人間は不思議なもので、大人になればなるほど稼いだ分と必要な経費の差が大きくなる傾向があります。特に人付き合いや仕事にはある程度のお金が必要です。交渉や研修のため外泊するなどした時に、あとで立て替え分を会社が出してくれるのだけれども、今出すとお財布が涼しくなるということもあるでしょう。

クレジットカードが使えればいいけれども、あいにく対応していないという事もあります。特に昔ながらの問屋さんや老舗の料亭などはかたくなにカード拒否です。

物を作る私はヴィンテージ物の素材を買いにたまに問屋に行くのですが、現金払いしか対応していないお店もあるのでキャッシング機能の付いたカードを持参しています。良いのがあったらお取り置きをしてキャシングでお金を借りて、買って後で分割して払えるようにするためです。現金で払っては痛い出費も分割なら大丈夫ですからね。

このようにキャッシングは様々なシーンで役に立つサービスです。今は、審査が簡略化されており即日でお金を借りられて手続きが早いキャッシングも出てきています。その時の状況にもよりますが、上手くすると数十分で融資可能かどうかを教えてくれます。

また、利息についてもすぐに返せば、利息がかからない業者も多いです。上手に利用すれば、せっぱつまった時以外も、お金の使い方を調整できますので便利ですよ。1枚キャッシングを即日でできるところのカードを持っていますとあとがとても楽です。

キャッシングの申込方法について

次にキャッシングの申込みについて考えてみましょう。キャッシングとカードローンの区別が難しく、垣根がなくなってきているように感じられます。

キャッシングという言葉が、お金を借りること全般を指すようにとらえることもできるためです。キャッシングと検索するとカードローン会社の名前が多く出てくることからもそれがうかがえます。ですが、ここではクレジットカードについているようなキャッシング機能について見ていきたいと思います。

キャッシング機能とは、ATMやキャッシュディスペンサーで現金を引き出すことができる機能です。この機能を使うためにはクレジットカードを作らなければなりません。現代において、クレジットカードを1枚も持っていない人はなかなかいないのではないでしょうか。

ということは申込みの方法はだいたい想像がつくと思います。申し込み用紙に記入して郵送する、インターネットで申し込みをする、窓口に行って申込みをするなどの方法があるでしょう。基本的に申込みの流れはカードローンのカード発行と同じです。

申込み後に審査があり、カードが発行されたら使用できます。無収入でも家族カードという形でカードを持つことができます。さらに、デビッドカードという名前の使ったらすぐに引き落とされるカードならば比較的簡単に作ることができます。しかもクレジットカードには旅行傷害保険がつき、さらにポイントが貯まるといったような特典もついています。

キャッシングの融資と返済について

審査に受かり、カードを作ることができたら借り入れです。そして、借りたお金は返さなければなりません。今度見ていくのはこの融資と返済についてです。
まずは融資から見ていきましょう。融資を受ける方法は提携金融機関のキャッシュディスペンサーやATMで借りる方法とインターネットや電話で持っている口座に振り込みをしてもらう方法があります。

機械を利用して借りる場合は現金を手にすることができるという利点があり、口座に振り込みの場合は公共料金などの引き落とし日に残高が少ない時などに便利です。ただ、ATMやキャッシュディスペンサーは金額に応じた利用手数料が発生する場合がありますのでご注意ください。

返済方法はキャッシングの場合、翌月の一括払いが一般的です。借りたお金の他に利息分も同時に引き落とされます。キャッシングの返済は一括払いでカードローンよりも利息が高めという特徴がありますので一括で返済するのが理想ですが、もし一度に払えないならばリボ払いという分割払いを設定している会社もありますので、こちらを利用した方が良いでしょう。

最近は最初の設定は一括だったけれど、後からリボ払いに変更できるようにしている会社もあり、このようなコースの変更はインターネットや電話で簡単にできるようになっています。
キャッシングの申込みから融資を受けて返済するまでの流れが、これでお分かりいただけたと思います。