アルバイトをしている方は収入がありますので、当然どこで融資を申し込んでも借入する事が実現します。
もちろん、バイトだけでなくパートや派遣の方の借入も可能で、とにかく融資業者や融資機関は収入がある事が原則なので、どのような雇用形態でも収入があれば問題なく融資を受ける事が出来ます。

アルバイトでも借入出来る融資業者は、消費者金融業者をはじめ信販会社、クレジット会社等と色々です。
貸金業者では、融資を受けるに伴う条件「安定且つ継続した収入」なので、これさえ満たすことにより借入出来ます。
ただし、バイトをしていても満20歳に満たない方の場合は、借入できません。

バイトをして継続的な収入がある方でも20歳以下となる場合は、消費者金融業者でのキャッシングの借り入れは出来ません。
ただし、クレジット会社等でカードを作り利用する場合は、各クレジット会社により18歳以上の方であればキャッシングが利用出来るところもあります。
しかし、お金の借入を急ぐ場合は、クレジット会社の場合は審査とカード発行などに通常時間がかかるため適さないのではないかと思います。

この他、アルバイトの方が利用出来るローンは、銀行等が提供しているローン等も上げられ、最近は、銀行の取り扱うカードローンも非常に人気で、カードローンはアルバイトの方の利用も可能です。

しかしながら、自動車ローンや住宅ローン等の目的を持つ融資商品の場合は、アルバイトの方が借入するには審査が若干厳しくなるため、借入出来ないケースもあります。
ですが、一般のカードローンは、どの融資業者のカードローンでも利用する事は出来ます。

アルバイトの方やパート、派遣という方は、一見融資商品を借入出来ないというイメージがありますが、安定した継続的な収入を得ているという事になりますので、問題なくどこでも融資を受ける事が出来ますが、仮にアルバイトの方が既に他社での借入がある場合には、借入をする事が困難になる場合もあります。

例えば、他社利用で既に年収の3分の1を超えるという場合は、総量規制の範囲以上の借入状況に至るため融資を利用する事が出来ません。
そのため、本来バイト等で収入を得ていれば問題なく融資は受けられますが、その方の借入状況等により借入が実現しない場合もあります。

又、過去にローンの返済を延滞していた事がある場合も融資を新たに受けると言う事は難しくアルバイトで収入を得ている方でもローンを利用する事が出来ない場合もあります。
更に、自己破産や債務整理などによる融資トラブルが以前にあったという方も融資商品を利用する事が出来ないケースもありますので、アルバイトの方でも状況によって借入出来ないというケースは全くないというわけではありません。

ですから、アルバイトの方が借入をする場合は総量規制等も考えながら申込みを検討する事と、どうしても借りる必要があり、他社利用もあるという場合は総量規制対象外のローンを検討してください。

アルバイトでも借入ができるローンは?

アルバイトでも借入出来るローンは、色々とあります。

例えば、何か目的を持つローンも利用可能ですし、目的を持たないローン、いわゆる多目的のカードローンも利用できます。

ただし、目的を持つローンの場合は、色々と面倒な書類を用意する必要があるので手軽にローンを利用したい場合は、カードローンのようなどのような目的にも使えるローンが向いているといえるでしょう。

アルバイトの方が、例えばこの多目的ローンを利用する場合は、消費者金融業者をはじめとするあらゆる融資機関のローンを利用する事が出来ます。
ただし、アルバイトの方でも借入状況によっては審査も難しくなるため、アルバイトの方が借入を希望する場合は、ご自身の借入状況を踏まえた上で利用は検討してください。

基本的に安定した継続収入がある方は、アルバイト、会社員に限らずローンの借入ができますが、借入状況により利用の可否は異なりますので、ローンを借入したい場合は十分に状況を考えた上での借入を行いましょう。

アルバイトで審査に落ちる事はある?

アルバイトが原因で融資審査に落ちる事はまずありません。

アルバイトの方が審査に落ちるとすると借入状況の問題か、過去の融資トラブル等が起因している事が多いです。
例えば、今現在借入をしているローンの返済が遅れている。
今現在借入しているローンの返済を何度も延滞している。

又、借入件数が3件を超えている場合や年収の3分の1以上の借入をしている場合は、アルバイト、会社員に限らず融資は難しいと考えなくてはいけませんし、ローンへ申込んでも審査に落ちる事が予測されます。

基本的に職業で融資審査に落ちるという事はなく、審査に落ちるという場合は融資に関する何らかの問題がある場合のみです。
なので、収入が少ないとか、アルバイトやパートだから審査に通らないという事はまずありませんが、ローン商品の種類によっては、年収や勤続年収、職業の部分が重要視される事もあります。

そのため、ローン商品の種類によってはアルバイトの可否傾向は異なります。

借入はいつでも出来る?

アルバイトの方でもカードローンのような多目的のローンは比較的簡単に利用できます。

もちろん、目的を持つ自動車ローン等の場合も利用できない事はありませんが、目的を持つローンは融資としても条件がよくなりますから、カードローンよりも審査は厳しくなりますので、確実に借りたいという場合はカードローンの利用が適します。

カードローンを利用する場合、借入はいつでも行う事が出来ます。
カードローンは、申込み審査が終了し契約すればいつでも借入出来るローンです。
そのため、借入はいつでもどこからでも行う事が出来ます。

カードローンは、限度額の範囲内で何度でも借入出来るローンです。
もちろん借入は24時間いつでもどこからでも借入できるローンです。
借入れ方も色々で振込キャッシングからコンビニ、銀行ATMからの借入も出来ます。
そのため、困った時には非常に助かる便利なローンでもありますが、何度でも借入可能、借入自由な融資となるための借りすぎも非常に生じやすいので、借入をする場合には収支バランスを考えた計画的な利用が大切です。

■借入限度額は?

アルバイトの方でも借入出来る融資商品は色々とありますが、早くて簡単に借りられると言えばカードローンです。

カードローンなら、金利も比較的低く利用出来るので、バイト収入の方でも無理なく利用できます。
仮にバイト収入の方が、カードローンを利用する場合、それに伴う限度額は収入によって違います。

なので、例えば年収200万円の方なら借入限度額はその年収の3分の1以内で設定されますから、おおよそ60万円以内の範囲で決められる事になります。
ただし、初めて利用する場合は50万円以内の範囲で設定されますし、消費者金融業者の融資を利用する場合で、50万円以上の融資を希望する場合は、収入を証明するものが必要となるため、一般には10万円~30万円の範囲で設定されます。

ローンを利用する場合は、貸金業者であれば年収の3分の1以内で利用限度額が設定され、初回利用の場合は、おおよそ30万円以内の利用額が設定されるのが一般です。
また、銀行のカードローンも大体初回利用の場合は、10万円~30万円の間で利用額が設定されるのが一般です。