甘いといってもブライダルローンで結婚資金を用意する場合、勤続年数や年収等が関係するところも結構あるので、誰でも利用出来るという融資ではないとも言える傾向です。

結婚資金はカードローンを利用する?

結婚するための費用は総額おおよそ300万円以上です。

お金を日頃から備えている方はどうってことない金額かもしれませんが、すべての方が蓄えているわけではないので、彼女と結婚したいけど「その費用をどうしよう~」という方もいると思います。

一般に結婚式で借りるローンは目的を持つローンとなるブライダルローンです。
ただ最近は、目的ローンの金利があまり低いとはいえないものが多く、年収条件も色々とある事から「面倒なので誰でも利用出来るカードローンを使う」とカードローンを選ばれる方が増えています。

もちろんカードローンは使途自由の融資商品で、金利も高額融資になるほど低くなるので、上手く結婚資金をカードローンで借りられる場合は、負担なく利用出来ると思います。
ましてブライダルローンは、結婚資金のローンとは言え、使えるものと使えないものがある場合もあるので何となく使い勝手もよくありません。

そのため、審査もスムーズで誰でも気軽に利用出来るカードローンを結婚資金の準備として利用する方が急増しています。

結婚式の費用は、式場と披露宴、パーティー等を想定すると最低でも300万円程度かかります。
もちろん、細かく内訳すると色々な費用がかかり、この想定額よりもオーバーする事も当然あります。

しかも結婚資金はこの費用だけで済むわけではないですし、新婚旅行や結納等も兼ねて計算すると最低でも400万円~の費用がかかる事が予測されます。
当然、結婚されるお二人の考え方次第で資金0円で一緒になる方もおられるわけですが、一般的に結婚式をされる場合は、最低でも300万円程度かかってしまいます。

そのため、この費用はしっかりと準備した上で結婚式に備えなくてはいけませんが、色々と考えると500万円もしくは、最低でも300万円は準備して結婚式をしないといけません。

結婚資金の相場はおおよそ300万円~500万円程度かかりますので、結婚式を考えておられる場合は、事前に「どのようにその費用を準備したらいいか?」をきちんと考えておく必要があるという事なのです。

資金準備には?

結婚式にかかる費用の平均相場は、おおよそ「300万円~500万円」となります。

もちろん、費用はあくまで相場であって確実的なものではありませんし、当然結婚されるお二人が無駄な費用をかけずに結婚するという場合は費用0円で結婚される方もおりますよね。

ただ、一般的に結納を行い、顔合わせを行う。
なお且つ婚約指輪、婚約指輪等を用意し披露宴もするとなると、その額は数十万単位の資金では不足となってしまいます。

では、その資金をどう工面するか?

多くの場合は、ブライダルローン等を利用し結婚資金を準備します。
又、中には最近人気のカードローンを利用し結婚資金として活用します。

でも、一体結婚資金には、このどちらが利用しやすいカードローンになるか?

結婚資金としては、やはりブライダルローンのような結婚式専用のものが、それ自体の目的のために作られている融資となるため活用しやすいように思えるわけですが、実は、カードローンを利用する方が負担なく便利に活用できる場合もあります。

というのも、カードローンは高額利用になるほど金利が低くなります。
又、カードローンの最低金利はどの融資機関も非常に低く設定しています。
そのため、カードローンを利用し結婚資金にする方が負担なく融資を利用出来る場合もあるので、結婚資金を準備する場合は、カードローンの利用も検討すべきかと思います。